By Asher / 最後の更新 2022年03月11日

 

ファイルが移動できないため、Server 2016でボリュームを縮小できない

私は200GのDドライブを持っていて、その約半分が空き領域です。200GBから縮小したいのですが、ファイルが移動できないために縮小できないと表示されます。では、どうすれば縮小できますか?なんかアドバイスがありますか?ありがとうございました。

- quora.comからの質問

ボリュームを縮小することで、未割り当て領域を生成することができ、Windows Server 2016でその未割り当て領域は、新しいパーティションを作成したり、別の既存のパーティションを拡張したりするために使用できます。通常、ユーザーは、「ボリュームの縮小」および「ボリュームの拡張」オプションを提供するWindowsの組み込みツールであるディスクの管理を使用してボリュームを縮小できます。ただし、場合によっては、期待通りにうまくボリュームを縮小できないことがあります。上記のユーザーの場合のように、ターゲットパーティションに移動できないファイルがある場合、縮小プロセスがスムーズに進まない可能性があります。

Server 2016でパーティション/ボリュームを縮小できない原因

一般的に、ボリュームが縮小できない原因は3つあります。

原因1.十分なスペースがない

ディスクの管理を使用してターゲットパーティションを縮小しようとする時、「この操作を完了するのに十分なディスクの空き容量がありません。」というエラーメッセージが表示される場合があります。これは、ディスクの管理では、縮小するウィンドウでデフォルトを使用して、使用可能な最大のスペースを提供するためです。

原因2.移動できないファイルある

パーティションを右クリックして「ボリュームの縮小」をクリックすると、「移動できないファイルが配置されているポイントを超えてボリュームを縮小することはできません。」という通知が表示されますこれらの移動できないファイルには、ページングファイル、休止状態、およびその他の大規模なシステムに必要なファイルが含まれます。

原因3.ファイルシステムエラー

コンピュータが一定期間使用されると、多くのパーティションでファイルシステムエラーが発生する可能性があります。ほとんどの場合、毎日の使用量に違いはありませんが、パーティションを縮小および拡張するときに問題が発生します。スクリーンショットが示すように、Cドライブには39.86GBの空き領域がありますが、ディスクの管理では、縮小ウィンドウに使用可能な領域がありません。「縮小」が無効になります。

移動できないファイル

2つの方法:Server 2016でパーティション/ボリュームを縮小できない

このパートでは、2つの異なる方法でこの問題を解決する方法を示します。1つは、移動できないファイルを手動で無効にすることで、もう1つは、プロのパーティションマネージャーを使用することです。それを行う詳しい方法については、引き続きお読みください。

方法1.移動できないファイルを無効にし、ボリュームを縮小

Server 2016でパーティション/ボリュームを縮小するプロセスに、「移動できないファイルが配置されているポイントを超えてボリュームを縮小することはできません。」という通知が表示されます。例えば、ターゲットドライブには1、2、3、4という4つのブロックがあります。ブロック3に「移動できない」ファイルがある場合、ディスクの管理はターゲットドライブをこのブロックを超えて1または2に縮小できません。したがって、ディスクの管理では、空き容量のあるドライブのみを縮小できます。これが、多くの人が十分な空きスペースがあるとフィードバックする理由ですが、ディスクの管理では縮小できるスペースがほとんどありません。

移動できないファイルとは、ページファイル(pagefile)、ハイバネーションファイル(hiberfil)などの大きなファイルを指します。もし、Server 2022、2019、2016、2012などのServerコンピュータで、これらの移動できないファイルのためにパーティション/ボリュームを縮小できない場合、従来の方法を試すことができます。

ハイバネーションファイル(休止状態)を無効にする

手順 1. キーボードの「Windows+R」を同時に押し、「ファイル名を指定して実行」ボックスを開きます。

手順 2. 実行ボックスに「cmd」と入力し、Enterキーを押して、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。

手順 3. コマンドプロンプトで、「powercfg.exe /hibernate off」と入力し、Enterキーを押します。

手順 4. 「exit」と入力し、Enterキーを押してコマンドプロンプトウィンドウを閉じます。

休止状態を無効

ページファイルを無効にする

手順 1. 「コンピューター」または「PC」を右クリックして、プロパティを開きます。

手順 2. 左側のメニューで「システムの詳細設定」をクリックし、「システムのプロパティ  を開きします。

システムのプロパティ

手順 3. 「システムのプロパティ」画面で、「詳細設定」タブに移動し、「パフォーマンス」の「設定」ボタンをクリックします。

手順 4. 「パフォーマンスオプション」画面で、「詳細設定」タブに移動し、「仮想メモリ」の「変更」ボタンをクリックします。

ページングファイルを無効する

手順 5. 「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックを外します。

「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックを外し

手順 6. 下の「ページングファイルなし」オプションにチェックを入れ、「設定」をクリックします。

手順 7. その後、「OK」ボタンをクリックして変更を保存します。

システム保護を無効にする

手順 1. 「Windows+R」を同時に押し、「ファイル名を指定して実行」ボックスに「SystemPropertiesProtection.exe」と入力し、Enterキーを押します。次に、「システムのプロパティ  を開きします。

手順 2. 「システムの保護」タブで「構成」をクリックします。

SystemPropertiesProtection.exe

手順 3. 「設定の復元」で「システムの保護を無効にする」をチェックし、「OK」をクリックします。

「システムの保護を無効にする」をチェック

ページファイル、ハイバネーションファイル、およびシステム保護を無効にした後、もう一度パーティション/ボリュームを縮小してみてください。最後に、ハイバネーションファイル(休止状態)とページファイルを有効にすることを忘れないでください。

方法2.プロのパーティションマネージャでパーティションボリュームを縮小

上記の解決策は、ほとんどのユーザーにとって少し複雑です。そこで、ここでは、Server 2016でボリュームを縮小できない問題を解決にはより簡単な解決策を紹介します。

Windows Serverコンピュータで移動できないファイルの影響を受けずにパーティション/ボリュームを縮小するにはAOMEI Partition Assistant Serverを使用することをお勧めします。Windows Serverのディスクの管理よりも強力で、Server 2022/2019/2016/2012/2008/2003のコンピュータでパーティションを縮小するときに、移動できないファイルを含むすべてのファイルの場所を移動できます。そのため、移動できないファイルがあっても、簡単にパーティションを縮小できます。この操作を実行するにはわずか3ステップが必要です。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Partition Assistant Serverをダウンロードして起動し、ターゲットパーティションを右クリックして、「パーティションをリサイズ/移動」をクリックします。

パーティションを縮小

手順 2. 下図のように、スライダを右にドラッグしてパーティションを縮小します。

縮小するサイズ

手順 3. メインインターフェイスで保留中の操作を確認し、「適用」をクリックし、「続行」をクリックします。

ボリュームの縮小を適用

このソフトウェアは、移動できないファイルでディスクの管理でパーティションを縮小できない場合に非常に役立ちます。さらに、パーティションがFAT32としてフォーマットされているためにServer 2016でパーティションを縮小できない場合(ディスクの管理ではNTFS/RAWパーティションのみを縮小または拡大できます)、AOMEI Partition Assistantも役立ちます。システムドライブは常にFAT32ファイルシステムを使用しているので、Cドライブを縮小したいユーザーにとって非常に役立ちます。

Server 2016でパーティション/ボリュームが縮小された後どうすればよいか?

ディスクの管理では、パーティション/ボリュームを縮小して未割り当て領域を確保することによってのみ、新しいボリュームを作成できます。これが最終的な目標である場合は、未割り当て領域を右クリックし、「新しいシンプルボリューム」を選択して、ガイドに従って操作を完了します。

新しいシンプルボリューム

ただし、ディスクの管理で未割り当て領域を使用して別の既存のパーティションを拡張することはできません。これは、未割り当て領域が、縮小したパーティションの後に作成され、「ボリュームの拡張」は、未割り当て領域が拡張する必要のあるパーティションの右側にのみ使用できるからです。幸い、AOMEI Partition Assistant Serverは「パーティションを移動」機能を使用できます。

パーティションを移動

さらに、その「パーティションを結合」機能は、未割り当て領域がターゲットパーティションに隣接していなくても、未割り当て領域を1つのパーティションに直接結合できます。

未割り当て領域を選択

ディスクに使用可能な未割り当て領域がない場合は、「空き領域を割り当てる」機能を試して、簡単な3つの手順で1つのパーティションから別のパーティションに空き領域を割り当てることができます。

空き領域を割り当てる

結論

この記事では、Server 2016でパーティション/ボリュームを縮小できない理由を明確に説明するだけでなく、2つの効果的な解決策も提供します。上記の機能に加えて、AOMEI Partition Assistantには、あるドライブを別のドライブにクローンし、OSを別のハードドライブに移動し、データを失うことなくシステム/データディスクをMBRとGPTの間で変換するなどほかのすばらしい機能があります。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。