ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月01日

なぜ外付けHDDをクローンしますか?

事例:私は、たくさんのファイルを含み、多くのプログラムがインストールされている500GB Samsung外付けHDDが持っています。破損したときにデータの損失を避けるために、Windows 10で別の1TB外付けHDDにそれをクローンしたいです。オススメのプロなHDDクローンソフトがありますか?教えてください。

この例示のように、データ損失を避けるために外付けHDDから外付けHDDにコピーしたいユーザがいますね。とにかく、HDDのクローンの理由は通常次の三つです:

● データを保護するためにHDDをクローン(上のように)

ここではたくさんの事故があってデータ紛失を起こします。HDDを既にコピーしたら、どんな事故が起きても、データは安全です。データが失われると、ソースディスクからクローン先のHDDに置き換えればいいです。

● 古いHDDを交換するためにHDDをクローン

HDDを使用すればするほど、それは古く感じていくかもしれません。あるいは、お使いのHDDはもっと多くのデータを格納するために十分な容量がありません。それで古いHDDを新しいHDD又はより大きなHDDに交換する必要があります。

● HDDをSSDにアップグレードするためにHDDをクローン

すべてのコンピューターユーザーはSSD(ソリッドステートドライブ)がHDD(ハードディスクドライブ)より優れた性能を持つことを知っているでしょう。そのため、より多くの人はHDDをSSDにアップグレードしてより良い性能を得るためにHDDからSSDにコピーしようとします。

どんな方法で外付けHDDをクローンしますか?

    ★ディスクパーティション管理ソフトのオススメ★

    AOMEI Partition Assistant Professionalは、様々な機能を備えています。他のソフトと比べてAOMEI Partition Assistant Pro版は強力であるし、安全です。例えば、Windows10でCドライブを拡張するには、データを失うことなくパーティションを作成、リサイズ、移動、結合や分割することができます。ただ数回クリックだけで完了できるので、ずいぶん時間を節約できます。ちなみに、AOMEI PA ProはHDD/SSDへOSを移行、Windows 10/8/7でブータブルUSBを作成、MBRを修正するような新機能も提供します。

    ● ダイナミックディスクの変換、GPT/MBRの変換、OSやデータをSSDに移行などの機能を使用できる。

    ● SSDの完全消去などのような高度な機能を利用できる。

    ● Windows10、Windows8.1、Windows8、Windows 7、Vista、XP(32ビット版と64ビット版)に対応する。

    注意:Windowsサーバシステムを使用している場合はServer版のほうがより適当だと思います。

このソフトが次の三つ特徴を備えています:

操作性:ユーザにとっては(パソコン初心者でも)、HDDクローンソフトの便利性はとても重要なことです。このソフトは操作しやすいです。

互換性:ソフトは1種類のシステムにしか適していないなら、そのシステムをアップグレードまたはダウングレードすると、ソフトは無効になります。このソフトの互換性が高いです。

多様性:優れたソフトはたくさんの機能を提供し、ユーザーのさまざまな要求を満たします。このソフトはディスク管理についての殆どの問題を解決することができます。

その上に、このソフトは外付けHDDのクローン向け機能「ディスクの高速クローン」(使用済みセクターだけ)と「セクター単位のクローン」(すべてのセクター)という二つのコピー方法を提供します。さらに重要なのは、内蔵システムディスクをSSD/HDDにクローンできるため、システムディスクをSSDにアップグレードする場合は、Windowsと他のすべてのアプリケーションの再インストールを行わなくてもいいことです。

どのように外付けHDDをクローンしますか?

    ヒント:転送先の外付けHDDのすべてのデータがこのプロセス中に消去されることを認識する必要があります。データの損失に悩まされたくない場合は、事前にバックアップを作成してください。


準備をしてきたあと、下記の手順に従って、Windows 10/8/7でHDDからHDDへクローンを作成しましょう。(例えば、小容量SDDへHDDをクローンします。)

手順 1. この素晴らしいソフトAOMEI Partition Assistantを実行して、メインインターフェイスで表示されるディスクの一つを右クリックして、「ディスククローン」を選択します。小容量SSDへクローンするには、「ディスクの高速クローン」を選択します。

外付けHDDをクローン

    ● ディスクの高速クローン :ソースディスク上の使用済み領域をクローンします。大容量のソースディスクを小容量のターゲットディスクにクローンする場合、ターゲットディスクの空き容量はソースディスクの使用済み容量より大きいか等しい必要があります。

    ● セクター単位のクローン:すべてのセクタをターゲットディスクにクローンします。ターゲットディスクの容量は、ソースディスクの容量以上にする必要がありますが、時間がかかります。ご希望のように選択してよろしいと思います。

クローンの二つ方法

手順 2. ソースディスクが手順1で右クリックで自動選択されました。ターゲットディスクを選択画面で、ターゲット場所をクリックして選びます。ターゲットディスクがSSDの場合は、下の「SSDの性能を最適化」にチェックを入れて、SSDのアライメントを確認し、調整できます。「次へ」をクリックします。

クローンのターゲットディスクを選択

    NOTE:ターゲットディスクを選択する場合、次の警告が表示されるかもしれません。データ損失を予防するために、その上の大切なデータを予めバックアップすることをお勧めします(安全のためにもう一度オススメ)。もしそんなことをしたくないなら、未割り当て領域をクローン先として選択したほうがいいと思います。

データバックアップの警告

手順 3. その後、ターゲットディスク上のパーティションを調整するオプションがあります。三つのオプションがあって、状況によって選んでください。

クローン先のパーティションを調整

    補足:ここでは、3つのオプションがありますけど、ターゲットディスクがより小容量の場合、「コピー先に合わせる」を選択しかできません。


手順 4.
メインインターフェイスに戻り、操作を実行するには「適用」ー「続行」をクリックます。

外付けHDDのクローンを確認

外付けHDDのクローンを実行

    ▼注意:

    ● Windows 10/8/7でシステムディスクをディスクにクローンするには、再起動が必要です。

    ● GPTディスクをMBRまたはMBRディスクからGPTにクローンした後、BIOS環境でレガシーモードを有効にするか、レガシーモードからEFI/UEFIブートモードへ変換する必要があります。

    ● Windows Server OSでHDDをHDDにクローンしたい場合は、Server版の使用は必要となります。

    ● 交換の場合は、移行が完了した後、まずクローン先のSSDを取り外します。そしてコンピューターをシャットダウンします。今は手動で古いHDDを新しいSSDに交換する時間です。交換を行う前にバッテリーを外す必要があるかもしれません。こういう時、用意したねじ回しを使用してノートパソコンの裏蓋またはPCケースのネジを緩めることができます。

    ● 問題があるなら、コンピューターHDD換装についてのスクリーンショットがある詳細な手順をGoogleで検索できます。全ての操作が完了したらクローン先のSSDから起動します。

結論

ここまでWindows 10/8/7で外付けHDDをクローンする方法を紹介しました。一つのツールでただ四つステップを行ってから、問題を解決し、困っていることを解消できます。もしご参考になれば、幸いです!

もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]