By Akira / 最後の更新 2022年04月01日

実例:Windows ServerのCドライブの容量がいっぱいになった

 

Windows Server 2019を使用しています。現在、そのシステムCドライブがいっぱいになり、ディスク容量不足の警告が表示されます。その中にファイルは保存していません。なぜ、容量不足になるのでしょうか?Windows Server 2019のCドライブがいっぱいになる問題を解決するためのアドバイスがあれば教えてください。または、どのようにCドライブを拡大して空き容量を増やすことができますか?

- あるユーザーからの質問

Cドライブ容量不足

Cドライブ容量不足の原因

Cドライブがいっぱいになり、コンピューターの空き容量が不足する場合は、Windows Updateをインストールできず、コンピューターのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。Cドライブが原因不明に容量不足になっている問題には多くの理由があります。この記事では、以下の一般的な理由をまとめました:

ウイルスやマルウェアがシステムドライブをいっぱいにするためにファイルを生成し続ける場合があります。
気づかないうちにC:ドライブに大きなファイルを保存していることがあります。例えば、デフォルトのダウンロードフォルダは、C:ドライブにあります。
ページファイル、以前のWindowsインストール、一時ファイル、およびその他のシステムファイルが、システムパーティションの容量を占有している可能性があります。

Server 2019/2016でCドライブの容量不足を解消する方法

システムのCドライブがいっぱいになると、システムの動作が遅くなり、クラッシュする可能性があります。したがって、それはCドライブフルの問題を修正することが不可欠です。問題を効果的に解決するために、以下は5つの方法を提供します。そして、問題を解決するために1つ以上の解決策を取ることができます。

1. Cドライブの余分なアプリをアンインストールする

大きな容量を占めているアプリケーションの中には、もう必要ないものもあるかもしれません。そういった余分なアプリケーションは、アンインストールして空き容量を確保するのが賢明な判断です。Windows Server 2016/2019でプログラムをアンインストールする方法をご覧ください。

1. Windows+Rキーを押し、「control」と入力し、「OK」をクリックして、コントロールパネルを開きます。

2. ポップアップウィンドウで、「プログラムと機能」をクリックします。

3. アンインストールするプログラムを右クリックして、「アンインストール」を選択し、表示される指示に従ってアンインストールを完了します。

アンインストール

2. Cドライブから他のドライブにプログラムを移動する

Cドライブからプログラムをアンインストールしたくない場合、包括的なパーティションマネージャAOMEI Partition Assistant Serverを介して、大きなスペースを占有するいくつかのインストール済みのアプリをCドライブから他のドライブに転送することができます。さて、どのように動作するか見てみましょう(例として、CドライブからDドライブにアプリを移動する)。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

1. AOMEI Partition Assistant Serverをインストールし、起動します。メインインターフェイスで、「全てのツール」をクリックし、「アプリ引っ越し」をクリックします。

アプリ引っ越し

2. Cドライブを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

Cドライブの選択

3. Cドライブ上のすべての移行可能なアプリが表示されるので、移動したいアプリにチェックを入れて移動先を選択します。ターゲットスペースとしてDドライブを選択してから「移行」をクリックします。

移行

4. 移行中に実行中のアプリを強制終了するという警告メッセージが表示されます。問題なければ「OK」をクリックして操作を実行します。

警告メッセージ

3. Cドライブから別のドライブにページファイルを移動する

ページファイル(スワップファイル)は、デフォルトでCドライブに配置され、RAM(ランダムアクセスメモリ)を補うために使用されます。Windows ServerのCドライブがいっぱいになる問題を解決するには、ページファイルを十分な空き容量がある別のパーティションに移動します。詳細な手順を見てみましょう。

1. Windows+Rを同時に押し、sysdm.cplを入力し、OKをクリックします。

2. ポップアップウィンドウで、「詳細設定」をクリックし、「パフォーマンス」の「設定」をクリックします。

3. パフォーマンスオプションのウィンドウで、「詳細設定」をクリックし、「仮想メモリ」の「変更」をクリックします。

詳細設定

4. 「すべてのドライブページングファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックをはずし、「Cドライブ」をクリックして「ページングファイルなし」を選択します。次に、「設定」をクリックして、Cドライブのページファイルを無効にします。

ページングファイルなし

5. 次に、ページファイルを転送するドライブをクリックし、「システム管理サイズ」をクリックし、「OK」ボタンをクリックします。

注:この操作を有効にするために、マシンを再起動する必要がある場合があります。

4. 休止状態ファイルクリーナを削除する

Windows Serverは、休止状態ファイル用にRAMスペースの約半分を予約します。コンピューターのRAMが8 GBの場合、休止状態ファイルのサイズは約4 GBですから、休止状態ファイルクリーナを削除する必要があります。では休止状態ファイルを削除する手順は:

1. スタートメニューに移動し、「cmd」と入力して右クリックし、管理者として実行します。

2. 「powercfg.exe-h off」と入力して、Enterキーを押します。その後、システムドライブにさらに数ギガバイトの空き容量が表示されます。

休止状態ファイルクリーナを削除

注:休止状態を再び有効にするには、コマンドでpowercfg.exe /hibernateを実行します。

5. Cドライブのディスククリーンアップを実行する

Cドライブの一時ファイルや空のごみ箱など、不要なファイルを削除するには、以下の手順でWindows Server 2016/2019のディスクのクリーンアップを実行することができます。

1. ファイルエクスプローラーでCドライブを右クリックして、一覧表示されたオプションから「プロパティ」を選択します。

2. ポップアップ画面で「全般」タブの「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。そして、Cドライブにどれくらいの空き領域を作成できるかを計算しています。

3. 「ディスク クリーンアップ」画面が表示されるので、削除したいファイル前のチェックボックスにチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックします。

ディスク クリーンアップ

データ損失なくServer 2016/2019のCドライブを拡大する方法

前述の解決策を介して、Windows Server 2019または2016のCドライブがいっぱいになった問題を解決するために、スペースを解放することができます。或いは、AOMEI Partition Assistant Serverを利用して、データを失うことなくCドライブの容量を増やすことができます。Cドライブがいっぱいで、他のドライブ(Dドライブなど)が空の場合、ツールを使って、他のドライブからCドライブに直接空き容量を割り当てることができます。システムのハードドライブに未割り当ての領域がある場合、あなたはそれが連続していない場合でも、Cドライブに未割り当ての領域を追加するために、そのユーティリティを使用することができます。

Windows Serverで別のパーティションからそれに空き領域を割り当てることにより、Cドライブを拡大するための詳細な手順:

1. AOMEI Partition Assistant Serverをインストールし、実行します。メインインターフェイスで、十分な空き容量のあるパーティションを右クリックし、「空き領域を割り当てる」を選択します。

2. ポップアップウィンドウでCドライブに割り当てたい空き容量を調整することができます。「はい」をクリックします。

空き容量を調整

3. メイン画面に戻り、結果のプレビューが表示されます。問題なければ、「適用」→「続行」をクリックします。

適用

Windows ServerでCドライブを非連続の未割り当て領域で拡張するための詳細な手順:

1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。拡張したいパーティションを右クリックして「パーティションを結合」をクリックします。

パーティションを結合

2. ポップアップで、隣接したパーティションまたは未割り当て領域をチェックして、結合します。

未割り当て領域をチェック

3. パーティションのレイアウトをプレビューします。それは自分のニーズを満たさない場合、「破棄」をクリックして、任意の手順に戻れます。ずべてのことを確認した後、「適用」をクリックして、すべての変更を実行します。

適用

ヒント:
このソフトウェアは、Windows Server 2022、2019、2016、2012(R2)、2008(R2)、2003、およびWindows 11/10/8.1/8/7で正常に動作します。
Windows Server 2016または2019のディスクがいっぱいで、Cドライブに再割り当てできる空き領域がない場合、Windows Server 2016または2019のディスクをより大きなディスクにアップグレードすることを選択できます。OSの再インストールを行わずにシステムディスクのアップグレードを完了するには、Windows Server 2016または2019をより大きなディスクにクローンすることができます。
1つの企業内の無制限のサーバーまたはPCで上記の機能を使用するには、AOMEI Partition Assistant Unlimitedに切り替えることができます。そして、Unlimited版には「ポータブル版の作成」が搭載されており、リムーバブルデバイスにAOMEI Partition Assistantを作成することができます。

まとめ

Windows Server 2016またはWindows Server 2019のようなWindows Serverパソコンに「ディスク領域不足」警告が表示されることがよくあります。この記事では、Cドライブの空き容量を増やすために、いくつかの方法を提供しています。読者様は自分のお好み、パソコンの習慣やコンピューターの精通度に応じて選んだほうがいいと思います。

実際には、AOMEI Partition Assistant ServerはサーバやPC向け全面的なパーティション管理ソフトとして、あるパーティションから別のパーティションへの空き領域の割り当て、OSをSSDへの移行、MBRとGPTの変換など、その他の多くの高度な機能をも提供します。ご興味があれば、ぜひダウンロードしてお試してみましょう~

はい~以上でご参考になれば幸いです。