ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年09月05日

 

概要:

コンピュータのハードディスクのパーティションとは、ハードディスクの記憶領域を論理的に分割すること、あるいは分割された個々の領域を指す。パソコンの使用時間が長くなると共に、ハードディスク容量が不足になってきて、パソコン作動速度は遅くなってきます。こんな状況ではハードディスク内のデータを消さずに、さまざまなパーティション操作を行いたいと思うユーザーが多いでしょうね。この記事では,Windows Server 2016向けの三つのパーティション管理ツールを紹介します。

一:Windows Server 2016組み込みパーティション管理ツール

Windows Server 2016組み込みパーティション管理ツールは「ディスクの管理」(Disk Management)や「Diskpart」二種類に分けます。

windows server 2016パーティション管理ツール--「ディスクの管理」

「ディスクの管理」(Disk Management)はWindows標準のパーティション管理ツールです。 このツールにより、ディスク全体の容量、パーティションの数、サイズ、フォーマット、種類ドライブレターの割り当てを管理することができます。

Windows Server 2016ディスクの管理は沢山の機能を備えて、例えば、ボリュームの拡張/縮小、パーティションのフォーマット、パーティションのドライブ文字とパスの変更、パーティションを削除、ベーシックディスクをダイナミックディスクに変換などの多くのユーティリティ。

しかし、制限があります。「ボリュームの拡張」機能はただパーティションの右側に隣接する未割り当て領域がある場合に有効になります。そうではないと、無効です。「ボリュームの縮小」機能では、移動できないファイルがあるところまで縮小することができます。だから、「ボリュームの拡張/縮小」はパーティションのリサイズにはちょっと面倒くさくなります。

「ディスクの管理」でシステムパーティションを拡張/縮小する詳しい手順はここをご参照ください!

windows server 2016パーティション管理ツール--「Diskpart」

一方、「Diskpart」はWindows Vista、Windows® XP、および Windows Server 2003® ファミリで使用されるテキスト モード コマンド インタープリタです。このツールにより、スクリプトを使って、または直接コマンド プロンプトで入力して、オブジェクト (ディスク、パーティション、またはボリューム) を管理することができます。

しかし、制限があります。「Diskpart」を使用するには、Windows Server diskpartコマンドをわからないといけません。実行されたら、キャンセルすることができません。何か間違えたら、ビジネスに損失を与える恐れがあります。だから、syntaxに詳しくないユーザーは「Diskpart」コマンドでパーティションを管理しないようにお勧めいたします。

「Diskpart」でシステムパーティションを拡張/縮小する詳しい手順はここをご参照ください!

二:Windows Server 2016パーティション管理ソフト(フリー)

上記の制限を避けるために、効率的な方法はWindows Server 2016パーティション管理ソフト(フリー)を見つけることです。幸いなことに、Windows Server 2016パーティション管理ソフトはたくさんありますが、殆どは有料です。もしフリーパーティション管理ソフトを探していれば、AOMEI Partition Assistant Liteはいい選択だと考えています。フリーですし、ユーティリティも多いですし、Windows Server 2000/2003/2008/2012/2016、Windows SBS 2003/2008/2011、Windows Home Server 2011や他の PCなんてのオペレーティングシステム(OS)をサポートできます。

Windows Server 2016パーティション管理ソフト(フリー)--AOMEI Partition Assistant Liteのユーティリティ

AOMEI Partition Assistant Liteは強力な機能をたくさん備えて、パーティションの作成、分割、コピー、フォーマット、削除、整列、チェックやハードディスクをクリーン、クイックパーティションなどがあります。制限があっても(もし移動したいパーティションは未割り当て領域のサイズより大きいなら、無効です)、「パーティションのリサイズと移動」も有効です。そして論理ドライブとプライマリドライブの変換MBRとGPTの変換もできます。

AOMEI Partition Assistant Liteの利点:

  • 無料

  • 使いやすいインターフェイス(初心者でも)

  • 機能多様

パーティション

AOMEI Partition Assistant LiteはWindows Server 2016向けの基本機能を備えていますが、パーティションをマージ領域を割り当てるOSをSSDに移動なんての機能がほしければ、無料のパーティション管理ソフト AOMEI Partition Assistant LiteをAOMEI Partition Assistant Serverにアップグレードしてください!

要するに、Windows Server 2016パーティション管理方式に困っていれば、この記事を読んで三つの方法の利点、欠点を知ってから、その中の一つを選択してください。