ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月03日

ケース:Bootrec / fixboot「要素が見つかりません」

コンピュータの起動時に「要素が見つかりません」というエラーが表示されるので、オンラインでソリューションを検索します。CMDでBootrec /fixbootを実行するように言われました。その後、Windows 7インストールディスクから起動し、コマンドプロンプトにアプローチします。別のトラブルに遭ったようです。どのようにして問題を解決し、私のWindows起動を正常にすることができますか?

「要素が見つかりません」エラーは、通常、Windows 7/8/8.1/10およびWindows Server 2012などの他のシステム起動の問題を修正するためにCMDで「Bootrec /fixboot」を実行しようとすると発生します。起動の問題は、ディスクの複製、システムの移行、Windowsの更新、MBRとGPTの変換などによって発生する可能性があります。問題を解決するために、「要素が見つかりません」エラーをもたらす原因を知る必要があります。

Bootrec要素が見つからない考えられる原因

一般的に、Bootrec /fixbootコマンドは、システムが起動できないことがわかったときに起動の問題を解決します。それにもかかわらず、以下の状況では機能しない可能性があります。

● システムパーティションまたはブートドライブがアクティブとしてマークされていません。

● GPTディスクに要素が見つかりません。MBRをGPTに変換すると、ブートファイルを格納するEFIパーティションが作成されます。EFIパーティションにドライブ文字がない場合、ブートすることはできません。

● ブート構成データ(BCD)ファイルが破損しています。

● ディスクのマスタブートレコード(MBR)が破損しています。

● 「要素が見つかりません」というエラーの理由を取得したら、それに応じて解決策を行うことができます。

WindowsでBootrec fixboot「要素が見つかりません」の解決方法

以下の4つのソリューションが紹介されます。WindowsインストールディスクまたはWindows修復ディスクを介してコマンドプロンプトインタフェースにアクセスできることを確認してください。

ヒント:2番目と3番目の解決策は、GPTディスクのみにBootrec fixboot要素が見つからないことを修正します。

パーティションをアクティブにする

ステップ 1. 起動可能なディスクからPCを起動します。修復オプションを選択し、コマンドプロンプトを開きます。プロンプトに「DISKPART」と入力し、次のコマンドを連続して入力します。

● LIST DISK

● SELECT DISK N(Nはブートの問題があるディスクです)

● LIST PARTITION

● SELECT PARTITION M(Mはブートドライブのドライブ文字です)

● ACTIVATE

● EXIT

ステップ 2. 修復オプションに戻って、「スタートアップ修復」を選択します。それを何回か実行する必要があるかもしれません。

ステップ 3. コマンドプロンプトで、これらのコマンドを入力して試してください。

● BOOTREC /FIXMBR

● BOOTREC /FIXBOOT

● BOOTREC /SCANOS

● BOOTREC /REBUILDBCD

ステップ 4. コンピュータを再起動します。この方法は特にWindows 8で機能します。

EFIパーティションにドライブ文字を割り当てる

BOOTMGRおよびBCDファイル(Windowsブートファイル)を含むEFIパーティションに認識されたドライブ文字がない場合は、この方法を試すことができます。

1. コマンドプロンプトを開き、指示どおりに「DISKPART」と入力します。

2. 次のコマンドを順番に入力します。

● LIST VOLUME

● SELECT VOLUME N(Nは、FAT32ファイルシステムでフォーマットされ、約100MBのサイズのEFIパーティションのドライブ文字です)

● ASSIGN LETTER=B

● EXIT

3. Bootrec fixboot「要素が見つかりません」エラーを修正するためにコンピュータを再起動してください。

BCDストアを再作成する

1. コマンドプロンプトを開き、cd /d b:\EFI\Microsoft\Bootと入力してEnterキーを押します。

2. bootrec /fixbootと入力し、Enterキーを押します。

3. ren BCD BCD.bakと入力し、Enterキーを押してBCDファイルを削除するか、名前を変更します。

4. bcdboot c:\Windows /l ja-jp /s b: /f ALLと入力し、Enterキーを押してbcdboot.exeでBCDストアを再作成します。

5. コンピュータを再起動してください。

説明:「f ALL」は、UEFIファームウェア/ NVRAMを含むBIOS設定を更新します。「/l ja-jp」は日本ロケール用にローカライズされています。

MBRを再構築する

ディスクのマスタブートレコードが破損している場合は、MBRを再構築するためのいくつかのフリーでプロフェッショナルなツールを使用できます。例えば、ディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Professionalです。WinPEでMBRを再構築するための起動可能なUSBドライブの作成をサポートしています。Windowsベースのコンピュータ上でツール--AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードし、そこでブート可能なデバイスを作成することができます。以下の手順では、Windows 7で「Bootrec fixbootの要素が見つかりません」エラーを修正しています。

1. USBメモリまたはCD/DVDディスクを正常なPCに接続します。AOMEI Partition Assistantをインストールして実行します。左側のウィザードで「ブータブルCD/USBを作成」をクリックし、ガイドとして完了します。

起動可能なメディアを作成

ヒント:起動可能メディアには、インストールされたAOMEI Partition Assistant Professionalが含まれています。

2. ブートに問題のあるブータブルメディアをPCに挿入します。BIOSで起動順序を変更してメディアから起動します。

3. ログインすると、ロードされたAOMEI Partition Assistant Professionalが表示されます。修復するディスクを右クリックし、「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

4. オペレーティングシステムのパーティションタイプを選択します。

MBRタイプを選択

5. 「適用」をクリックしてから「続行」をクリックして、保留中の操作をコミットします。後でコンピュータを再起動します。

ヒント:この方法でServer 2012にBootrec /fixboot要素が見つからないを修正するには、AOMEI Partition Assistant Serverを使用してください。

まとめ

一般に、BCDストアの破損、GPTディスクの認識されないEFIパーティション、起動されていないブートドライブ、または破損したMBRによって、Bootrec /fixboot要素が見つかりませんでした。問題を解決した後でも、コンピュータにAOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして、ハードディスクを管理することができます。たとえば、ハードディスクのエラーをチェック、修復し、予期せず災害が発生した場合に備えてチェックすることができます。OSをSSDに移行すると、スピードをアップして操作性を向上させることができます。