By Comnena / 最後の更新 2021年04月27日

MBRをUEFIに変更できますか?

厳密に言えば、MBRはパーティションテーブルであり、UEFIはブートモードであるため、MBRをUEFIに変更することはできません。

MBRは、ディスク情報を保存する方法と場所を説明するために使用されるマスターブートレコードの略語です。MBRが破損していると、コンピューターでOSを取得できません。そして、もう1つのパーティションはGPTです。これは、多くの状況でMBRより新しく、より優れています。

UEFIとレガシーBIOSは、異なるプロセスを使用してコンピューターを起動します。UEFIはBIOSの後継です。そして通常、MBRディスク+BIOSブートモードとGPTディスク+UEFIブートモードは主に使用される2つの組み合わせです。

次に、MBRとGPT、BIOSとUEFIの詳細を示し、MBRをGPTに変換し、BIOSをUEFIに変更する方法を示します。

レガシーBIOS&UEFI

レガシーBIOSは、起動プロセス中にPCのハードウェアを初期化するために使用される非常に重要なファームウェアです。また、BIOSが起動に必要なすべてのコンポーネントをアクティブ化するまで、コンピューターは正常に起動しません。

数十年のサービスの後、レガシーBIOSは徐々に新しいファームウェアであるUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)に置き換えられています。これは使いやすいものです。UEFIは、多くの点でレガシーBIOSよりもはるかに優れています。

  • 互換性の向上:UEFIは新しいパーティションテーブルであるGPTとうまく連携しますが、BIOSはGPTディスクからのWindowsの起動をサポートできません。

  • 大容量のサポート:UEFIモードでは、大容量のディスクを使用できますが、BIOSでは2TBを超えるディスクをサポートできません。

  • 高速:UEFIブートプロセスはBIOSよりも高速です。UEFIはオペレーティングシステムを直接ブートし、BIOSテストプロセスを保存します。BIOSは最初にハードウェアをウェイクアップし、次にブートローダーをロードしてWindowsを初期化します。

MBRをUEFIに変換する必要がある理由

BIOSとUEFIの違いをご存知でしょうが、MBRとGPTについて簡単に紹介しています。これらは異なるパーティションテーブル形式であり、GPTはMBRの後継であるため、MBRに比べて多くの利点があります。

  • GPTは2TBを超えるサイズのディスクをサポートしますが、MBRはサポートしません。

  • GPTディスクは最大18エクサバイトのボリュームとディスクあたり128パーティションをサポートしますが、MBRディスクはサイズが2TB、最大で4つのプライマリパーティションをサポートします。

  • GPTパーティションディスクには、パーティションデータ構造の整合性を向上させるための冗長プライマリパーティションテーブルとバックアップパーティションテーブルがあります。

UEFIはMBRとBIOSをサポートできますが、ディスクをより有効に使用したい場合は、UEFIでのGPT作業が適しています。また、2TBの制限を超えます。次に、MBRをGPTに変換し、レガシーBIOSをUEFIに変換する方法を示します。

✎ヒント:MBRとGPTの詳細については、このリンクをクリックしてください:MBRとGPTの違い:どちらがあなたに適する?

MBRをGPTに変換する方法は?

MBR(レガシー)をGPT(UEFI)に変換する前に、次のことを行う必要があります。

手順 1. コンピューターがWindows64ビット7、Windows 8/8.1、またはWindows10オペレーティングシステムで実行されていることを確認します。

手順 2. コンピューターがBIOSとUEFIの両方をサポートしていることを確認します。わからない場合は、「Win + R」を押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「msinfo32」と入力してシステム情報を開きます。また、「BIOSモード」を調べて、PCがレガシーBIOSとUEFIの両方をサポートしているかどうかを確認します。

mbr uefi 変換

Windowsを再インストールせずにレガシーBIOSをUEFIに変換するには、まずMBRをGPTに変換する必要があります。コンテキストに従ってください。MBRをGPTに変換する方法は2つあります。

インストールCDを使用してMBRをGPTに変換する

インストールCDがある場合は、Diskpartを使用してMBRをGPTに変換できます。

手順 1. インストールCDをコンピューターに挿入し、CDからコンピューターを起動します。

手順 2. 次に、「shift + F10」を押して、コマンドプロンプトを開きます。

Diskpartウィンドウで、以下のコマンドを入力し、1つずつ実行します。

list disk

select disk 1(システムディスクのディスク番号。通常はdisk 1です)

clean

convert gpt

mbr uefi 変換

Diskpartは、コンピューターの専門家がファイルシステムを変換するための優れた方法です。ただし、CDをインストールしない場合があります。さらに、ディスク上のすべてのデータが消去されるため、初心者にとっては複雑です。操作を取り消すことができないため、予期しないミスが発生すると、おそらくいくつかの問題が発生します。

インストールCDなしでMBRをGPTに変換する

幸いなことに、AOMEI Partition Assistant Professionalという優れたツールがあります。このソフトウェアを使用すると、Windowsシステムを再インストールしたり、パーティションやデータの損失を削除したりすることなく、MBRをGPTに変換できます。デモ版をダウンロードして具体的な手順を見てみましょう。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして開きます。システムディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

mbr uefi 変換

手順 2. GPTディスクをMBRディスクへの変換操作を確認すると、「はい」をクリックします。

mbr uefi 変換

手順 3. AOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスで、「適用」をクリックして変換を開始します。

mbr uefi 変換

そして、操作が完了するのを待ちます。その後、「このPC」に移動して「プロパティ」を開くと、パーティションテーブルがGPTになっていることがわかります。

レガシーBIOSをUEFIに変換する方法は?

MBRをGPTに変換した後、手順に従ってBIOSをUEFIに変更します。

手順 1. コンピューターを起動し、ファンクションキー(通常はF1、F2、F3、F10、またはF12、ESC)を押して、最初の画面が表示されたらファームウェアインターフェイスに入ります。ファンクションキーはコンピューターごとに異なります。見つからない場合は、取扱説明書またはGoogleを参照してください。

手順 2. 「Boot」タブで、「UEFI/BIOS Boot Mode」を選択し、「Legacy」を「UEFI」に変更します。次に、ファームウェアインターフェイスを保存して終了します。

mbr uefi 変換

まとめ

これは、MBR(レガシー)をGPT(UEFI)に変換する方法についてです。さらに、AOMEI Partition Assistantを使用すると、フォーマットせずにファイルシステムをFATからNTFSに変換したり、ハードドライブにランダムデータを入力したり、OSをMBRからGPTディスクに、またはGPTからMBRディスクに移行したりすることもできます。

Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを使用してMBR(レガシー)をGPT(UEFI)に変換する必要があります。