By Comnena / 最後の更新 2022年03月07日

Windows Server 2008 R2の起動に失敗しました

Windows Server 2008 R2やその他のバージョンのWindowsオペレーティングシステムを使用する過程で、正常に起動できないことがあります。同時に、「Invalid Partition Table」、「Error loading operating system」、「Bootmgr is missing」などのエラーメッセージが表示されることがあります。

コマンドプロンプトを使用したWindows Server 2008 R2を修復

実は、Windows Server 2008 R2が起動しない原因は様々で、複雑な場合があります。ウイルス感染、不良ブートセクター、破損したマスターブートレコード(MBR)、システムファイルの紛失などが、Windows Server 2008 R2の起動に失敗する原因となります。

前述の理由に基づいて、Windows Server 2008 R2の起動の問題を解決するために、コマンドプロンプトからさまざまなコマンドを実行することができます。コマンドプロンプトを使用してWindows Server 2008 R2を修正する方法を実現するために、次のコンテキストを参照してください。

まず、WindowsのインストールCD/DVDを使って、コマンドプロンプトにアクセス

手順 1. インストールCD/DVDをマシンに挿入し、BIOSに入り、CD/DVDから起動します。

手順 2. インストールのウィンドウが表示されたら、言語、時間、キーボードを選択し、「次へ」をクリックします。

手順 3. 「今すぐインストール」インターフェイスで、「コンピューターを修復する」をクリックします。

手順 4. 「システム回復オプション」ウィンドウで、「コマンドプロンプト」を選択します。

その後、chkdsk.exeを使ってスキャンし、エラーを修正

コマンドプロンプトインターフェイスで、chkdsk.exeを実行して、HDDのエラーと不良セクタをスキャンして修正することができます。

「chkdsk c:/f/r」と入力し、「Enter」キーを押してください。「ボリュームが別のプロセスで使用されているため、CHKDSK を実行できません。」というメッセージが表示されることがあります。このボリュームを強制的にマウント解除しますか?(Y/N)と表示されます。「y」と入力して「Enter」キーを押してください。

bootrec.exeを使ってMBR、ブートセクター、BCDを修正

Windows Server 2008 R2がMBR、ブートレコード、BCDの問題で起動しない場合、コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行することで、OSを修復することができます。

▪ bootrec/fixmbr

(このコマンドは、ブートセクターにWindowsのバージョンと互換性のあるMBRを書き込み、既存のパーティションテーブルを上書きすることなく、MBRを修正することができます。)

▪ bootrec/fixboot

(このコマンドは、Windowsが損傷を検出した場合に、HDDに新しいブートセクタを書き込んでブートセクタを修復するためのものです。)

▪ bootrec/scanos

(このコマンドは、OSのスキャンに適用されます。)

▪ bootrec/rebuildbcd

(このコマンドは、ブート情報やパーティションパラメータを含むブートコンフィグレーションデータを再構築するために使用されます。)

追記:万が一の誤操作に備え、「rename c:\boot'BCD bcd.old」と入力してEnterキーを押すと、BCDファイルがバックアップされます。

上記の内容は、コマンドプロンプトからWindows Server 2008 R2を修復する方法のいくつかの例を提供しました。Windows Server 2008 R2がまだ起動しない場合、sfc.exeを実行してシステムファイルを修正することができます。

Windows Server 2008(R2)を修復(Windowsインストールディスクなし)

Windows Server 2008 R2の修復は、インストールCD/DVDからコマンドプロンプトで行っても問題ありません。しかし、そのようなCD/DVDがない場合や、コマンドラインに不慣れな場合はどうすればいいのでしょうか?

心配しないでください、この包括的で専門的なパーティションマネージャー - AOMEI Partition Assistant Serverは役に立ちます。直感的でシンプルなグラフィカルユーザーインターフェースを採用し、パソコン初心者の方にも簡単に操作できます。Windows Server 2008 R2だけでなく、Windows Server 2022/2019/2016/2012(R2)/2003のMBRを再構築することも可能です。次の手順を参照して、MBRを修正するために使用する方法を知ってください。

AOMEI Partition Assistant Serverのデモ版を無料でダウンロードして、まずは試してみてください。

Serverの無料デモ版ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。
準備:
Windowsベースの作業用コンピュータを用意し、健全なUSBドライブを挿入します。
その上にAOMEI Partition Assistant Serverをインストールし、実行します。メインインタフェースで、「起動可能なメディアを作成」をクリックし、次のプロンプトに従って、OSを準備するための起動可能なUSBを作成します。

Windows Server 2008 R2のMBR再構築の詳細手順:

ステップ 1. ブータブルメディアを作業中のコンピュータから取り出して、Server 2008 R2に接続します。BIOSに入り、AOMEI Partition Assistant Serverで作成したブータブルメディアから起動します。

ステップ 2. 自動的にAOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスに入ります。修正したいハードディスクを右クリックして、「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

ステップ 3. ポップアップウィンドウで、「Windows Vista/2008」を選択し、「はい」をクリックします。

Windows Vista/2008

ステップ 4. メインインターフェイスに戻ります。「適用」→「続行」をクリックし、操作を実行します。

また、パーティションのチェックやディスク健康状態の表面状態の表示も可能です。

パーティションのチェック

注:MBRを修正する以外に、AOMEI Partition ServerはWindows Server 2008 R2のクローン、データ損失なしでシステムパーティションの拡張などの他の多くの便利な機能を備えています。AOMEI Partition Assistant UnlimitedとTechnicianは「ポータブル版を作成」という大きな機能を持っており、AOMEI Partition AssistantをUSBフラッシュドライブのようなリムーバブルデバイスに作成することを可能にします。その後、デバイスを他のコンピュータに接続し、インストールせずにデバイスからAOMEI Partition Assistantを実行することができます。

まとめ

これで、コマンドプロンプトを使用してWindows Server 2008 R2を修復する方法について、基本的な理解ができたはずです。Windows Server 2008 R2を修復するために記載されているすべての方法については、1つずつ試していく必要はありません。起動障害に関連する可能性のある原因を推測した場合、それに応じて対策を講じることで、できるだけ早く問題を解決することができます。