Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

Windowsのボリュームを縮小する必要がありますか?

ユーザーがどうして、Windowsのボリュームを縮小しますか?一つの理由は、あなたが大規模なハードドライブを持って、その中に充分な空き領域があります。そして、個人用ファイルからシステムファイルやインストールされたプログラムを独立するには、このハードドライブに複数のボリュームを作成する必要があります。その時、ボリュームを縮小して未割り当て領域を生成することができます。その後、未割り当て領域で新しいボリュームを作成することが可能になれるんです。もう一つの理由は、あなたがLinuxなどの他のオペレーティングシステムをインストールしたいですが、新しいパーティションを作成するのに十分な空き領域がない場合に、縮小する必要があります。その時にも、未割り当て領域を生成するために、ボリュームを縮小する必要があります。

Windows内蔵の「ディスクの管理」ツールを使用してボリュームを縮小します

Windows Server2012内蔵の「ディスクの管理」ツールは、「ボリュームの縮小」機能を含んでいるので、簡単に未割り当て領域を解放することができます。「ディスクの管理」コンソールを開き、縮小したいボリュームを右クリックしてドロップダウンメニューで「ボリュームの縮小」オプションを選択します。下の写真を見てください。

ボリュームの縮小

表示されるダイアログボックスで、縮小したいサイズを入力します。すると、ボリューム右側に未割り当て領域が表示されます。

ヒント:縮小できるスペースのサイズは、現在のハードドライブ上に割り当てられたスペースの量によって制限されます。つまり、それは、空き領域の半分までボリュームを縮小することができると言うことです。

強力なツールで未割り当て領域を解放します

あなたはより多くの空き領域を解放するには、サーバーの「ディスクの管理」の代替に頼る必要があります。原理的には、このソフトウェアは、Windows「ディスクの管理」ツールと同じように動作します。違いは、より多くの機能を提供し、より多くの柔軟性があるということです。例えば、未割り当て領域の場所がどこにあっても、あなたが自由にボリュームを縮小/拡張することができます。

まず、AOMEI Partition Assistant Serverのインターフェースを見てみましょう。このソフトウェアには、主な機能が左側に表示され、メニュー項目がトップに表示されて、かなりクリーンなインターフェイスを持っています。中央のペインには、ディスクに関する情報が表示されています。未割り当て領域を解放するためにあなたがすべき操作が非常に簡単です。ここでは、Eパーティションを例とします。次は、詳細手順です。

ステップ1: AOMEI Partition Assistant Serverを起動します。中央のペインで、Eパーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。

Dパーティションのリサイズ

ステップ2: ここで、スライダバーを持つ新しいウィンドウがで出てきます。左方向にスライドバーをドラッグして未割り当て領域を生成します。また、下記の空欄に正確な数字を入力することができます。その後、「はい」 をクリックして続行します。

未割り当て領域の作成

ステップ3:ここで、Dパーティションに対する変更をプレビューすることができます。Dパーティションの後ろにステップ2で決定したサイズを持つ未割り当て領域が表示されています。それは半分が成功したことを意味します。最後に、操作をコミットするには、左上隅にある「適用」をクリックします。前のステップに戻りたい場合は、メニュー項目で「元に戻す」をクリックします。「破棄」 をクリックすると、元の状態に戻します。

適用

以上は詳細手順です。かなり簡単かつ直感でしょう?さて、この未割り当て領域では、新しいパーティションを作成したり、パーティションをマージしたりすることができます。未割り当て領域を右クリックすると、詳細オプションが表示されます。その後、ガイドに従えば、目標を簡単に達成できます。

未割り当て領域の使用

あなたは制限なく空き領域を解放したい場合、ソフトを ダウンロード してこれよりよい解決策を試してみましょう。