By Jun / 最後の更新 2021年08月12日

Windows Server 2012でディスクのクローンを作成する利点

ディスクをより大きなディスクまたは新しいディスクにアップグレードする場合があります。新しいSSDまたはHDDを購入した場合、OSやその他のアプリケーションを新しいハードドライブに再インストールする代わりに、古いハードドライブを新しいハードドライブにクローンできます。

ディスククローンはシステムの復元に使用できます。ハードドライブ上のすべてのデータをクリーンアップしてから、元のデータをハードドライブに復元します。この操作により、コンピュータ上の機能が回復し、コンピューター上の既存のウイルスが根絶されます。

ディスククローンソフトでディスクをクローンし、新しいユーザーがアプリとかをインストールせずにすぐに利用できます。

Windows Server 2012用の信憑性の高いクローンツール

Windows Server 2012には、ディスククローンの内蔵ツールがないため、専門的で信憑性の高いクローンツールを見つける必要があります。ここでAOMEI Partition Assistant Serverを紹介したいと思います。以下はお勧めポイントになります。

起動可能なクローン:ソースディスク上のすべてのパーティション(起動に関連する非表示のパーティションが含まれます)をクローンでき、クローン後にターゲットディスクから正常に起動できます。
高い互換性:ハードディスクドライブ、ソリッドステートドライブ、SSDHD、SDカードなどのクローン作成をサポートしています。Windows Server 2019/2016/2012(R2)/ 2008(R2)/2003で動作できます。
操作性:簡潔で直観的なインターフェイスを備えているため、使えやすいです。
多くの機能:特定のパーティションのみのクローンを作成したり、OS関連のパーティションのクローンを作成したりすることもできます。また、パフォーマンスを最適化するSSDパーティションの調整をサポートしています。

Windows Server 2012(R2)でディスクをクローンする方法

その前に、準備する必要なことがあります。

データを保存するための新しいハードドライブ。Windows Server 2012ディスクのクローンを作成するには、HDDまたはSSDを準備する必要があります。Serverコンピュータに接続し、検出できることを確認します。
ハードドライブのパーティションタイプを確認し、Windows OSが32ビットまたは64ビットであることを確認します。Windows Server 2012(R2)32ビットはMBRディスクからのみ起動できます。MBRをGPTディスクにクローンしたい場合、宛先ディスクで起動できない可能性があります。この状況では、Server 2012でシステムを64ビットにアップグレードするか、GPTをMBRに変換する必要があります。ただし、マザーボードがEFI/UEFIをサポートしている場合のみ、Windows Server 2012(R2)でMBRディスクをGPTに直接クローンできます。そうしないと、システムは次回起動できなくなります。
GPTをMBRディスクにクローンする時、GPTディスクに4つを超えるプライマリパーティションがある場合、4番目以降のパーティションを論理ドライブに変更する必要があります。
Serverのデモ版 Win Server
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。クローンしたいハードディスクを右クリックしてドロップダウンメニューから「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

2. ポップアップウィンドウで、ディスクをクローンする方法を選択して、「次へ」をクリックします。

クローンする方法

3. ここでターゲットディスクを選択します。ディスクがSSDの場合は、「SSDの性能を最適化」のところにチェックを入れてください。

SSDの性能を最適化

4. ターゲットディスクのパーティションのサイズを変更することができます(「セクターのコピー」では実行できません)。

 ディスクの設定を編集する

5. 「適用」をクリックしてから、「続行」をクリックしてください。

適用

結語

AOMEI Partition Assistant Serverを使用すると、Windows Server 2012でディスククローンを簡単に作成できます。クローン作成の他に、パーティションのサイズ変更、パーティションの削除、パーティションのリサイズ、ハードドライブの結合など、Windows Serverでハードドライブをより簡単に管理するのに役立ちます。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較