ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月01日

「三浦大和」という名前をクリックすると、他のディスク管理についての文章を読めます。問題があれば、こちらへどうぞ!

Windows OSのユーザーは、ディスクとパーティションを管理するための2つのすばらしいツール、つまり「ディスクの管理」と「Diskpart」をよく知っていますね。Windowsの「ディスクの管理」は、使いやすいグラフィカルインターフェイスを提供し、マウスをクリックするだけでディスクを管理できるものであり、Diskpartは、コマンドプロンプトでディスクやパーティションをすばやく管理できるツールです。

ドライブにレターを割り当てるには、「ディスクの管理」と「Diskpart」の両方を使用できます。ドライブ文字をすばやく変更したい場合は、Diskpartユーティリティを使用したほうが簡単で効率よいです。

CMDでドライブ文字を変更する方法

ドライブレターを割り当てる、変更または削除するには、Windows 「ディスクの管理」のインターフェイスを使用するか、Diskpartのコマンドプロンプトでコマンドラインを使用します。ここで、Diskpartを使用してドライブレターを割り当てる方法を紹介します。

ステップ 1. ドライブ文字を割り当てるには、コマンドラインを開く必要があります。スタートをクリックし、検索ボックスに「cmd」と入力し、プログラムを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。あるいは、Winキー+Rキーを押し、「cmd」と入力し、Enterキーを押します。次に、「diskpart」と入力し起動します。

ステップ 2. ドライブレターを割り当てる第二歩に入り、「list volume」と入力してEnterキーを押します。ここでは、シンプルボリュームに割り当てる、変更または削除したいドライブレターの番号を知っておく必要があります。

List Volume

ステップ 3. ドライブレターを割り当てる第三歩は、「select volume n」と入力し、Enterキーを押すことです。ここでは、割り当て、変更または削除したいドライブレターのボリュームを選択できます。

Select Volume

ステップ 4. ドライブレターを割り当てる第四歩は、ドライブ文字を割り当てるか、変更する場合は、コマンドプロンプト「assign letter = R」と入力します。

Assign Letter

ドライブレターを削除する場合は、「remove letter = R」と入力します。

Remove Letter

ここまでドライブレターが既に割り当てられて、変更または削除されました。その後、「list volume」と入力して詳細が表示されます。

実際には、新しいパーティションを作成する場合は、ドライブレターを割り当てるかもしれません。そのために、まずパーティションを作成する必要があります。パーティションを作成してから、そのパーティションにコマンド「assign letter=?」と入力します。

または、非表示のボリュームがあるなら、そのボリュームにはドライブレターが付いていない場合があります。表示にするためにドライブレターを割り当てる必要があります。従って、Diskpartでドライブレターを変更する方法は少し複雑かもしれません。幸いなことに、時間をかなり省くもう一つ簡単な方法があります。

AOMEI Partition Assistantでドライブレターを割り当てる

AOMEI Partition Assistant Proは、操作しやすいグラフィカルインターフェイスでドライブレターを割り当てることをサポートしており、非常に強力なパーティションマネージャソフトです。AOMEI Partition Assistant 5.8がリリースされて以来、partassist.exeユーティリティ(コマンドプロンプト)が追加されました。このユーティリティを使用してコマンドラインでディスクやパーティションを管理できます。partassit.exeでドライブレターを割り当てるには、次に従ってください。

ステップ 1. ドライブレターを割り当てるには、まずソフトをダウンロードしてください。スタートをクリックし、「cmd」と入力し、プログラムを右クリックし、「管理者として実行」を選択し、コマンドプロンプトを開きます。あるいは、Winキー+Rキーを押し、「cmd」と入力し、Enterキーを押し、コマンドプロンプトを開きます。

そして、「cd C:\Program Files\AOMEI Partition Assistant Standard Edition 5.8」と入力し、Enterキーを押します。ドライブレターを割り当てるには、パラメータ「partassist.exe / hd:0 / setletter:0 / letter:F」を使用することができます。ここでは、非表示にされたボリュームにドライブレターを割り当てることを例として説明します。

ステップ 2. ドライブ文字を割り当てる第二歩に入り、コマンド「partassist.exe / list」と入力し、Enterキーを押します。お使いのコンピュータのディスクがすべて表示されます。

ステップ 3. ドライブレターを割り当てる第三歩では、「partassist.exe / list:1」と入力し、Enterキーを押し、ディスク1上のすべてのボリュームが表示されます。

ステップ 4. これはドライブレターを割り当てる第四歩です。「partassist.exe / hd:1 / fmt:H / fs:fat32 / label:xbox」と入力します。

PA Assign Drive Letter

Enterキーを押し、進捗が100%になるまで待ってください。実際には、この構文を使用して他のボリュームのドライブ文字を変更することもできます。しかし、ドライブレターを削除する場合は、次のパラメータを使用できます:

partassist.exe / hd:0 / setletter:0 / letter:*

    注意:

    ● AOMEI Partition Assistantは、ほぼすべてのWindowsオペレーティングシステム(OS)をサポートしています。OSesによって、適切なエディションも違います。サーバー版はWindows Server 2003/2008(R)/ 2012(R)/2016/2019向けです。標準版とプロ版はWindows XP/Vista/7/8/8.1/10などのWindows PC OS向けものです。DiskpartとAOMEI Partition Assistantの両方でコマンドラインを使用してディスクを管理できますが、AOMEIはより便利で簡単です。

    ● システムのドライブ文字は変更されるなら、システムが起動できなくなる可能性があるですので、変更しないほうが安全だと思います。変更する場合は、その対応法を知ってから、操作を実行しますね。

結論

ここまでDiskpartとAOMEI Partition Assistantのpartassist.exeユーティリティを使用してドライブレターを割り当ておよび削除しましたね。二つの方法がありますので、読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。