ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年09月14日

OSのインストール、ポータブルWindows Serverの作成、またはWindows Serverの修復のためにWindows 2008をUSBメモリにインストールしたいなら、この記事でその対応の方法を紹介します。では、一緒にいきましょう~

皆からの悩み

こんにちは~最近、私はコンピュータにオペレーティングシステムをインストールできるように、Windows Server 2008をUSBメモリにインストールしたいと思っています。誰かがその操作をうまく実行しましたか?どうやってやったの?どうもありがとうございます!

CMDでブータブルUSBにWindows Serverをインストール

オペレーティングシステムをパソコンにインストールするために、まずUSBにWindows Serverをインストールする必要があります。では、DiskpartでブータブルUSBを作成しましょう~

ステップ 1. 空のUSBメモリをお使いのコンピュータに接続します。

ステップ 2. スタート]ボタンをクリックし、検索ボックスに「cmd」と入力し、表示されたプログラムを右クリックして[管理者として実行]オプションを選択します。

ステップ 3. cmd.exe画面で、「diskpart」と入力し、Enterキーを押してDiskPartツールを起動します。今、次のコマンドを1つずつ入力して実行します:

list disk

select disk #

clean

create partition primary

select partition 1

format fs=ntfs quick

※ 注:Diskpartを使用してUEFIブータブルUSBを作成すると、ntfsの代わりに「format fs=fat32 quick」と入力してFAT32ファイルシステムにフォーマットします。

active

Diskpartを使用してUEFIブータブルUSBを作成

ここまでDiskpartを終了します。Windows Server 2008のインストールファイルを開き、ファイルをUSBメモリにコピーします。

超簡単!ブータブルUSBにWindows Serverをインストール(オススメ)

上記以外、ここでポータブルWindows ServerのためにUSBにWindows Serverをインストールする方法と、Window Server障害修復のためにブータブルWindows Server USBスティックを作る方法を紹介します。

1. Windows Server 2008をWindows Server ポータブルUSBとしてUSBにインストール

ポータブルWindows Server USBドライブを使用すると、再インストールなしで任意のコンピュータからいつものシステムを起動できます。

この操作を効率よく実行するために、ここでAOMEI Partition Assistant Server版をお勧めします。このソフトはWindows Server 2003、2008(R2)、2012(R2)、2016、2019やWindows 10、8、7をサポートします。ほぼWindowsの全バージョンです。

今すぐServerをダウンロード、インストール、起動します。次のチュートリアルに従って体験してみましょう~

ステップ 1. USBメモリをお使いのWindows Serverパソコンに接続し、USBが認識されていることを確認します。AOMEI Partition Assistant Serverの体験版をインストールして実行します。左側にある[もっと多くのツール]→[Windows To Go Creator]をクリックします。

Win To Go Creator

ステップ 2. ここで「インストールディスク/ISOでWindows To Goを作成」を選択し、[次へ]をクリックしてください。

インストールディスク/ISOでWindows To Goを作成

※ 注意:Windows Server 2008r2/2012/2012r2をUSBにインストールすると、「現在のシステムでWindows To Goを作成」という2番目の方法を選ぶことができます。この方法はインストールディスク/ISOを使用しなくていいので、1番目の方法より簡単です。

ステップ 3. この画面では、適切なUSBドライブを選択し、[参照]をクリックしてWindows Server 2008インストールファイルを選択し、[はい]をクリックします。

ステップ 4. 今、USB上のデータが消去されるというメッセージが表示されますので、その上に大切なデータがあれば、予めバックアップしておくことをお勧めします。問題なければ、[はい]をクリックします。

ステップ 5. 続行]をクリックしてWindows ServerでポータブルUSBドライブの作成を開始します。

2. Windows ServerでブータブルUSBを作成!

破損したマスターブートレコード(MBR)または不良セクタのせいでWindows Server 2008が起動に失敗した場合は、Windows Serverを再インストールすることなく、AOMEI Partition Assistant ServerでブータブルUSBメモリを作成します。

ステップ 1. Windows Serverパソコンに空のUSBを接続し、AOMEI Partition Assistant Serverの体験版を起動して、[ウィザード]列の下の[ブータブルCD/USBを作成]をクリックします。

ブータブルCD/USBを作成

ステップ 2. この画面で、[USBブートデバイス]選択し、[続行]をクリックして先に進みます。

USBブートデバイス

ステップ 3. 「操作は、お使いのUSBディスクをフォーマットします。このディスク上の重要なデータをバックアップしてから...」と出て、ここで大切なデータをバックアップしておくことをお勧めします。もうバックアップを取ったら、[はい]をクリックします。

ステップ 4. それからプロセスの完了まで数分間待っています。

プロセスの完了まで数分間待つ

次に、起動に失敗したWindows Serverパソコンにブータブルメディアを挿入し、ブータブルUSBドライブからお使いのパソコンを起動します。ログインすると、AOMEI Partition Assistant Server版のメインインターフェイスが表示されます。

システムディスクの不良セクタをチェックするには:

不良セクタをチェック

システムディスク上の破損したMBRを再構築するには:

破損したMBRを再構築

結論

ここまで、Windows Server 2008をUSBにインストールする方法、およびWindows Serverのブータブルメディアを作成する方法を紹介してしまったのです。これでポータブルWindowsデバイスを取るか、起動失敗エラーを修復することができます。