ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年10月26日

「AOMEI」という名前をクリックすると、他のディスク管理についての文章を読めます。問題があれば、こちらへどうぞ!

MBRディスクとGPTディスク

MBRは、mater boot record(マスターブートレコード)の略語です。標準のBIOSパーティションテーブルを使用します。ディスク上に最大4つのプライマリパーティションのみをサポートします。パーティションをさらに作成する場合は、プライマリパーティションの1つを拡張パーティションに変換して、より多くの論理パーティションを作成することができます。またMBRディスクは、FAT32ファイルシステムで単一パーティションあたり最大2TBしかサポートしません。より大きいディスクを使用したい場合は、MBRを推薦しません。

GPTは、Globally Unique Identifier(GUIDパーティションテーブルディスク)の略語です。拡張できるファームウェアインタフェース(EFI)を使用します。ディスク上に4つ以上のパーティションをサポートし、1つのパーティションにつき2TBの制限を打ち破ることができます。現在、特別機能があるので、GPTを使用したいと考えているユーザーが多くなります。ただし、時々GPTディスクをMBRディスクに変換する必要があります。例えば、Windows 95/98/ME、Windows NT4、Windows 2000、Windows 2003 32ビットおよびWindows XP 32ビットはGPTパーティションをサポートしていないため、GPTディスクはMBRディスクに変換されないなら認識されません。

★「MBRとGPTの違い:どちらがあなたに適する?」を読んでMBRとGPTの違いについての詳細をもっと知る!

DiskpartコマンドでGPTからMBRにディスクを変換する

Windows 10/8/7などでDiskpartを使用してGPTからMBRにディスクを変換する方法は何ですか?まず、Diskpartコマンドラインプロンプトを開きます。「スタート」ボタンをクリックし、検索ボックスに「cmd」と入力し、プログラムを右クリックし、「管理者として実行」を選択し、プロンプトを開き、「diskpart」と入力し、「Enterキー」を押し、Diskpartプログラムを開きます。次に、構文を使用してGPTディスクからMBRディスクに変換できます。ここでは、ディスク1をMBRディスクに変換することを例とします。

ステップ 1. Diskpartコマンドに「list volume」と入力し、GPTディスクにボリュームがあるかどうかを確認します。次に、すべてのボリュームが表示されます。

ステップ 2. list disk」と入力し、「Enterキー」を押します。ここで、コンピュータ上のディスクがすべて一覧表示されます。ここで変換するディスクを覚えておいてください。

ステップ 3. select disk 1」と入力し、「Enterキー」を押し、ディスクが選択されます。

ステップ 4. ディスクを選択した後、Diskpartコマンド「convert mbr」と入力し、「Enterキー」を押し、GPTからMBRディスクに変換します。

DiskpartコマンドでMBRをGPTに変換

GPTをMBRに変換するのは非常に簡単そうです。勿論、MBRをGPTに変換することも同じです。しかし、ディスクが空でボリュームを含まない場合のみに、ディスクをGPTからMBRに変換することができます。ディスクにデータまたはボリュームがある場合は、変換する前に、データをバックアップし、パーティションまたはボリュームを削除してください。

AOMEI PAでGPTからMBRにディスクを変換する

パソコン内蔵機能のDiskpartコマンドまたは「ディスクの管理」を使用してMBRを変換すると、管理者またはBackup Operatorsの一員でなければならないという同じ問題が発生します。こんな場合、ディスク管理ソフトAOMEI Partition Assistant Proを使用してGPTディスクをMBRディスクに変換する方法をお勧めします。この方法は、パソコンについてよく知らないユーザにもパソコンに精通しているユーザにも適しています。AOMEI Partition Assistant Proはデータを破壊することなくMBRとGPTの間でディスクを変換することをサポートし、4つ以上のプライマリパーティションのあるGPTディスクをMBRディスクに直接変換することもサポートします。

ステップ 1. まず、AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、起動します。GPTディスクを選択し、左側のコントロールパネルのディスク処理で「MBRディスクに変換」をクリックするか、GPTディスクを右クリックし、ドロップダウンメニューから「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクへ変換

ステップ 2. 次に、GPTディスクからMBRディスクに変換するかどうかを尋ねるウィンドウが表示されます。「はい」をクリックし続行します。

gptをmbrに変換する確認通知

ステップ 3. その後、GPTディスクがMBRに変換されるプレビューがあります。保留中の操作を確認後、ツールバーの「適用」をクリックします。

適用

ステップ 4. 適用」をクリックすると、操作全体が表示され、問題がなければ、確認し、「続行」をクリックして「GPTをMBRディスクに変換」操作が行われます。

GPTをMBRディスクに変換操作が行われる

GPTをMBRに変換するためにシステムを再起動しないといけないので、コンピュータがシャットダウンすると落ち着いてくださいね、読者様!システムを起動可能にするには、BIOSに入る必要があります。

※注意:サーバを使用している読者様は、このソフトのServer版を体験したほうが適当だと思います。

結論

ここまで、GPTディスクをMBRディスクに変換しました!おめでとうございます(*´∀`*)!合わせて二つの方法を紹介しました。一つはDiskpart、もう一つはAOMEI Partition Assistantです。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。