ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年11月11日

パーティションタイプIDについて

パーティションとパーティションの種類に精通しているパソコンユーザーがたくさんいるかもしれません。実際には、5つのパーティションタイプがあります:プライマリ、拡張ファームウェアインターフェイス(EFI)、拡張、論理、およびMicrosoft予約パーティション(MSR)。では、パーティションタイプIDは何ですか?

パーティションタイプIDは、パーティションに含まれるファイルシステムを指定したり、パーティションへのアクセスに使用される特別なアクセス方法にフラグを立てたりするためのバイト値です。

そのパーティションを利用しているファイルシステムの種類のことです。マスターブートレコード(MBR)のパーティションテーブルに書かれています。

MBRディスクの場合、タイプフィールドの値は16進形式です。MBRベースのパーティションでよく使用されるタイプIDは次のとおりです:

  • 0x01 FAT12

  • 0x04 FAT16、32 MB未満

  • 0x06 FAT16、32 MBより大きい

  • 0x07 NTFS

  • 0x0B FAT32、DOSおよびWin95で使用

  • LATモードを使用してFAT32パーティションにアクセスする0x0C FAT32

  • LBAモードを使用してFAT16パーティションにアクセスする0x0E FAT16

GPTディスクの場合、タイプフィールドの値は長い文字列です。認識されるGUIDは次のとおりです:

  • EFIシステムパーティション:c12a7328-f81f-11d2-ba4b-00a0c93ec93b

  • 基本データパーティション:ebd0a0a2-b9e5-4433-87c0-68b6b72699c7

  • 詳細...

パーティションタイプIDを変更したいのはなぜですか?実は、タイプIDの変更は、システムがパーティションを使用または初期化するのを防ぐ良い方法です。Windows 10/8/7でパーティションタイプIDを効率的に変更する方法をお読みください~読者様!

[超簡単]Windows 10/8/7でパーティションタイプIDを変更

ここでは、Windows 10でパーティションタイプIDを変更するための2つの効率的なソリューションを紹介します。同じ方法でWindows 8/7でパーティションタイプIDを設定できます。

解決策1:強力なユーティリティを使用してパーティションタイプIDを変更

信頼性の高い専用ユーティリティを使用すると、時間と労力を大幅に節約できると思います。読者様の時間を節約するために、ここで2500万人数ユーザから好評されている専門ソフトAOMEI Partition Assistant Proをお勧めします。このソフトは、パーティションの移動、結合、分割やサイズ変更などをサポートする万能のパーティションマネージャーです。また、ディスク変換機能も提供しますね。例えば、ダイナミックディスクからベーシックディスクへ変換、GPTディスクからMBRへ変換、MBRディスクからGPTへ変換、レガシーからUEFIへ変換など。

Windows 10/8/7/Vista/XPなどのすべてのWindows PCオペレーティングシステムをサポートします。ここでAOMEI Partition Assistant 無料版を使用してパーティションタイプIDを変更することができます。以下の手順に従ってください:

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant 無料版をインストール、起動します。パーティションタイプIDを変更したいドライブを右クリックし、[詳細設定]→[パーティションタイプIDを変更]を順に選択します。

パーティションタイプIDの変更

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、新しいパーティションタイプIDを選択し、[はい]をクリックして変更を保存します。

新しいパーティションタイプIDを選択

ステップ 3. 適用]、[続行]をクリックして操作をコミットします。

進む

パーティションタイプIDの変更を実行

    ノート:

  • AOMEI Partition AssistantのGPTディスクパーティションでは、パーティションタイプIDの変更機能は利用できません。

  • ただし、GPTディスクとMBRディスクの間で変換することは許可されています。

  • プログラムはパーティションタイプIDを変更している間はファイルを削除しないため、データの損失を心配する必要はありません。

解決策2:Diskpartを使用してパーティションタイプIDを設定

一部の読者様はコマンドラインを使用することを好むかもしれません。では次の手順でDiskpart SET IDコマンドを試してください。

1. Windowsキー+キーを合わせて押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。diskpartと入力して[OK]をクリックするか、Enterキーを押してDiskpart.exeを実行します。

2. list volumeと入力して、Enterキーを押します。

3. select volume#(例:volume 8)と入力し、Enterキーを押して、パーティションタイプIDを変更するボリューム/パーティションを選択します。

4. set id=#(例:id = 0B)と入力し、Enterキーを押して新しいパーティションタイプIDを設定します。

★ ヒント:16進数のパーティションタイプを指定する場合、IDの先頭の「0x」は省略されます。

5. exitと入力し、Enterキーを押してDiskpart.exeを終了します。

Diskpart

結論

Windows 10/8/7でパーティションタイプIDを変更する2つの効率的な方法を学びました!パーティションタイプIDの設定とは別に、AOMEI Partition Assistantを使用して、マイクロSDカードSamsungの書き込み禁止を解除し、認識されない外付けディスクを修復できます。このツールを使用すると、ディスクパーティションの殆どの問題を解決できます。もし読者様は自分の仕事を効率よくさせるか、生活をより便利にさせるなら、このツールを使用してみることをお勧めします。

サーバユーザもその対応のバージョンサーバ版を使用することができます。より詳細はこちらへぞうぞ!(*^__^*)~