ByComnena / 最後の更新日時 2020年10月20日

シナリオ


Windows Server 2019をUSBにコピーできますか?

こんにちは。最近、新しいPCを購入しました。完全に空白です。PCでWindows Serverを使用するために、Windows Server 2019をUSBにコピーしたいのですが?誰かがそれを実行する方法を知っていますか?どうもありがとうございます。

-Microsoft.comからの質問

Windows Server 2019 ISOをUSBにコピーする理由

最近では、ブート可能なドライブを作成するために、Server 2019 ISOをUSBドライブに焼きたい人がたくさんいます。一般に、このような操作を行うには2つの目的があります:

● インストールメディアを作成します。シナリオと同様に、システムのない新しいPCを持っているか、別のPCでサーバー2019にシステムをアップグレードする必要がある場合、Server 2019をUSBに保存してインストールドライブを作成できます。
● ポータブルサーバーOSドライブを作成します。インストールすることなく、さまざまなコンピューターでWindows Server 2019環境にすばやくアクセスできます。


次に、この記事では、2つの目的に基づいてWindows Server 2019 ISOをUSBにコピーする方法を示します。

▼コンテンツ:

OSインストールのためにWindows Server 2019 ISOをUSBにコピー/書き込み

Windows Server 2019インストールメディアを作成する場合は、この部分を参照できます。

    準備:

    ◆ MicrosoftからWindows Server 2019 ISOファイルをダウンロードします。

    ◆ 8GB以上のUSBフラッシュドライブを準備します。Windows Server 2019は少なくとも4GBの容量を消費しますが、USBに書き込まれている間、ISOイメージは自動的に3GB以上のチャンクに分割されますから、余分なスペースが必要です。

    ◆ USBドライブがフォーマットされるため、その上の重要なファイルがある場合は、USBドライブをバックアップします。


OSをインストールするためにWindows Server 2019 ISOをUSBにコピーする場合は、まずDiskpartでサムドライブを起動可能にする必要があります。親指ドライブをコンピュータに挿入し、以下の手順に従ってください:

ステップ 1. 「スタート」メーニューをクリックし、検索ボックスに「cmd」と入力して検索結果を右クリックし、「管理者として実行」をクリックしてコマンドプロンプトウィンドウツールを開きます。

ステップ 2. 「diskpart」と入力してEnterキーを押し、Diskpart.exeツールを開きます。次のコマンドをすべて入力し、Enterキーを押して1つずつ実行します:

● list disk

● select disk x(xはUSBフラッシュドライブの番号です。)

● clean

● create partition primary

● select partition 1

● format fs=ntfs quick(UEFIブータブルUSBを作成する場合は、「format fs = fat32 quick」と入力します。)

● active

サーバのCMDで起動可能なUSBを作成

ステップ 3. 「exit」と入力してEnterキーを押し、diskpartコマンドウィンドウを閉じます。

USBドライブが起動可能になりました。コマンドプロンプトを閉じないでください。Windows Server 2019 ISOをマウントし、次の手順に従ってWindows Server 2019ファイルをUSBにコピーします。

ステップ 4. コマンドプロンプトで「xcopy D:\*.* E: /s/e/f」(DはISOイメージドライブ、ドライブE:はUSBドライブ文字)と入力し、Enterキーを押します。

ステップ 5. 「D:\Boot\Bootsect /NT60 E: /force /mbr」と入力して、USBドライブにブートローダーを書き込みます。

    注意:Xcopyコマンドプロセスでは、「ファイル作成エラー-パラメーターが間違っています」または「install.winが大きすぎます」というメッセージが表示されることがあります。これは、FAT32ファイルシステムの制限により、ファイルを分割したり、FAT32をNTFSファイルシステムに変換したりします。


これで、Windows Server 2019をPCにインストールできます。また、同じ手順は、Windows Server 2016、2012、2008など他のWindows Server ISOをUSBにコピーすることにも適用します。

ポータブルサーバーUSBのWindows Server 2019 ISOをコピー

上記の手順は、OSをインストールするためにWindows Server 2019をUSBにコピーする方法に関するものです。USBまたはその他の外付けHDDからWindows Server 2019を起動して実行する場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを使用してWindows ServerをUSBにインストールできます。

AOMEI Partition Assistant Serverは、「Windows To Go Creator」という名前の機能を提供します。これにより、USBドライブまたはその他の外付けハードディスクから完全なWindowsオペレーティングシステムを起動できます。そしてそれは他の同様のツールに比べて多くのハイライトを持っています:

  • Windows 10/8.1/8/7/XPまたはServer OSを認定されていないUSBフラッシュドライブに保存できます。よく知られているように、MicrosoftにはWindows To Goツールが組み込まれていますが、これはWindows 10/8.1/8 Enterprise版および特定の認定USBブランドでのみ使用できます。

  • USBとコンピューターを分離します。使い慣れた環境をさまざまなコンピュータで安全に使用できます。USBを抜くと、コンピュータは元のシステムを実行できます。

  • 少なくとも13 GBの容量が必要です。Microsoftに組み込まれているWindows To Goやその他のソフトウェアのWindows To Go機能と比較すると、USBのスペースを大幅に節約できます。

次のボタンをクリックして、AOMEI Partition Assistant Serverのデモ版をダウンロードしてお試しください。そして、手順に従って起動可能なUSBを作成します。

ステップ 1. USBドライブをWindows Serverコンピューターに接続します。AOMEI Partition Assistant Serverをインストールして開きます。左側のウィンドウで「全てのツール」をクリックし、「Windows To Go Creator」を選択します。

Win To Go Creator

ステップ 2. ここで、「インストールディスク/ISOでWindows To Goを作成」を選択し、「次へ」をクリックします。

ISOに合わせてWindowsを作成

    注意:
  • Windows Server ISOファイルがない場合は、「現在のシステムでWindows To Goを作成」を選択できます。


ステップ 3. このウィンドウでUSBドライブを選択します。表示されない場合は、更新します。

ステップ 4. 「参照(右側のフォルダ姿の青いアイコン)」をクリックして、Windows Server 2019 ISOを選択します。

サーバー2019ISOを選択

ステップ 5. 次に、選択したUSBドライブのデータを消去するプロセスが表示されるので、事前に必要なファイルをバックアップします。重要なファイルをバックアップしたことを確認し、「はい」をクリックします。そして「続行」をクリックします。

サーバー2019で続行

WINTOGO作成の進捗中

これが、Windows Server 2019 ISOをUSBにインストールして、ポータブルサーバーUSBドライブを作成する方法です。この方法は、Windows Server 2008(r2)、2012、2016、およびその他のWindowsシステムをペンドライブにインストールする場合にも適用できます。

Windows Server 2019 USBから起動

Windows 2019 ISOをUSBに書き込みまたはインストールした後、それをコンピューターに挿入してOSをインストールまたは実行できます。また、Windows Server 2019 USBからPCを起動するには、BIOS環境に入る必要があるかもしれません。以下の手順に従ってください:

ステップ 1. サーバ USBを挿入し、PCの電源を入れます。ロゴが画面に表示されたら、すぐにBIOSキーをタップします。

ステップ 2. BIOSセットアップで、矢印キーを使用して「Boot」タブを選択し、「Change boot order」を選択します。

起動順序を変更

ステップ 3. Server 2019 USBをリストされたドライブの一番上に移動し、保存してBIOSを終了します。その後、コンピュータはUSBから起動されます。

おわりに

この記事で紹介した内容は、Windows Server 2019 ISOをUSBにコピーするのに役立つことを願っています。これに加えて、AOMEI Partition Assistant Serverは他の機能も提供します。たとえば、コンピューターが起動しない場合は、それを修復するための起動可能なUSBを作成できます。

そして、会社と組織向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版があります。Server版のすべての機能をカバーし、1つの会社内で無制限に使用できるため、大幅なコスト削減が可能です。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。