ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月02日

Server 2012でパーティションを移動する理由

    Windows Server 2012がインストールされたハードディスクを持っています。ディスクはパーティションCとパーティションDの2つのパーティションに割り当てられています。 Cドライブの容量はほとんど不足していますが、Dドライブには十分な容量があります。 Dドライブを縮小した後、未割り当て領域がパーティションCの後ろになく、パーティションCを拡張できないため、Dドライブを移動して、未割り当て領域をCドライブの後ろに連続させる必要があります。Windows Server 2012でパーティションを移動するために推奨されるソフトウェアはありますか?


その名前が示すとおり、選択したパーティションの場所を変更するプロセスです。このパーティションの移動は、この操作により、パーティションの右側に使用可能な未割り当て領域がなくても、そのパーティションを拡張できます。上記のユーザーと同じ、Server 2012 「ディスクの管理」でパーティションを縮小すると、未割り当て領域が生じる場合がありますが、未割り当て領域を使用して別のパーティションを拡張することはできません。ターゲットボリュームの直後ではないためです。この場合、拡張パーティションと未割り当て領域の間で縮小したパーティションを移動することは必要な作業です。

Server 2012のパーティションを簡単に移動する優れたパーティションツール

Windows Server 2012(R2)でパーティションを移動する方法は?Windows Server 2012のディスクの管理では、ディスクパーティションを管理するためにボリューム機能を拡張および縮小できます。ただし、ボリュームの移動機能は提供されません。

したがって、パーティションを移動して、拡張するパーティションの後ろに未割り当て領域を隣接させる場合、サードパーティ製のツールを使用する必要があります。ここでAOMEI Partition Assistant Serverを強くお勧めします。強力で信頼性の高いディスクパーティションマネージャーです。数回クリックするだけで、パーティションを左側または右側に移動できます。かなり使いやすく、Windows Server 2012(R2)およびWindows Server 2019/2016/2008/2003でうまく機能します。

今すぐWindows Server 2012でパーティションを移動!

まず、AOMEI Partition Assistant Serverをお使いのマシンにインストールします。次に、Windows Server 2012でパーティションの位置を変更する詳細な手順を紹介します。

    ★ 重要:「パーティションの移動」は、ターゲットパーティションの左側または右側に未割り当て領域がある場合にのみ機能します。そうでない場合は、移動する前にパーティションを縮小する必要があります。


手順1.
ソフトウェアを実行します。メインインターフェイスでは、パーティションの基本状態が表示されます。ここでは、パーティションDの背後に未割り当て領域があると想定しています。

メインインターフェイス

手順2. パーティションDを未割り当て領域の右側に移動する場合は、パーティションDを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションを移動

手順3. この画面で、パーティションDにマウスを置き、移動できなくなるまで右側にドラッグします。次に、「はい」をクリックします。

移動できなくなるまで右側にドラッグ

手順4. メインインターフェイスに戻ると、未割り当て領域がパーティションDの右側に隣接していることがわかります。操作をコミットするには、「適用」および「続行」をクリックします。

未割り当て領域がパーティションDの右側に隣接している

未割り当て領域の移行操作をコミット

▼パーティションをターゲット場所に移動した後

AOMEI Partition Assistant Server経由で未割り当て領域の後にパーティションを移動した後、ディスクの管理でパーティション(例:Cドライブ)を右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択し、ウィザードに従ってパーティションCを拡張できます。その他に、簡単にAOMEI Partition Assistantを使用してパーティションを拡張することもできます。

手順1. ターゲットパーティションを右クリックし、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ

手順2. この画面で、バーを右側にドラッグして、未割り当て領域を追加します。 次に「はい」をクリックします。

未割り当て領域を追加

手順3. 最後、「適用」および「続行」をクリックして、保留中の操作をコミットします。

Cドライブの拡張がプレビューされた

パーティションのリサイズ操作をコミット

    NOTE:実は、上の二つの操作「パーティションを移動」と「パーティションをリサイズ」の続行は最後の時に同時実行することもできます。


今まで、パーティションの移動と拡張はすべてAOMEI Partition Assistant Serverを介して簡単に実行しました。その上、このソフトウェアは読者様の期待した以上のことをサポートします。たとえば、「パーティションを結合」機能により、未割り当ての空き領域がディスク上のどこにあるかに関係なく、未割り当て領域を別のパーティションに直接追加することができます。つまり、中央のパーティションを移動するために余分な時間を費やす必要は全然ありません。

実際には、パーティションの拡張が最終目的である場合、「空き領域を割り当てる」機能を使用して、あるパーティションから別のパーティションに空き領域をより簡単に割り当てることができます。

結論

AOMEI Partition Assistant Serverを使用すると、データを失うことなくWindows Server 2012のパーティションを移動できないことを簡単に解決できます。その後、未割り当領域により、別のパーティションを正常に拡張できます。さらに、AOMEI Partition Assistant Serverは、Windows Server 2012を新しいハードディスクに移動するとか、データを失うことなくNTFSとFAT32の間でファイルシステムを変換するとか、NTFSシステムパーティションを拡張するとかなど、他の多くの機能も楽しめます。

最後に、AOMEIは、特に大規模の企業のために設計されたUnlimited版はディスク&パーティションソリューションと柔軟なハードディスク管理も提供します。それはAOMEI Partition Assistantのすべての機能を備えるほかに、社内の台数無制限のコンピュータにインストールすることができます。企業者なら、このバージョンがよりお得だと思います。