By Comnena / 最後の更新 2020年10月20日

Windows Server 2016のパフォーマンスが非常に遅いです。

Windows Server 2016の使用に問題があります。サーバー(300 GB HDDディスク、16 GB RAM、4コア)は、Office(Word、Outlook Excel)を使用し、インターネットを閲覧するためにターミナルモードで使用されます。ユーザーはそれが非常に遅いと言いました!ターミナルサーバーの使用を改善できますか?

--実例

Windows Serverが非常に遅くなるのはなぜですか?

Windows Server 2016のパフォーマンスの低下が気になりましたか?ファイルエクスプローラーが応答しない、ファイル転送が遅いなど、コンピューターがフリーズしたことはありますか?答えが「はい」の場合は、このリストを見てください。Windows Serverが遅い最も一般的な理由を知ることができます。

✦ コンピュータが実行しているプログラムが多すぎると、パフォーマンスが低下します。
✦ Cドライブがいっぱいになっています。
✦ ハードディスクが古すぎます。
✦ 使用しているWindowsまたはソフトウェアが古くなっています。

「Windows Server 2016のパフォーマンスが遅い」を修正するにはどうすればよいですか?

理由に基づいて、「Windows Serverのパフォーマンスの低下」を修正するために提供される5つの方法があります。

方法 1.診断を実行します。

診断は、コンピューターのハードウェアまたはソフトウェアプログラムが正常に機能していることを確認するためのテスト方法です。手順は次のとおりです。

手順 1. 検索ボックスで「mdsched.exe」を検索し、Windowsメモリ診断ツールを開きます。

手順 2. 「今すぐ再起動して問題の有無を確認する」をクリックすると、診断プログラムがコンピューターをテストします。

windows server 2016 遅い

問題が検出された場合は修正してください。後に、コンピュータを再起動します。

方法 2.不要なバックグラウンドプログラムを閉じます。

Windows Serverのパフォーマンスが低下する最も一般的な理由の1つは、バックグラウンドで実行されているプログラムが多すぎることです。また、タスクマネージャーを開いて不要なプログラムを閉じることができます。

さらに、コンピュータの起動時にロードする必要のないプログラムが多すぎる可能性があります。また、Windows Server 2016のパフォーマンスが低下する可能性があります。不要なスタートアッププログラムを無効にすることができます。

手順 1. 検索ボックスで「msconfig.exe」を検索し、「システム構成」を開きます。

手順 2. 「スタートアップ」タブで、起動時に不要なプログラムを選択し、「すべて無効にする」をクリックして起動プログラムから削除します。

windows server 2016 遅い

方法 3.システムドライブを拡張します。

Cドライブはシステムドライブです。Cドライブがいっぱいになると、Windows Server 2016のパフォーマンスが低下します。また、この問題を解決するために、Cドライブを拡張するためのスペースを追加することができます。

サーバーディスクの管理またはDiskpartを介してシステムドライブを拡張するには、システムドライブに隣接する未割り当て領域が必要です。ない場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを使用できます。

Windowsネイティブツールとは対照的に、Cドライブの横に未割り当て領域は必要ありません。AOMEI Partition Assistantを使用すると、1つのドライブからCドライブに空き領域を直接割り当てることができます。 サーバーデモをダウンロードして、詳細な手順を確認できます。

手順 1. 十分なスペースがある1つのパーティションを右クリックし、「空き領域を割り当てる」を選択します。

windows server 2016 遅い

手順 2. このウィンドウで、移動するスペースを指定し、「C:」に移動を選択して、「はい」をクリックします。

windows server 2016 遅い

手順 3. 「適用」をクリックして保留中の操作を表示し、「続行」をクリックします。

windows server 2016 遅い

数分後、Cドライブが拡張されます。

方法 4.OSをSSDに移行します。

Windows Server 2016が従来のハードディスクドライブで低速で実行されている場合は、Windows ServerシステムをSSDに移動できます。これは、コンピューターのパフォーマンスを大幅に向上させることができる新世代のストレージデバイスです。

SSDを入手してコンピューターに接続し、手順に従ってAOMEI Partition Assistantを使用してOSをSSDに移行します。

手順 1. AOMEI Partition Assistantを開き、「全てのツール」>「OSをSSDに移行」をクリックします。

windows server 2016 遅い

手順 2. SSDカードから未割り当て領域を選択します。

windows server 2016 遅い

手順 3. 次に、SSDのパーティションのサイズを変更し、「次へ」をクリックします。

windows server 2016 遅い

手順 4. ブートノートがポップアップします。ブートの問題が発生した場合、ソースディスクを切断するか、ソースディスクの接続ソケットを交換してから、「完了」をクリックします。

windows server 2016 遅い

手順 5. メインインターフェイスで、「適用」と「続行」をクリックして、移行プログラムを実行します。

windows server 2016 遅い

移行後、「Windows Server 2016のパフォーマンスの低下」が修正される場合があります。

方法 5.SSD 4K アライメント

たぶん、OSをSSDに移行した後、期待したパフォーマンスが得られないかもしれません。これは、SSDのパーティションの配置が間違っているためです。

SSDは64個の空のブロックの後に最初のパーティションを開始しますが、HDDは63ブロックの後に最初のパーティションを開始し、書き込み/読み取り速度が遅くなります。必要があるのはSSD 4K アライメントを実行することです。これを行う方法を見てみましょう。

手順 1. AOMEI Partition Assistantを開き、Windows Server 2016システムが含まれているSSDカードを右クリックして、「詳細処理」→「パーティションを整列」をクリックします。

windows server 2016 遅い

手順 2. ポップアップウィンドウで、パーティションのセクターを整列するように設定し、「はい」をクリックします。

windows server 2016 遅い

手順 3. メインインターフェイスで、「適用」と「続行」をクリックします。

windows server 2016 遅い

まとめ

これは、「Windows Server 2016のパフォーマンスが遅い」を修正する方法です。さらに、AOMEI Partition Assistant Serverを使用して不良セクタを定期的にチェックしてハードディスクの状態を確認したり、Windows ServerをUSBにコピーして、他のコンピュータで使い慣れたOSを実行したりできます。