By Asher / 最後の更新 2022年03月10日

Windows Server 2012のボリュームを縮小する必要があるか?

ユーザーは、どうしてWindows Server 2012または他のオペレーティングシステムのボリュームを縮小したいですか?一つの理由は、より多くのボリュームを作成することです。例えば、大規模なハードドライブを持って、その中に充分な空き領域があります。そして、システムファイルやインストールされたプログラムを個人用ファイルから独立するには、このハードドライブに複数のボリュームを作成する必要があります。その時、ボリュームを縮小して未割り当て領域を生成することができます。その後、未割り当て領域で新しいボリュームを作成することが可能になります。

もう一つの理由は、Linuxなどの他のオペレーティングシステムをインストールしたいことです。ただし、新しいパーティションを作成するのに十分な空き領域がない場合に、縮小する必要があります。その時にも、未割り当て領域を生成するために、ボリュームを縮小する必要があります。

Windows Server 2016

Server 2012でディスクの管理を使用してボリュームを縮小

Windows Server 2012(R2)でボリュームを縮小するには、「ボリュームの縮小」機能を含んでいるディスクの管理を使用できます。

ステップ 1. Win+Rを押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスに「Diskmgmt.msc」と入力し、ディスクの管理を開きます。そして、縮小するボリュームを右クリックして、ドロップダウンメニューの「ボリュームの縮小」オプションを選択します。

ボリュームを縮小する

ステップ 2. 表示されるダイアログボックスで、縮小したいサイズを入力します。

縮小する領域の値を決定

ステップ 3. 「縮小」をクリックすると、ボリュームの後ろに新しい未割り当て領域が現れました。

未割り当て領域

ヒント:

①縮小できるスペースのサイズは、現在のハードドライブ上に割り当てられたスペースの量によって制限されます。つまり、それは、空き領域の半分までボリュームを縮小することができると言うことです。

①移動できないファイルが配置されているポイントを超えてボリュームを縮小することはできません。パーティションにいくつかのシステムファイルがある場合は、使用可能な縮小スペースが小さすぎ、場合によっては0MBになることもあります。

Server 2012で強力なツールを使用してボリュームを自由に縮小

ディスクの管理を使用してボリュームを縮小すると、移動できないファイル(ページファイルまたはシャドウコピーストレージ領域など)は自動的に再配置されず、移動できないファイルが配置されている位置以上に割り当てられた容量を削減することはできません。この制限を打破するには、AOMEI Partition Assistant Serverを使用できます。これは、Server 2012(R2)/2008(R2)/2016/2019/2022およびWindows 11/10/8/7で正常に機能できます。

このソフトは、Server 2012のディスクの管理よりも優れており、移動できないファイルがあっても、ボリュームを最小サイズに縮小できます。また、ディスクの管理を使用してボリュームを縮小すると、未割り当て領域はそのボリュームの右側でのみ生成できます。ただし、AOMEI Partition Assistant Serverでは、左と右側のボリュームを縮小することで、未割り当て領域を作成できます。

次に、Server 2012でボリュームを縮小する方法を示します。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Serverを起動します。インターフェースで、Eパーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションを縮小

ステップ 2. ここで、スライダバーを持つ新しいウィンドウがで出てきます。スライドバーを右にドラッグして未割り当て領域を生成します。また、下記の空欄に正確な数字を入力することができます。その後、「はい」をクリックして続行します。

縮小するサイズ

ステップ 3. これで、Eドライブの後ろに未割り当て領域があることがわかります。最後に、左上隅にある「適用」をクリックします。

ボリュームの縮小を適用

追加:ボリュームを縮小して新しいボリュームを作成するか、既存のボリュームを拡張する

上記から、Server 2012でパーティションを縮小する方法を了解しました。今、生成される未割り当て領域を使用して、新しいパーティションを作成したり、別のボリュームを拡張したりできます。どちらの場合も、AOMEI Partition Assistantが役立ちます。未割り当て領域から新しいパーティションを作成するには、未割り当て領域を右クリックし、「パーティションを作成」を選択して、指示に従います。

パーティションを作成

未割り当て領域を別のドライブに追加して拡張にするには、「パーティションを結合」機能を試すことができます。拡張する必要のあるパーティションを右クリックし、「パーティションを結合」を選択し、次のウィンドウで未割り当て領域を確認して「はい」をクリックし、最後に「適用」をクリックして保留中の操作を実行します。

未割り当て領域を選択

最後

これで、Server 2012でボリュームを縮小する方法がわかるしたはずでしょう。同じ手順が、他のサーバーオペレーティングシステムおよびWindows 11、10、87のドライブの縮小にも適用されます。さらに、ボリュームを正常に縮小した後、新しいボリュームを作成したり、別のボリュームを拡張したりする方法も示しました。

さらに、AOMEI Partition Assistantには他の便利な機能を備えています。例えば、削除されたパーティションの復元、ディスククローン、Windows to Go Creator、ブータブルCDの作成など。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。