By Asher / 最後の更新 2022年09月21日

Windows Server 2008でMBRが破損しています…

ブートレコードに属するマスターブートレコード(MBR)は、パーティションディスクの最初にあります。これには、ディスクのパーティションテーブルと、起動用の少量の実行可能コードが含まれています。Windows Server 2008がインストールしたハードドライブのMBRが破損している場合、オペレーティングシステムが起動できなくなり、「無効なパーティションテーブル」、「オペレーティングシステムの読み込みエラー」、「オペレーティングシステムが見つかりません」というエラーメッセージが表示される場合があります。このような場合、どのようにServer 2008でMBRを修復しますか?

インストールCD/DVDを使用してServer 2008のMBRを修復

インストールCD/DVDを持っている場合は、コマンドプロンプトから破損したMBRを修復できます。手順は以下のとおりです:

手順 1. Windows Server 2008のインストールCD/DVDを挿入し、起動順序を変更し、そこからパソコンを起動します。

手順 2. Windowsの設定画面で、必要に応じて設定を行い、「次へ」をクリックします。

手順 3. 「コンピュータを修復する」→「トラブルシューティング」→「コマンドプロンプト」の順に選択します。

手順 4. コマンドプロンプト画面で、次のコマンドを実行します:

bootrec /fixmbr
bootrec /fixboot
bootrec /rebuildbcd

手順 5. 破損したMBRを修復したら、インストールCD/DVDを取り出し、修復したハードディスクからパソコンを起動します。ンストールCD/DVDを使用せずにServer 2008のMBRを再構築

AOMEI Partition AssistantでServer 2008のMBRを修復

もちろん、インストールCD/DVDを使用して、Server 2008のMBRを修復できます。しかし、そのようなインストールメディアがない場合はどうなりますか?信頼性の高いMBR修復ツールであるAOMEI Partition Assistant Serverを利用できます。これには、MBRを再構築し、起動可能なメディアを作成する機能があります。コンピューターを起動できない場合でも、Windows Server 2008のMBRを修復することもできます。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速
ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Partition Assistant UnlimitedAOMEI Partition Assistant Technicianをお勧めします。Technician版は上記の機能以外、クライアントに有償技術サービスを提供できます。Unlimited版とTechnician版にはポータブルバージョンを作成するための便利な機能があります。これにより、リムーバブルデバイス用のAOMEI Partition Assistantを作成できます。

ステージ1 - 作業中のパソコンでブータブルメディアを作成

手順 1. USBまたはCD/DVDを作業中のパソコンに接続し、そこでAOMEI Partition Assistant Serverをダウンロード、インストール、実行します。

手順 2. 表示されたメインインターフェイスでは、左側にある「ブータブルCD/USBを作成」をクリックし、指示に従って操作を完了します。

ブータブルCD/USBを作成

ステージ2 - AOMEI Partition Assistantで作成されたブータブルメディアから起動

手順 1. ブータブルメディア(ここでUSBを例とします)を作業中のコンピュータから取り出し、起動可能でないコンピュータに接続します。

手順 2. BOISで起動順序を変更し、作成したブータブルデバイスからPCを起動します。

ステージ3 - Windows Server 2008のMBRを修復

手順 1.メインインターフェースでは、修復したいディスクを右クリックし「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

手順 2. この画面では、今使っているOSに適用したMBRの種類を設定します(ここではWindows Vista/2008を選択します)。

Windows Server 2008用のMBRを再構築

手順 3. メインインターフェースに戻ります。「適用」→「続行」の順にクリックしてMBRを再構築します。

ノート:
この方法では、Server 2003または2012でMBRを修正できますが、OSに対応するMBRの種類を選択してください。
「MBRを再構築」機能では、MBRコードの破損などの問題を解決できますが、起動ファイルやシステムファイルの紛失などのエラーを修復することはできません。

結語

ここまでServer 2008と他のServer OSでMBRを修復する方法を紹介してしまったのです。もう分かるでしょう~上記の方法で破損したMBRを効果的かつ簡単に修復し、Windows Serverの起動エラーを解決できます。

Windows Server 2008の起動エラーがMBRのことに関係ないなら、別の方法を利用することができます。例えば、Server 2008などのシステムを予めバックアップすると、OSを再インストールしたり、サーバーを元の状態に復元したりすることで起動失敗を修復できます。

実際には、AOMEI Partition AssistantはMBR修復機能の他により多くの機能をサポートします。我々の日常生活と仕事中によくあるディスクパーティション問題を解決できます。例えば、「OSをSSDに移行」機能を使用すると、Windows Server 2008をSSDにクローンできます。こうして、OSを再インストールしなくてもSSDにアップグレードできます。

はい~以上でご参考になれば幸いです。