Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

なぜ2TB以上のパーティションを持てませんか

コンピューターに新しいディスクを接続する時、Windowsはユーザーにそれを初期化させます。MBR(マスターブートレコード)またはGPT(GUIDパーティションテーブル)をそのパーティションスタイルとして選択できます。MBRディスクの最大サイズは2TB(テラバイト)で、それは最大4つのプライマリパーティションを持てます。MBRディスクと違ってGPTディスクはそんな制限がありません。GPTディスクの最大サイズはOS(Windows XP/Vistaなどの以前の一部のWindowsバージョンはGPTパーティションスタイルを認識できません)とファイルシステムにより異なります。

Windowsに使用される最も一般的なファイルシステムはNTFSとFAT32です。FAT32はちょっと古いで、1977年にMicrosoftによって作成されました。Windows以外の多くのOSにそれも利用可能です。しかし、それは最大2TBのボリュームサイズと4GBのファイルサイズをサポートします。4GBを超えるファイルがあり、または2TB以上のパーティションを持ちたい場合、パーティションをNTFSとして再フォーマットする必要があります。NTFSはFAT32より新しいで1993年に導入されました。それはWindowsだけで動作するそうです。NTFSの最大パーティションサイズはクラスタサイズにより異なります。NTFSの最大サイズはクラスタサイズ * (2^32 -1)に等しいです。クラスタサイズのデフォルト値は4096バイトなので、NTFSの制限は16TBです。2TBファイルシステムの制限を破るためにディスクをGPTディスクに変換してそれをNTFSとしてフォーマットできます。

内蔵のツールでボリュームサイズの壁を破ります

「ディスクの管理」はディスクとパーティションを管理するWindowsの内蔵ツールです。「ディスクの管理」は完全な空のディスクだけをGPTディスクに変換できるので変換の前にディスクをバックアップしたほうがいいです。ディスクの管理を起動するために検索ボックスに「diskmgmt.msc」を入力してEnterを押すことができます。

ディスクの管理

1. 変換したいディスク上のすべてのパーティションを削除します。

2. 空のディスクを右クリックして「GPTディスクに変換」を選択します。

3. 未割り当て領域を右クリックして「新しいシンプルボリューム」を選択します。そしてウィザードに従って2TBを超えるボリュームを作成します。それはデフォルトでNTFSファイルシステムを選択します。

注意:GPTディスクにWindowsを再インストールしたいなら、マザーボードはUEFIブートモードをサポートしなければなりません。それに変換後UEFIブートモードを有効にしないといけません。

別の高度な方法

そのディスク上のデータをすべて消去したくない場合、AOMEI Partition Assistant Standardを使用できます。それはWindows 10/8.1/8/7/XP/Vistaで動作できるフリーソフトで、データ損失なしでディスクをGPTに変換できます。

1. このフリーソフトをダウンロードし、インストールして起動します。

起動

2. ディスクを右クリックして「GPTディスクへ変換」を選択します。

GPTディスクへ変換

3. 「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

4. 既存パーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。未割り当て領域を使用してパーティションを拡張します。そして指示に従って既存パーティションを拡張します。操作を終えた後、「適用」をクリックすることを忘れないでください。

パーティションはFAT32でフォーマットされた場合、「NTFS to FAT32変換器」をクリックしてパーティション上のデータに影響を与えずにFAT32をNTFSに変換できます。またAOMEI Partition Assistantを使用すると2TBファイルシステムの制限を破るだけでなく、SSDにOSを移行、ディスクをコピー、ブータブルメディアを作成、Windows to Goディスクを作成することもできます。