By Asher / 最後の更新 2021年11月18日

MBR HDDをGPT HDDにミラーリングできるか?

Windows Serverコンピューターに2TBのHDDがありますが、その容量はほぼいっぱいなので、3TBのHDDを買って交換しました。古いHDDはMBRに初期化されました。新しいハードディスクを使用するには、ディスクをGPTパーティションスタイルに初期化する必要があります。今、古いMBR HDDの内容全体をこの新しいGPT HDDにミラーリングしたいのですが、Windows Server 2012でMBRディスクをGPTディスクに複製できる方法はありますか?よろしくお願いします。

MBRとGPTの概要

MBR(マスターブートレコード)ディスクとGPT(GUIDパーティションテーブル)ディスクは、ディスクの2つのパーティションスタイルです。これらの違いは、主に次の点にあります。

ディスクサイズ:MBRディスクは最大容量2TBをサポートしますが、GPTディスクは2TBを超える大容量ハードディスクをサポートできます。
パーティションの数:MBRディスクは最大4つのプライマリパーティションを作成できます。さらにパーティションが必要な場合は、プライマリパーティションを拡張パーティションに変換して、MBRディスクに4つ以上のパーティションを作成できます。GPTディスクは最大128のプライマリパーティションを作成できます。
ブートモード:MBRディスクはレガシーBIOSブートモードを使用しますが、GPTディスクはUEFI/EFIブートモードを使用します。
サポートされているOS:すべてのWindows(Windows 11を除く)はMBRディスクから起動できます。Windows 11/10/8/7/XP/VistaおよびWindows Server2003/2008/2012/2016/2019/2022のすべてのバージョンは、GPTディスクを使用してデータを保存できます。ただし、GPTディスクにインストールして起動できるのは64ビットバージョンのUEFI対応のシステムのみです。その他、Windows Vista 32ビット、Windows XP 32ビット、およびWindows 2000、Windows MS-DOS/NT、Windows 95/98などの以前のOSは、GPTディスクから起動できません。

MBR HDDをGPT HDDにミラーリングする必要がある理由

MBRディスクとGPTディスクの違いにより、MBRディスクをGPTディスクにアップグレードする必要がある場合があります。たとえば、Windows Server 2012(R2)ハードドライブがいっぱいになる(2TB)場合は、2TBを超えるGPTパーティションスタイルの大きなディスクにアップグレードできます。

ただし、古いMBR HDDの古いデータを破棄したくない場合、MBR HDDの古いデータをWindows Server 2012のGPT HDDに転送するすることは、最良の方法であるはずです。では、Windows Server 2012でMBR HDDをGPT HDDにミラーリングするにはどうすればいいでしょうか?

AOMEI PA Server:強力なHDDミラーリングソフトウェア

MBR HDDをWindows Server 2012(R2)のGPT HDDに変換するには、HDDミラーリングソフトウェアを使用するのが最も簡単かつ効果的な方法です。この操作を実行するには、AOMEI Partition Assistant Serverが最適です。そのディスククローン機能は、あるディスクから別のディスクにすべてのデータを移動するのに役立ちます。さらに、状況に応じて2つの異なるディスクコピー方法を選択できます。

ディスクの高速クローン:この方法では、ソースディスクの使用済み領域のみがターゲットディスクにコピーされるため、ターゲットディスクはソースディスクの合計サイズよりも小さくすることができますが、使用済み領域よりも大きくする必要があります。したがって、大きなハードドライブから小さなハードドライブへのクローン作成をサポートします。
セクタ単位のクローン:この方法では、ソースディスクのすべてのセクター(使用済みか未使用かに関わらず)がターゲットディスクにコピーされるため、ターゲットディスクは、ソースディスクのすべてのセクターを格納するのに十分な容量が必要です。

さらに、特定のパーティションを別のハードドライブにコピーすることもできます。システムディスクまたはパーティションを別のストレージデバイスにコピーする場合は、コピーされたハードドライブから正常に起動できます。

MBR HDDをGPT HDDにミラーリングする詳細な手順

ここでは、例として、Windows Server 2012(R2)でシステムMBRディスクをGPTディスクにクローンする方法を取り上げます。

続行する前に、次の点に注意してください。

ターゲットGPT HDDをWindows Serverコンピューターに接続し、正常に検出されていることを確認してください。
クローン操作によって、GPT HDDのすべての内容が消去されるため、GPT HDDの重要なデータを事前にバックアップしてください。
Windows 32ビットシステムはGPTディスクでは動作できません。したがって、システムが32ビットの場合、操作を続行できません。事前にシステムを64ビットにアップグレードする必要があります。
システムMBRディスクをGPTディスクにクローンした後、ブートモードをレガシーBIOSからUEFIに変更する必要があるため、マザーボードがEFI/UEFIをサポートしていることを確認してください。

注意:AOMEI Partition Assistant Serverのデモ版をダウンロードして、試してみることができます。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Serverをインストールして起動します。メインインターフェースですべてのHDDの詳細情報を表示します。MBR HDDをServer 2012(R2)のGPT HDDにクローンするには、ここでMBR HDDを右クリックし、「ディスククローン」を選択する必要があります。

サーバでディスクをクローン

ステップ 2. ここでは、ディスククローンウィザードが表示され、「ディスクの高速クローン」または「セクタ単位のクローン」を選択します。ここでは、「ディスクの高速クローン」方法を選択することをお勧めします。

ディスクの高速クローン

ステップ 3. GPT HDDをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ヒント:もしMBR HDDをSSDドライブにクローンする予定がある場合は、「SSDの性能を最適化」オプションにチェック入れ、SSDのパフォーマンスを向上させることができます。

準備したHDDを宛先ディスクとして選択

ステップ 4. ここではターゲットディスクのパーティションサイズを編集できます。または、クローン後にAOMEI Partition Assistant Serverを使用してWindows Server 2012パーティションのサイズを変更することもできます。

パーティションを編集

ステップ 5. クローン作成後にクローンされたHDDからパソコンを起動する方法に関する注意事項が表示されます。ちゃんと読んでください。「完了」をクリックします。

完了

ステップ 6. メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックしてプロセスをサブミットします。

適用

クローン作成プロセスが完了したら、古いMBRディスクをGPTディスクと交換し、BIOSに入って、GPTディスクを最初の起動デバイスとして設定します。次に、GPTディスクからコンピューターを起動します。

結論

AOMEI Partition Assistant Serverを使用して、MBR HDDをWindows Server 2012(R2)のGPT HDDに簡単にミラーリングできます。さらに、Windows Server 2003、2008(R2)、2012(R2)、2016、2019、2022、およびすべてのWindows PC OSでは、パーティションを削除したりデータを失ったりすることなく、MBRディスクをGPTに変換できます。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。

ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版とAOMEI Partition Assistant Technician版をお勧めします。AOMEI Partition Assistant Technician版は上記の機能以外、クライアントに有償技術サービスを提供します。上記のバージョンの違いを了解しましょう~