By 三浦大和 / 最後の更新 2020年01月21日

なぜWindows Server 2008でハードディスクをミラーリング?

私は、2つの物理ハードドライブと基本ハードドライブ(RAIDではない)を備えたWindows Server 2008マシンを持っています。ディスク0にはシステムがインストールされており、ディスク1は数日前に購入した新しい空のディスクです。ディスク0にシステムの正確なコピーがあります。これは、Server 2008に障害が発生した場合の災害復旧ソリューションとして使用する予定です。

ここでディスク0を新しいディスクにミラーリングしたいです。こうしてハードディスクに障害が発生した場合に、後者と交換します。これは可能ですか?もしそうなら、これを行う最も簡単な方法は何でしょうか?

上記の話はいくつかのフォーラムからの投稿です。その中のポスターの一人では、システムイメージのバックアップを既に持っているため、余分なバックアップのためにServer 2008のハードディスクをミラーリングしたいです。実際には、セキュリティを確保するにはハードディスクを外付けHDDにミラーリングしたいと考えているユーザーはたくさんいます。

ただし、古いハードディスクを新しい大きなディスクにアップグレードするときに、ハードドディスクのミラーリングを行う必要があるユーザもいます。どんな理由でも、Windows Server 2008(R2)でハードディスクをミラーリングする方法を見つけることがより重要です。

Windows Serverでハードディスクを新しいものにミラーリングするための最適なソフトウェア

Windows Serverでディスクを新しいものにミラーリングするための最適なソフトウェアサーバーのサーバーマネージャーは、ハードディスク全体を外部またはローカルの場所にバックアップする方法を提供しますが、Windows Server 2008 R2のハードディスクのクローンを作成する方法は提供しません。だから、あるディスクを別のディスクにコピーする場合は、サードパーティ製のクローン作成ソフトウェアを使用するかもしれません。

幸いなことに、AOMEI Partition Assistant Serverは、Server 2008(R2)ブートドライブとデータドライブをターゲットディスクにミラーする用の強力なクローンツールです。データディスクを新しいディスクにミラーリングするなら、再起動は不要で、非常に簡単です。

システムファイルなので、ブートドライブをミラーリングするのは少し複雑かもしれません。他の方法でハードディスクのクローンを作成すると、ミラーリングされたシステムドライブが起動しないと報告するユーザがいます。これには3つの主な理由があります:

使用されているクローン作成ソフトウェアは専門的なものではないため、システムで予約済みパーティションやEFI/UEFIパーティションなどの重要なパーティションは、プロセス中にクローン作成されません。

「バックアップと復元」方法でシステムディスクをミラーリングします。復元の進行が正しく完了しません。

複雑なクローン作成手順と、そのクローン作成ソフトウェアの複雑なユーザーインターフェイスなので、ミラーリング操作が不適切になります。

AOMEI Partition Assistant Serverは、コンピューター初心者でもエキスパートでも使いやすいユーザーフレンドリーなインターフェースを備えています。さらに、開発チームは、クローン作成手順を簡素化することに専念しています。これにより、数回のクリックでクローン作成プロセス全体を実行できます。このソフトウェアでは、非表示のパーティションでも表示のパーティションでもすべて宛先ディスクにコピーされるため、正常な起動が保証されます。

「セクター単位のクローン」対「ディスクの高速クローン」

AOMEI Partition Assistant Serverは、ソースディスクの完全なクローンを作成できる「セクター単位のクローン」方式を提供します。その同時、削除およびフォーマットされたボリューム/ファイルは宛先ディスクに復元されます。この方法は、通常のクローンよりもはるかに時間がかかります。宛先ディスクはソースと同じかそれ以上でなければならないという厳しい要件があります。

AOMEI Partition Assistant Serverのもう1つのクローニング方法は非常にシンプルで時間を節約できます。 「ディスクをすばやくコピー」では、ソースドライブの使用済み部分のみをコピー先ディスクにクローンします。これにより、大きなドライブをサーバー上の小さなドライブにクローンできます。

コピー手順では、パーティションのサイズを調整するオプションがあります:パーティションのサイズを変更せずにコピーする、ディスク全体にパーティションを合わせる、このディスク上のパーティションを編集する特に緑の手。状況に応じてさまざまな方法を選択できます。

次のパートでは、Windows Server 2008でハードドライブをセクターごとのコピー方法で複製する方法のスクリーンショットを使用して手順を詳しく説明します。

再インストールせずにServer 2008でハードディスクをミラーリングする手順

まず、SSDをマシンに接続します。外付けディスクエンクロージャまたはSATA-USBポート経由で接続できます。Server 2008にAOMEI Partition Assistant Serverをインストールして実行します。

注:コピーの進行がスムーズに行けるために、開始前にソースハードディスクのエラーを確認できます。

ステップ1.左側のペインで、「ディスクのクローンウィザード」をクリックします。??ポップアップウィンドウで、状況によってコピー方法を選択します。ここでは一番目のものを選択します。

ディスクのクローンウィザード

ディスクのクローン方法

ステップ2.ソースディスクとしてServer 2008ブートディスクを選択します。

ステップ3.新しいSSDをクローン先ディスクとして選択します。

宛先ディスクを選択

ステップ4.正常起動に関する必要な情報が表示されますから、ご注意いただければ幸いです。

ブートノート

ステップ5.ソースディスク上のすべてのパーティションとボリュームが、ターゲットディスク上に完全にクローンされています。今インターフェースで表示された結果を確認して、問題がなければ、「適用」→「続行」をクリックして、WindowsServer 2008でHDDをミラーリングします。

HDDのミラーリングを続行

ステップ6. クローン先SSDからServer 2008を起動するには、BIOSで起動優先順位をSSDに変更するか、古いハードドライブを直接取り外してテストします。2番目の方法をお勧めします。

起動優先度を変更

TIPS:

この操作はPreOSで完了します。つまり、HDDをミラーリングするには再起動が必要です。MBRをGPTディスクにミラーリングする場合は、システムを起動可能にするためにレガシーをEFI/UEFIに変更する必要があります。前提条件は、コンピューターがUEFIブートモードをサポートしていることです。

すべてがうまくいった後、ハードディスクを再フォーマットしてセカンダリストレージとして使用できます。

上記の手順は、Windows Server 2019、2016、2012、2003のハードディスクのミラーにも適用されます。

結論

ご覧のとおり、Windows Server 2008(R2)のハードディスク(HDDもSSDも)のミラーリングは、思っているほど難しくありません。プロのハードディスククローン作成ソフトウェアを使用して、誰でもサーバーでハードディスクのミラーリングとクローン作成を行うことができるはずです。

さらに、MBRパーティションテーブルでOSを実行している場合、このソフトウェアを使用すると、Server 2008の拡張パーティションを簡単に縮小できます。パーティションの結合、パーティションの移動、サーバー上のシステムディスクからGPTへの変換などのより高度な機能は、このサーバーパーティションマネージャーに組み込まれています。