By Asher / 最後の更新 2022年06月13日

4TBのSSDはコンピューターで2TBしか認識できない

「最近、SSDが売れているので、今朝、4TBのSAMSUNG SSDを低価格で購入しました。PCに接続した後、おかしいことが起こりました。ディスクの管理では、SSDで利用できる容量は2TBだけでした。なぜこれが発生するのですか?Windows Server 2016の最大ディスクサイズはいくらですか?誰か助けてくれませんか?」

Windows Server 2016の最大ディスク容量はいくらか?

「ウィキペディア(Wikipedia)」によると、Windows Server 2016は、Windows NTオペレーティングシステムファミリの一部としてMicrosoftによって開発された第8世代のWindows Serverオペレーティングシステムです。これは、Windows 10と同時に開発され、Windows Server 2012 R2の後継です。他の多くのWindowsオペレーティングシステムと同様に、Windows Server 2016は、MBRとGPTの両方のパーティションスタイルをサポートしています。

Master Boot Recordの略であるMBRは、古いパーティションスタイルで、Windows NT4、Windows 95/98、Windows 2000などの多くの古いシステムと互換性があります。MBRディスクはHDDの容量が2TBまでしか認識できません。つまり、4TBのHDDまたはSSDをPCに挿入してディスクをMBRに初期化すると、システムは2TBしか読み取ることができません。同時に、MBRは4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションのみを許可します。

それに対して、GUIDパーティションテーブルの略であるGPTは、Windows 7/8/8.1/10/11 64ビットなどの最新のオペレーティングシステムと互換性があります。GPTディスクはMBRの2TB制限を破り、最大18EBのハードディスクをサポートすることができます。GPTディスクでは最大128個のパーティションを作成できます。

したがって、Windows Server 2016の最大ハードディスクサイズを尋ねると、答えはハードディスクのパーティションスタイルがMBRかGPTかによって異なります。

どうやってWindows Server 2016で2TBの制限を破るか?

では、Windows Server 2016でハードディスクのサイズを十分に活用できない場合、または4TB以上のディスクがディスクの管理で2TBの使用可能なストレージしか表示されない場合はどうすればよいでしょうか?これらの場合、ディスクの管理を実行し、ハードディスクがMBRパーティションスタイルであるかどうかを確認することをお勧めします。確認された場合、2TBの制限を超える最善の方法は、MBRをGPTに変換することです。

データを失うことなくMBRをGPTに変換する方法

MBRとGPT間での変換と言えば、多くのネチズンは、Windowsの組み込みのディスクの管理を試して完了するか、DiskPartを使用してコマンドラインでパーティションスタイルを変更することを提案します。実際、DiskPartとディスクの管理はどちらも、Windowsシステムの問題を解決するためのよく知られた信頼性の高いツールであり、ハードディスクのパーティション分割やフォーマットなどの状況に役立ちます。

ただし、これら2つのユーティリティのいずれかを使用してディスクMBRをGPTに変換する場合は、最初にディスク上のすべてのパーティションを削除する必要があります。これは、データが失われることを意味します。この手順をスキップすると、ディスクの管理で「GPTディスクに変換」オプションがグレー表示され、DiskPartでこの操作を実行しません。

「GPTディスクに変換」がグレーアウト

この場合、データを失うことなくMBRをGPTに変換するのに役立つサードパーティソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Serverをお勧めします。変換は通常数秒で完了します。同時に、インストールプロセスにバンドルソフトウェアやポップアップ広告はありません。MBRまたはGPTの変換機能に加えて、このソフトウェアを使用して、NTFSとFAT32の間で変換したり、論理ドライブとプライマリパーティションの間で変換したりすることもできます。

Serverの無料デモ版ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Serverをダウンロードして起動します。変換するターゲットディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」をクリックします。

GPTディスクに変換

ステップ 2. 次のポップアップウィンドウで「はい」をクリックして操作を確認します。

はい

ステップ 3. ンターフェースの左上隅にある「適用」ボタンをクリックします。

MBRからGPTへの変換を適用

どうやってLegacyをUEFIに変更するか?

コンピューターをGPTディスクから起動する場合は、UEFIブートモードをオンにする必要があります。BIOSでLegacyをUEFIに変更する方法はパソコンメーカーや機種によって異なります。方法は次の通りです。

ステップ 1. ロゴ画面などが表示されている間に、特定のキー(通常はデスクトップの場合はDel、ラップトップの場合はF2)を押してBIOSに入ります。

BIOSキー

ステップ 2. BIOSセットアップユーティリティで、上部のメニューバーの「Boot」タブを選択します。

ステップ 3. 「Boot」画面で「UEFI/BIOS Boot Mode」を選択し、「+/-」キーを使用してUEFIブートモードを選択し、Enterを押します。

レガシー

ステップ 4. 「F10」キーを押して変更を保存し、BIOSを終了します。

結論

Windows Server 2016の最大ディスク容量はいくらですか?Windows Server 2016で2TBのハードドライブしか使用できないのはなぜですか?要するに、答えはハードディスクのパーティションスタイルに関連しています。MBRディスクの場合、システムは2TBのストレージスペースしか認識できません。

ただし、GPTディスクの場合、認識可能なストレージスペースははるかに大きくなります。したがって、2TBの制限を超える最善の方法は、MBRをGPTに変換することです。この記事では、サードパーティのディスクマネージャAOMEI Partition Assistant Serverを使用して、データを失うことなく、この操作を完成するための最も安全な方法を提供します。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう!UnlimitedとTechnicianには、ポータブルバージョンを作成するための便利な機能があります。