By Comnena / 最後の更新 2021年09月02日

「ディスクの管理」でパーティションを移行できない

Windows Server 2019の「ディスクの管理」ツールに「ボリュームの縮小」オプションと「ボリュームの拡張」オプションがあります。これにより、既存のボリュームのサイズを縮小および拡張できます。ただし、Dドライブの縮小によって未割り当てのスペースを取得し、そのスペースでCドライブを拡張しようとすると、「ボリュームの拡張」オプションがグレー表示される場合があります。その理由は以下のとおりです。

▶1つのボリュームを縮小すると、右側の未割り当て領域のみが作成されます。
▶未割り当て領域は、ボリュームの拡張機能を使用して、左側の隣接するパーティションにのみ追加できます。

つまり、Dドライブを縮小して未割り当て領域を取得しても、未割り当て領域はCドライブのすぐ後ろではなく、縮小されたDドライブの後にあるため、Cドライブを拡張するために使用することはできません。

1

この状況では、Server 2019でパーティションDを右に移動し、未割り当て領域を左に移動する必要があります。その後、ボリュームの拡張オプションを有効にしてCドライブを拡張できます。

パーティション移動に最適なパーティションマネージャー

上のスクリーンショットのように、ディスクの管理には「パーティションの移動」オプションがないことがわかります。そのため、Server 2019でパーティションの場所を変更するにはサードパーティのツールが必要です。

ディスクパーティションを簡単に移動できるソフトウェア広告は無数にありますが、ディスク、パーティション、ファイルのパラメータ値の変更に失敗したり、データが失われたりして、Windowsを正常に起動できない場合があります。

最も安全で最良の結果を保証するために、AOMEI Partition Assistant Serverを使用できます。このサーバーパーティションマネージャーソフトウェアには、「パーティションを移動」機能が付属しており、Windows Server 2019、Server 2016、Server 2012、Server 2008、Server 2003、およびすべてのWindows PCでパーティションを安全に移動できます。

Server 2019でパーティションを移動する方法

AOMEI Partition Assistant Serverを使用すると、Server 2019でパーティションと未割り当て領域を非常に簡単に移動できます。

Serverの無料デモ版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Serverをインストールして実行します。移動する必要のあるターゲットドライブ(例:Eドライブ)を右クリックし、ドロップダウンメニューから「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションを移動

手順 2. 次に、ポップアップウィンドウでパーティションを右方向にドラッグします。

パーティションを右方向

手順 3. メインインターフェイスに戻ると、未割り当て領域がCドライブの後に移動されたことがわかります。Eドライブを移動した後、次のようにしてCドライブを拡張できます。

手順 4. Cドライブを右クリックし、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ

手順 5. 新しいウィンドウで、Cドライブを右側にドラッグして未割り当て領域を追加し、「はい」をクリックします。

未割り当て領域を追加

手順 6. メインインターフェイスで、Cドライブが未割り当て領域で拡張されたことがわかります。次に、「適用」をクリックして、保留中のすべての操作をコミットします。

適用

ボリュームを移動せずに、パーティションを拡張する場合、AOMEI Partition Assistant Serverの他のすばらしい機能を試すことができます。

1つは「空き領域を割り当てる」です。これも3ステップ以内で、あるパーティションから別のパーティションに空き領域を直接割り当てることができます。

1

もう1つは「パーティションを結合」です。これは、未割り当て領域がディスク上のどこにあるかに関係なく、3つのステップで未割り当て領域を拡張予定のパーティションに直接結合できます。

パーティションを結合

Server 2019でのパーティション移動についての他の問題

上記の手順を使用して、同じディスク内のパーティションを移動することができます。さらに、本日は、パーティションを別のディスクに移動する方法や、無秩序なパーティションを移動する方法についても説明します。

Server 2019でパーティションを別のディスクに移動

パーティションを別のディスクに移動しようとしている場合は、次の手順を実行できます。

手順 1. 「ウィザード」列の「全てのツール」をクリックし、「パーティションクローン」を選択します。最後に、便利なデータ転送、バックアップ、またはディスク交換のためにパーティションを別のディスクに移動しようとしている場合は、次の手順を実行できます。

1

手順 2. ニーズと状況に基づいて適切なクローン方法を選択します。

クローン方法

手順 3. リストからソースパーティションを選択します。

1

手順 4. 別のディスクの未割り当て領域を選択し、「次へ」をクリックします。

1

最後に、「適用」をクリックして保留中の操作をコミットすることを忘れないでください。

Server 2019で無秩序なパーティションを移動

ハードディスクに3つのパーティションがあるが、CEDのように順番が間違っている場合は、単にドライブ文字を切り替える(プログラムが機能しなくなる可能性がある)のではなく、正しい位置(CDE)に移動することをお勧めします。このような場合、クローンを作成して、パーティション(E)を別のパーティション(D)の最後に移動できます。

この方法では、Eドライブのすべての内容を保持するために、パーティションDの最後に十分な空き領域がある必要があります。まず、Dパーティションを縮小して、未割り当て領域(Eの使用済み領域よりも大きい)を取得します。次に、パーティションEを未割り当て領域にクローンします。最後に、元のパーティションEを削除し、クローンした新しいパーティションにドライブ文字Eを再割り当てします。

まとめ

この記事では、理由が何であれ、Windows Server 2019でパーティションを移動する方法を段階的に説明します。強力なマネージャーソフトウェアとして、AOMEI Partition Assistant Serverには、OSドライブのみをSSD/HDDに移行する、パーティションを削除せずにシステムディスクをMBRとGPTの間で変換する、大きなパーティションをいくつかの小さなパーティションに分割するなど、他の素晴らしい機能もあります。

1社内の台数無制限のサーバーまたはWindows PCでこれらの機能を楽しみたい場合は、AOMEI Partition Assistant Unlimitedを試すことができます。