By Akira / 最後の更新 2021年04月28日

ブータブルUSBドライブをクローンする原因と重要性

現在、一部のユーザーは、Windows ISOをUSBメモリにクローン(コピー)する習慣があります。原因はハードドライブの障害が起こる時にコンピューターが起動できないため、それをブータブルドライブにしてコンピューターを修復します。

ブータブルUSBドライブは非常に重要であるため、バックアップ用にクローンを作成することをお勧めします。ただし、「Ctrl C + Ctrl V」(コピー&貼り付け)の方法は、ブータブルUSBフラッシュドライブのコピーには機能しません。ブータブルUSBドライブから別のUSBにすべてのデータを正常に移行した場合でも、貼り付けられた起動ファイルは無効になり、新しいドライブは後で起動しません。この記事で、Windows10 / 8 / 7コンピューターを安全に起動できるブータブルUSBドライブのクローン方法を紹介します。

USBクローンツールのオススメ

上記のように、ブータブルUSBドライブのクローンを作成するには、ブータブルドライブのクローン作成ツールを使用する必要があります。しかし、数え切れないほどの同様のソフトウェアに戸惑うかもしれません。そこで、AOMEI Partition Assistant Professionalを強くお勧めします。

このディスクマネージャーツールは、「ディスククローン」の機能を提供し、Windows10 / 8 / 7で(ブータブル)ディスク全体を別のディスクにクローンできます。マスターブートレコードを含め、ブータブルUSBドライブに保存されているコンテンツを正確にクローンできます。そして、宛先ディスクからコンピューターを正常に起動できます。USBフラッシュドライブのクローンを作成するだけでなく、SSDドライブ、HDDおよびSDカードのクローンを作成することもできます。

Windows10 / 8 / 7でブータブルUSBのクローンを作成する方法

ブータブルUSBドライブのクローンを作成するには、まず、ブータブルUSBクローンソフトウェアをダウンロードして、Windowsコンピューターにインストールしてください。次に、手順に従って、ブータブルUSBスティックのクローンを作成します。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1.AOMEI Partition Assistant Professionalを起動し、ターゲットライブを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

2.ニーズに応じてクローン方法を選択して、「次へ」をクリックしてください。

クローン方法

3.次の画面でクローン先のディスクを選択して「次へ」をクリックします。(宛先ディスク上のすべてのデータが削除されるため、必要なものはすべて事前にバックアップしてください。)

クローン先のディスク

4.次の画面でディスクのパーティションを編集することができます(後の変更も自由にできます)。編集が終わったら、「次へ」をクリックしてください。

パーティションを編集

5.「注」の内容を確認した後、「完了」をクリックしてください。

「注」

6.「適用」をクリックし、確認後に「続行」をクリックしてください。

適用

結語

この強力なブータブルUSBクローンツールを使用すると、Windowsコンピューターでブータブルディスクを簡単にクローンできます。また、OSドライブのみをSSDに転送することもできます。ブートディスクをMBRからGPTに、またはGPTからMBRにデータを失うことなく変換する、大きなパーティションを小さなパーティションに分割する、再起動せずにシステムドライブを拡張するなどの機能があります。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較