ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月17日

Windows Server 2019/2016/2012 R2/2008 R2が起動できない?!

Windowsサーバーは、マイクロソフトがリリースした一連のオペレーティングシステムです。これは、ホームオペレーティングシステムに対応しています。Windowsサーバーはより専門的なタスクを実行するように設計されているため、間違ったときにはるかに深刻なことになります。たとえば、コンピュータのユーザーは、システムが起動していないときにブルースクリーン、デスクトップに入った後にファイルを開くことができない、システムを更新できないなどの問題が発生する可能性があります。

一般に、すべての問題は、システムファイルの破損、ブートレコードの破損などに関連しており、そのすべてがユーザーの誤操作やファイルの非互換性によって引き起こされる可能性があります。Windows Server 2012 R2/2008 R2/2016/2019でこのような問題を解決するにはどうすればよいですか?

Windows Server 2019/2016/2012 R2/2008 R2が起動しない問題を修復

Windows Serverでブルースクリーンまたはその他のクラッシュが発生している場合や、その他のWindowsの機能がうまく動作しない場合は、Windowsサーバーの修復ツールが2つあります。

対処法 1. コマンドツール:SFC scannow

「SFC scannow」を実行する前、これが何かを知る必要があります。SFCは「System File Detection」プログラムで、コマンドプロンプトで使用されます。また、管理者権限を持つユーザーのみがこのプログラムを開いて実行できます。

Windowsシステムファイルの破損やその他の変更をスキャンすることができます。保護されたファイルが不正なファイルで覆われていることが検出された場合、SFCはシステムバックアップから正しいファイルを自動的に抽出し、不正なバージョンを置き換えます。

以下は手順です:

手順 1. Windows Server 2012 R2インストールディスクをCDドライブに挿入し、コンピュータを起動します。

手順 2. 「CDまたはDVDから起動するためのキーを押してください」というメッセージが表示されたら、キーを押すとWindowsセットアップ画面が表示されます。

手順 3. インストールする言語、時間と通貨の形式、キーボードまたは入力方法を選択し、「次へ」をクリックします。

手順 4. 「コンピュータを修復する」をクリックします。

手順 5. 修復するオペレーティングシステムをクリックし、「次へ」をクリックします。

手順 6. 「システム回復オプション」ダイアログボックスで、「コマンドプロンプト」をクリックします。

手順 7. コマンドウィンドウに「SFC / scannow」と入力し、Enterキーを押します。

その後、システムは自動的にすべての保護されたシステムファイルの整合性をスキャンし、間違ったものを単独で修復します。それは約5分かかるので、しばらくお待ちください。

SFCコマンドの使用に加えて、システムブートレコードを確認して修正することもできます。これは、コマンドプロンプトウィンドウでも実行できます。次のコマンドを順番に入力し、それぞれの後にEnterキーを押すだけです:

    bootrec / fixmbr
    bootrec / fixboot
    bootrec / rebuildbcd


スキャンおよび修復処理が完了したら、コンピュータを再起動してデスクトップに正常に入力できます。

対処法 2. より便利な専門ソフト:AOMEI Partition Assistant

「SFC scannow」がWindows Server 2012 R2を修復しない場合、プロなパーティションマネージャであるAOMEI Partition Assistant Serverを試すことができます。Windows Server 2019、2016、2012(R2)、2003、2008(R2)と互換性があります。

主に、このツールは、Windows Server 2012 R2の修復に非常に役立ちます。コマンドプロンプトウィンドウに入り、手動でさまざまなコマンドを入力するという面倒を取り除くことができます。

    補足:システムが正常に起動できないため、最初にAOMEI Partition Assistantを使用して起動可能なPEディスクを作成する必要があります。


Windows Server 2012 R2を修正するには:

手順 1. 作業中のコンピュータに空のUSBドライブ(8GB以上)を接続し、AOMEI Partition Assistant Serverをインストールして起動します。起動可能なメディアを作成するには、「ブータブルCD/USBを作成」をクリックします。

ブータブルCD/USBを作成

手順 2. 起動可能なUSBをWindows Server 2012に挿入し、修正して再起動し、BIOSに入り、起動可能なUSBを優先起動デバイスに設定して、サーバーを正常に起動できるようにします。

USBを選択

手順 3. ログインすると、AOMEI Partition Assistant Serverが自動的に起動します。システムディスクパーティションを見つけて右クリックし、「詳細処理」>「パーティションをチェック」を選択します。

パーティションをチェック

手順 4.chkdsk.exeを実行してパーティションのエラーをチェックし、修正します」を選択して、「はい」をクリックします。

エラーをチェック

手順 5. パーティションのチェックと修正を完了するまで数秒間待ってください。

このプロセスの後、パーティション回復ウィザードをクリックして、紛失したパーティションを見つけて簡単にリカバリすることができます。最後に、ブータブルメディアを取り外してServer 2012R2を再起動します。

    ノート:

    1. 上記の方法は、2008(R2)、2011、2016、および2019などの他のサーバーの修正にも適用できます。

    2. また、MBRが破損したためにブート問題が発生した場合は、AOMEI Partition Assistantを使用してMBRを再構築することもできます。

    3. 将来的に何かがうまくいかない場合に備えて、システムのブートに失敗した後、Windowsサーバ2012 r2を外付けHDDにバックアップすることを強くお勧めします。

終わり

Server 2012 R2で「SFC scannow」またはAOMEI Partition Assistantを使用してWindows Server 2012が起動しない問題を修復できます。また、AOMEI Partition Assistant Serverは、決して見逃したくない多目的なパーティション/ディスク管理で、システムのブート失敗を解決するだけでなく、変換するディスクがシステムディスクであっても、Windows Server 2016で「GPTディスクに変換」がグレーアウト問題を修正することができます。