By Comnena / 最後の更新 2021年04月27日

Server 2012でパーティションを移動する必要性

Windows Server 2012がインストールされ、CドライブとDドライブの2つのパーティションが割り当てられたハードドライブがあります。Cドライブはほとんどスペースが不足していますが、Dドライブには十分なスペースがあります。Dドライブを縮小した後、未割り当て領域がパーティションDの背後にあり、パーティションCを拡張できないことがわかりました。

したがって、Dドライブをディスクの最後に移動して、未割り当て領域をCドライブの背後に隣接させる必要があります。Windows Server2012でパーティションを移動するために推奨されるソフトウェアはありますか?

--実例

 

パーティションの移動は、その名前が示すように、選択したパーティションの場所を変更するプロセスです。上記のユーザーのように、Server 2012「ディスクの管理」でパーティションを縮小すると、未割り当て領域を作成しますが、未割り当て領域を使用して別のパーティションを拡張することはできません。これは、ターゲットボリュームの直後ではないためです。この場合、縮小されたパーティションを移動することは、まさに必要があります。

Windows Serverの優れたパーティション管理ツール

Windows Server 2012(R2)でパーティションを移動するにはどうすればよいですか?Windows Server 2012の「ディスクの管理」では、ボリュームの拡張および縮小機能を使用してディスクパーティションを管理できます。ただし、パーティション移動機能は提供していません。

したがって、パーティションを移動し、未割り当て領域を拡張する必要がある場合は、サードパーティのツールを使用する必要があります。AOMEI Partition Assistant Serverを強くお勧めします。これは強力で信頼性の高いディスクパーティションマネージャーであり、数回クリックするだけでパーティションを左側または右側に移動できます。使い方はかなり簡単で、Windows Server 2012(R2)およびWindows Server 2019/2016/2008/2003でうまく機能します。

AOMEI Partition Assistant Serverのデモ版をダウンロードしてお試しください。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

Windows Server 2012のパーティションを段階的に移動する方法

次に、Windows Server 2012でパーティションを移動するための詳細な手順を紹介します。

注意:「パーティションを移動」は、ターゲットパーティションのいずれかの側に未割り当て領域がある場合にのみ機能します。それ以外の場合は、パーティションを移動する前にパーティションを縮小する必要があります。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Serverを実行します。メインインターフェイスには、パーティションの基本的な状態が表示されます。

手順 2. パーティションEを未割り当て領域の右側に移動する場合は、パーティションEを右クリックして、「パーティションをリサイズ/移動」を選択する必要があります。

パーティションをリサイズ/移動

手順 3. このウィンドウで、マウスをパーティションEに置き、移動できなくなるまで右側にドラッグします。次に、「はい」ボタンをクリックします。

右側にドラッグ

手順 4. ターゲットパーティションを右クリックし、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ/移動

手順 5. このウィンドウで、バーを右側にドラッグして、未割り当て領域を追加します。次に「はい」をクリックします。

未割り当てのスペースを追加

手順 6. 「適用」と「続行」をクリックして、保留中の操作をコミットします。

適用

これまで、パーティションの移動はAOMEI Partition Assistant Serverを介して簡単に実行できます。その上、このソフトウェアは期待した以上のことをすることができます。たとえば、「パーティションを結合」機能を使用すると、未割り当て領域がディスク上のどこにあるかに関係なく、未割り当て領域を別のパーティションに直接結合できます。つまり、中央のパーティションを移動するために余分な時間を費やす必要はありません。

実際、パーティションの拡張が最終目的である場合は、「空き領域を割り当てる」機能を使用して、あるパーティションから別のパーティションに空き領域をより簡単に割り当てることができます。

まとめ

AOMEI Partition Assistant Serverを使用すると、データを失うことなく、Windows Server 2012でパーティションを簡単に移動できます。その後、未割り当て領域で別のパーティションを正常に拡張できます。さらに、AOMEI Partition Assistant Serverは、Windows Server OSを新しいSSDに移行する、データを失うことなくファイルシステムをNTFSとFAT32の間で変換する、NTFSシステムパーティションを拡張するなど、他の多くの機能を利用できます。

社内の台数無制限のWindows PC/サーバーなら、Unlimited版を使用してください。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。