Byゆき / 最後の更新日時 2020年06月19日

どうしてSSDをHDDへクローンします?

SSDは、優れた性能を持っているし、手頃な価格になってきたため、近年日本でも大変人気が高まっています。OSを再インストールせず、今まで使用していたHDDをSSDへクローン・コピーして交換・換装するのは珍しいことではないです。しかし、その逆にSSDからHDDへクローンしたい人がいますか?SSDからHDDへクローンする必要がありますか?次は、SSDをHDDにクローンする2つの主な理由を説明します。

●まずは、データセキュリティのためにSSDをHDDへクローンするかもしれません。古いHDDをSSDにアップグレードした後、OS、個人情報やお気に入りゲームなどすべてはSSDに保存されています。これらの重要なデータを二重に守るためにSSDのデータをHDDにクローン・コピー・移行・複製すると考えられています。クローン先のHDDをバックアップとしてほかの安全な場所に置いておけば、SSDが壊れてしまったとき、復元を実行せずHDDに替えて直接使用できます。手間や時間を節約し、より効率的かつ便利になります。

●そして、大容量のストレージを使用する必要があるときはSSDをHDDへクローンするのは良い選択肢です。一般的にHDDの容量はSSDよりも大きいです。ストレージ容量を拡張したい場合、Windows10/8/7でSSDをHDDへクローンしたほうがいいです。

    確かにSSDのデータ転送/読み書き速度が速いですが、欠点もあります。例えば、容量あたりの単価が高いこと(低価格化は進んでいるものの、HDDと比べると高く、同じ1TBのHDDとSSDが約5~6倍程度の価格差がある)、HDDに比べると寿命が短いこと(データの書き込み回数が多いほど寿命が短くなる)(データの保持期間が有限のため、永久にデータを保存できない)、故障してしまうとデータの完全な復旧は難しいことです。そのため、時にはSSDをHDDにクローンする必要があります。

どのようにSSDをHDDへクローンします?

HDDへSSDのクローンを作成するAOMEI Partition Assistant

現在のWindowsパソコンにはクローン機能が標準搭載されていないため、SSDをHDDへ正常にクローンするために第三者ソフトウェアを利用する必要があります。ここでは、強力なディスクパーティション管理ツール「AOMEI Partition Assistant Professional」を強くお勧めします。

その分かりやすい「ディスククローンウィザード」に従って、パソコン初心者でもSSDをHDDへ簡単かつ迅速にクローン・コピーすることができます。それだけでなく「ハードディスクを消去」「不良セクタをチェック」「パーティションを分割」「空き領域を割り当てる」など、ディスクやパーティションをうまく管理するための多くの機能も備えています。ユーザの時間と労力を大幅に軽減することができます。

今すぐこの最適なソフトをダウンロードして試してみませんか?きっと気に入っていただけると思います。

無料体験

Win 10/8.1/8/7/XP

もっと高度な機能を楽しみましょう!

Windowsを再インストールせずSSDをHDDにクローンする方法

  • 1. クローン先となるHDDをPCに接続し、Windowsで認識できることを確認します。

  • 2. AOMEI Partition Assistantをインストールして開きます。左側の「全てのツール」→「ディスククローン」ウィザードをクリックします。ディスククローンウィザード

  • 3. 次には「ディスクの高速クローン」か「セクタ単位のクローン」か、一つのクローン方法を選択して「次へ」をクリックします。 ディスクの高速クローン

  • 4. ソース(クローン元)ディスク、即ちSSDを選択して「次へ」をクリックします。ターゲットディスクの選択

  • 5. ターゲット(クローン先)ディスク、即ちHDDを選択して「次へ」をクリックします。※注:「ディスクの高速クローン」を選択した場合には、ここでHDD上のパーティションを好きなように編集することができます。ディスクのパーティション編集

  • 6. 仮想的な結果が表示されるので、確認して問題なければ「適用」をクリックします。適用

  • 7. 最後は「続行」をクリックして、SSDをHDDにクローンする操作を実行します。続行

ヒント: ●「セクタ単位のクローン」を選択した場合は、クローン完了後にAOMEI Partition Assistantを使用してデータを失うことなくSSDのパーティションサイズを変更することもできます。
●AOMEI Partition Assistantの「ディスククローンウィザード」を利用してSSDへHDDのクローンを作成することもできます。
●SSDにクローンする時に「SSDの性能を最適化」にチェックを入れたら、AOMEI Partition Assistantが自動的にパーティションアライメントを調整します。
●クローン作成後にHDDから起動したい場合は、以前のSSDをパソコンから取り外してからHDDを取り付けるか、BIOSでドライブの起動順位を変更して、HDDを一番最初に読み込むように設定します。

まとめ

AOMEI Partition Assistant Professionalを使用すると、数回クリックだけでWindows 10/8/7/XP/Vista(32&64ビット)再インストールせずSSDをHDDにクローンすることができます。Windows Server 2012(R2)、2016、2019などのサーバを使用している方は、AOMEI Partition Assistant Server版を選択することができます。また、台数無制限のPC&サーバで利用可能なAOMEI Partition Assistant Technician版もあり、有料サービスを他人や他社に提供できるので、企業や技術者にとって役立つと思います。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。