ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月07日

この記事では、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してWindows Server 2008 R2をクローンするための詳細な手順を説明します。このクローニングソフトウェアは、Windows Server 2016/2012(R2)/2008/2003にも適しています。

ユーザからの悩み

Windows Server 2008 R2を2つのパーティションを含むハードディスクにインストールしました。この二つのパーティションの1つにはシステムがインストールされ、もう一つには他のデータが格納されています。特にシステムディスクとして使用する場合、SSDはさまざまな面でHDDよりも優れたパフォーマンスを発揮すると言われています。

そのため、パフォーマンスを向上させるためにHDDをSSDにアップグレードするつもりです。Windows Server 2008 R2をずっと使っているので、操作がうまく行けるために、私はSSDに同じシステムをインストールしたいと思います。

こんな場合、Windows Server 2008 R2をSSDにクローンするか、Windows ServerをバックアップしてSSDに復元するか、新規インストールする必要がありますか?どれが最善の方法ですか?一番いいのは何ですか?Server 2008 R2のクローンを作成する方法を教えてください…

一番いい解決策:SSDへWindows Server 2008 R2をクローン

上述のように、SSDにWindows Server 2008 R2をインストールし、そのSSDにHDDを交換するなら、3つの方法があります。新規インストール、バックアップと復元、およびHDDからSSDへクローンです。

一番目の方法では、システムを最初からインストールするので、手間がかかり、以前のデータは失われます。二番目の方法では、Windowsの内蔵ツールSysprepを使用して実行することができますが、このツールの操作は複雑です。

最後の方法では、Windows Server 2008 R2を再インストールせずにSSDに移行できます。

Windows Server 2008 R2のクローン作成が最も便利で簡単な方法です。このような場合で、ハードディスクを交換して同じシステムを維持するなら、HDD上のWindows Server 2008 R2をSSDにクローンすることをお勧めします。

オススメ:サーバークローンソフト

AOMEI Partition Assistant Server版は、専門的で信頼性の高いツールであり、Windows Server 2008 R2をSSDまたはHDDにクローンすることをサポートします。このソフトを使用すると、システムパーティションと関連パーティションをハードディスクから別のハードディスクにクローンすることができます。ターゲットディスク上にOSの完全コピーを取得できます。

さらに、AOMEI Partition Assistantを使用すると、ディスク上のパーティションをコピーしたり、ハードディスクを別のディスクにクローンしたりできます。簡潔明瞭なインターフェースにより、このサーバークローンソフトは誰にとっても使いやすいです。

AOMEI Partition Assistant Server版でWindows Server 2008 R2のクローンを作成

1. USBまたはCD/DVDを作業中のパソコンに接続し、そこでAOMEI Partition Assistant Serverをダウンロード、インストール、実行します。

AOMEI Partition Serverを使用してServer 2008 R2をクローンする前に、準備作業を行う必要があります:

● ターゲットディスクをコンピュータに接続し、Windowsでディスクが認識できることを確認します。「ディスクの管理」を開き、ディスクを初期化します。

●ターゲットディスクのサイズがシステムディスクの使用済み容量よりも小さい場合は、映画、ビデオや音楽などの個人ファイルを削除することをお勧めします(必要があれば大切なデータをバックアップできます)。

AOMEI Partition Assistant Server版を使用してWindows Server 2008 R2のクローンを作成するには、次の手順をご参照ください

ステップ 1. サードパーティ製のサーバクローンソフトーーAOMEI Partition Assistant Serverの体験版をダウンロード、インストール、実行します。システムディスクを選択し、「OSをSSDに移行」をクリックし、「次へ」をクリックします。

Windows Server 2008 R2のクローンを作成

ステップ 2. SSDまたはHDDの未割り当て領域を選択し、「次へ」をクリックします。

※ PS:ターゲットディスクに未割り当て領域がなければ、ターゲットディスク上のすべてのパーティションが削除されます。そうしたくないなら、AOMEI Partition Assistantを使用してターゲットディスクのデータを失うことなくパーティションのサイズを変更し、未割り当て領域を確保することができます。

未割り当て領域を確保

ステップ 3. ここでシステムパーティションのサイズを変更してドライブ文字を変更することができます。次に、「次へ」をクリックしてください。

システムパーティションのサイズを変更

この画面で書いてある内容をよく読み、心に留めておいてください。その後、「完了」をクリックします。

書いてある内容

テップ 4. 保留中のすべての操作を確認し、「適用」をクリックしてWindows 2008 R2の移行を実行します(操作はPreOSモードで実行するために再起動が必要です)。

Windows 2008 R2の移行を実行

※ 注意事項:

● 元のハードディスクをフォーマットまたは消去する前に、インストール先のディスクが起動可能であることを確認してください。

● Windows Server 2008 R2以外に、AOMEI Partition AssistantはWindows 2016/2012(R2)/2008/2003もサポートできます。

「移行後にOSが起動しない」問題を修正する方法

通常、オペレーティングシステムは移行後に起動できますが、起動できない場合もあります。こんな場合はどうしますか?次へ行きます。

  • スタートアップ設定をチェックしてください。BIOSを起動して、ターゲットディスクを一番優先起動デバイスに設定します。ターゲットディスクがMBR形式の場合は、起動モードをLegacy(レガシー)に設定します。ターゲットディスクがGPT形式で、お使いのマシンがUEFI/EFIをサポートしている場合は、ブートモードをUEFI/EFIに設定します。そうでなければ、ディスクをMBRに変換する必要があります。

  • 起動中に、「Operating system not found」または「Missing operating system」などのエラーメッセージが表示されたら、ハードディスクのMBRテーブルとブート実行用の少量コードにはエラーがあるかもしれません。MBRが無効になっていると、OSが起動できません。こんな場合はAOMEI Partition Assistantを使ってMBRを再構築できます。

Windows 2008 R2のMBRを再構築

ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版とTechnician版をお勧めします。AOMEI Partition Assistant Technician版は上記の機能以外、クライアントに有償技術サービスを提供できます。各AOMEI Partition Assistant(PA)バージョンの比較

はい~以上でご参考になれば幸いです。