By Asher / 最後の更新 2022年01月17日

なぜ容量の大きいSSDにクローンするのか?

SSDに関しては、多くの人が最初に読み取り/書き込みの速度が速く、パフォーマンスが優れていると考えています。はい、SSDにはHDDに比べて多くの利点があり、多くの人がHDDをSSDに交換しようとしています。ただし、SSDは理論的に、同じ値段のHDDより小さいため、SSDのストレージスペースが十分でない場合があります。

SSDストレージスペースが使い果たされると、システムの速度が低下し、コンピューターがフリーズし始める場合があります。これらの問題を回避するために、小容量SSDから大容量SSDにアップグレードして、十分なストレージスペースを確保することをお勧めします。

SSD

大容量SSDにクローンするか?クリーンインストールするか?

新しい大きなSSDを入手し、小さなSSDを交換することを決定した後、クリーンインストールを実行するか?またはSSDを容量の大きいSSDにクローンしますか?どちらを選択しても、ほとんどの状況によって異なります。

クリーンインストールとは、準備したインストールメディアを使用してオペレーティングシステムを再インストールしてから、これまで使っていたすべてのアプリケーションを再インストールし、プリファレンスを元の値にリセットする必要があることを意味します。ご覧のとおり、SSDのクリーンインストールは文字通り時間がかかります。

もっと簡単にするために、小さいSSDを大きいSSDに複製する方が良い解決策かもしれません。このように、オペレーティングシステム、アプリケーション、プログラムを含むすべてのものを、再ダウンロードして再インストールすることなく、新しいSSDに直接コピーするだけで済みます。

データ損失なしで容量の大きいSSDにクローンする方法

一部のSSDには、ディスククローン作成ソフトウェアが組み込まれています。たとえば、Acronisによって開発した統合ソフトウェアスイートSeagate Diskc Wizardは、Seagateディスクを1つから別のものにクローンすることができます。ただし、このようなソフトウェアは通常、自社ブランドのハードドライブのクローンにしか対応しておらず、クローンを作成できないなどの問題が発生する可能性があります。したがって、より信頼性の高い代替ソフトウェアを見つける必要があります。

AOMEI Partition Assistant Professionalというパーティションマネージャーは素晴らしい選択です。これは、Windows 11/10/8.1/8/7/XPおよびVista用の強力なハードドライブクローン作成ソフトウェアです。Samsung、SanDisk、Intel、Kingston、Crucialなどを含むすべてのブランドのSSDをサポートします。

このソフトウェアを使用すると、小さいSSDを大きいSSDに複製できます。逆に、ターゲットディスクがソースSSDの使用済みセクタを格納するのに十分なストレージスペースがある限り、「ディスクの高速クローン」コピー方法を使用して、大きいSSDを小さいSSDにクローンすることもできます。一方、ディスククローンに加えて、このソフトウェアは、失われたパーティションの復元MBRからGPT SSDへのクローン、1つの場所から他の場所へのアプリ移行など、他の便利な機能も提供します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。
★注意:
ターゲットディスク上のすべてのデータが消去されるので、重要なデータがある場合は、クローンを作成する前にこれらのファイルをバックアップしてください。
AOMEI Partition Assistantの「OSをSSDに移行」機能を使用して、SSD全体ではなく、ブート関連のパーティションのみをより大きなSSDにクローンすることが可能です。

ステップ 1. 大きいSSDをコンピューターに接続し、検出できることを確認します。AOMEI Partition Assistantをインストールして実行します。メインインターフェイスで「全てのツール」>「ディスククローン」を選択します。

ディスクコピーウィザード

ステップ 2. ポップアップダイアログボックスで、「ディスクの高速クローン」を選択します。

ヒント:

ディスクの高速クローン:使用済みの領域のみを別のディスクにクローンし、パーティションのサイズを調整できます。1TB HDDを500GB SSDにクローンするなど、大きなディスクを小さなディスクにクローンする場合は、この方法が最適です。

セクタ単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクターを別のディスクにクローンします。

ディスクの高速クローン

ステップ 3. ソースディスクとして小さなSSDを選択し、「次へ」をクリックします。

ステップ 4. ターゲットディスクとしてより大きなSSDを選択し、「SSDの性能を最適化」を選択して、必要に応じてSSDパーティションを自動的に調整できます。次に、「次へ」をクリックします。

クローン先のディスクを選択

ステップ 5. ここで、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを編集できます。

ディスクを編集

注意:ターゲットディスクからオペレーティングシステムを起動する方法に関するメモが表示され、これを覚えて、「完了」をクリックしてください。

完了

ステップ 6. メインインターフェイスに戻り、「適用」>「続行」をクリックして、小さいSSDから大きいSSDディスクへのクローン作成を実行します。

ディスククローンの確認

補充:

小容量SSDから大容量SSDに複製した後、ターゲットSSDから起動するには、PCを再起動し、起動プロセスに特定のキー(通常はF1、F2、またはEsc)を押し続けてBIOSに入り、起動順位を変更する必要があります。古くて小さいSSDの場合、大きいSSDが正常に動作していることを確認した後、小さいSSDを消去するか、再フォーマットできして、データストレージのセカンダリハードドライブとして使用できます。

クローン作成後にSSDの容量が小さくなったのはなぜか?

上記は、小さいSSDを大きいSSDにクローンする方法です。ただし、一部のユーザーは、クローンした後、大きいSSDの容量が小さくなることに気付きます。なぜ?そしてどのように修正するのですか?ここでは、理由と対応する解決策を次のようにリストします。

原因 1. 小さいSSDを大きいSSDに複製すると、余分な領域がディスクの管理で未割り当て領域として表示され、Windowsファイルエクスプローラーではそのような領域が表示されません。そのため、SSDの容量は実際のサイズよりも小さいことがわかります。

解決策 1. 未割り当て領域を使用して新しいパーティションを作成するか、「パーティションを結合」機能を使用して未割り当て領域を別のパーティションに追加できます。

原因 2. ターゲットSSDが2TBを超え、MBRパーティションスタイルの場合、MBRディスクがサポートする最大ディスクサイズが2TBしかないため、余分な領域を使用することができません。

解決策 2. SSDの容量を最大限に活用できるように、SSDをGPTに変換する必要があります。

原因 3. 小さいSSDを大きいSSDにクローンする時、回復パーティションにより、クローンソフトウェアがCドライブのサイズを正しく変更(拡張/縮小)できなくなります。これが発生すると、ディスク容量の大部分を占める回復パーティションが作成され、一般的な回復パーティションより10~15GBほど大きくなります。また、回復パーティションはWindowsファイルエクスプローラで常に表示されるわけではありません。

解決策 3. 無料のAOMEI Partition Assistantを試して、回復パーティションのサイズを変更します。

まとめ

どのように容量の小さいSSDを容量の大きいSSDにクローンしますか?すでに答えを知っていると思っています。データを失うことなく容量の大きいSSDをアップグレードするには、ディスククローンが一番良い方法です。この投稿では、強力かつ多機能のディスククローンソフトであるAOMEI Partition Assistant Professionalを紹介します。これは、わずか数ステップで小さいSSDから大きいSSDにデータを転送するのに役立ちます。サーバーでこのソフトウェアを使用するには、AOMEI Partition Assistant Serverを試すことができます。