By Akira / 最後の更新 2022年06月02日

MBR2GPT.exeについて

MBR2GPT.exeは、Microsoftが提供するプロフェッショナルなツールであり、コマンドプロンプトから実行されます。選択したディスク上の何も変更または削除せずに、ブートディスクをマスターブートレコード(MBR)からGUIDパーティションテーブル(GPT)パーティションスタイルに変換できます。

windows server

Windows Server 2019およびWindows 10(1703以降のバージョン)では、Windows内でmbr2gptコマンドを使用してMBRをGPTに変換できます。ただし、Windows Server 2016でmbr2gpt.exeを使用するには、Windowsプレインストール環境(Windows PE)で起動可能なメディアを作成する必要があります。

同時に、このツールはMBRシステムディスクのみをGPTパーティションスタイルに変換できます。つまり、これを使用してGPTシステムディスクをMBRに変換したり、非システムディスクをMBR/GPTに変換したりすることはできません。

MBR2GPT.exeを介してディスクをMBRからGPTに変換する方法

このパートでは、Windows Server 2016でMBR2GPTを使用してMBRディスクをGPTに変換する方法を紹介します。その前に、次のことを確認してください。

1. このディスクはMBRパーティションスタイルを使用しており、最大3つのプライマリパーティションが含まれています。
2. MBRシステムディスク上のパーティションの1つがアクティブとして設定されます。
3. MBRディスクには、拡張パーティションまたは論理パーティションが含まれていません。
4. このMBRディスク上のすべてのパーティションはWindowsによって認識されます。既存のExt2、Ext3、またはExt4パーティションがあると、MBR2GPT.exeが失敗します。

ディスクパーティション構成がこれらの要件を満たしていない場合、MBR2GPTコマンドは「レイアウトの検証、ディスクセクターサイズ:512バイトディスク0のディスクレイアウト検証に失敗しました」、「MBR2GPT:変換に失敗しました」などのエラーを報告します。

ディスクパーティション構成が要件を満たしている場合は、変換後に正常に起動するためにブートモードをBIOSレガシーからUEFIに変更する必要があるため、マザーボードがUEFIブートモードをサポートしていることも確認する必要があります。次に、手順に従ってMBR2GPT.exeを使用して、Server2016でMBRディスクをGPTに変換します。

注:このプロセス中で、EFIシステムパーティション(ESP)が作成されます。MBR2GPTは、最初にシステムの予約済みパーティションを縮小します。十分な空き領域がない場合、MBR2GPTはシステムドライブを縮小します。次に、Cドライブの右隣にEFIパーティションが作成されます。その時、WindowsツールはCドライブを拡張することはできません。この深刻な問題を回避するために、事前にシステム予約パーティションを拡張してください。

手順 1. 対応するISOファイルを使用して起動可能なWindows Server 2016ディスクまたはUSBドライブを作成します。

手順 2. 起動可能なメディアから起動し、「Windowsセットアップ」ウィンドウで「次へ」をクリックして、左下にある「コンピュータを修復する」をクリックします。

手順 3. 次のウィンドウで「トラブルシューティング」をクリックし、「コマンドプロンプト」をクリックします。

手順 4. 次に、次の2つのコマンドを順番に入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

cd..
mbr2gpt /convert

コマンド

Windows Server 2012でMBR2GPT.exeを使用してシステムディスクをMBRからGPTに変更するには、手順は同じです。

データを失うことなくMBRをGPTに変更する簡単な方法

上記のことから、Server 2016でMBR2GPT.exeを使用してシステムディスクをMBRからGPTに変換するには、サーバーの起動可能なメディアが必要であり、WinPEモードで続行する必要があることがわかります。これは非常に複雑で時間がかかります。したがって、AOMEI Partition Assistant Serverと呼ばれるより強力なMBRからGPTへのコンバーターを共有したいと思います。

MBR2GPT.exeと比べて、このディスクパーティションマネージャーは次のことができます:
1. Server 2022/2019/2016/2012/2008/2003およびWindows11/10/8/7/XP/VistaでシステムディスクをMBRからGPTに、またはGPTからMBRパーティションスタイルに変換します。
2. 非システムディスクをMBRとGPTの間で変換します。
3. 通常どおり起動できる限り、Windows内でこのような変換を実行することができます。

Server 2016でディスクをMBRからGPTに変換するには、以下の手順にしたがってください(最初にデモ版を試すことができます)。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Partition Assistant Serverをインストールして起動します。システムディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

手順 2. 次のポップアップウィンドウで「はい」をクリックして操作を確認します。

注意事項

手順 3. 「適用」ボタンをクリックします。

適用

補足:Windows Serverオペレーティングシステムで起動できない場合は、このツールを使用して起動可能なUSBスティックを作成し、OSをロードせずにMBRとGPTの間でディスクを変換することもできます。

起動可能なUSBディスクの作成

まとめ

この記事では、MBR2GPT.exeを介してServer 2016システムディスクをGPTに変換する方法を示しました。起動可能なメディアの作成とWindowsPE環境での起動方法に慣れていない場合は、AOMEI Partition Assistant Serverに切り替えることができます。この専門的なディスクマネージャーは、MBRとGPTの変換をより便利で簡単にすることができます。

さらに、AOMEI Partition Assistant Serverは、サーバーOSを新しいハードドライブ(SSD/HDD)に移動したり、削除されたパーティションを復元したりすることもできます。このような素晴らしいソフトウェアを無制限のPCまたはサーバーにインストールするには、Unlimited版を選択できます。