By ゆき / 最後の更新 2022年01月19日

MBRディスクとGPTディスクについて

MBRディスクとGPTディスクでは、パーティションを管理する仕組みが違います。

MBR(マスタブートレコード)は古いパーティション方式です。レガシBIOSモードでWindowsシステムを起動する時にディスクがMBRである必要があります。最大4つのプライマリパーティションしかサポートしません(より多くのパーティションを作成する場合、1つのプライマリパーティションが拡張パーティションに変換され、拡張パーティションの中に複数の論理ドライブが作成できます)。HDDの容量を最大2TBまでしか認識できません(2TBを超えた領域は「未割当て」として表示されます)。

Windows11以外のすべてのオペレーティングシステムはMBRに対応します。

GPT(GUIDパーティションテーブル)はMBRより新しいパーティション方式です。UEFIブートモードでWindowsシステムを起動する時にディスクがGPTである必要があります(マザーボードがUEFIブートに対応して、BIOS設定でUEFIモードを有効にする必要があります)。パーティションを最大128個まで作れます2TB以上のHDDの容量を認識できます(3TBのハードディスクを扱うにはGPT方式でなければなりません)。

Windowsが正式にGPTに対応したのはWindows Vista以降となるので、XPを含め以前のOSで使用できません。加えて64ビットの環境が必要です。Windows11に対応するためにGPTに変更する必要があります。

MBRディスクとGPTディスクの違いは何ですか?

Diskpartについて

Diskpartとは、Windows系で使えるコマンドです。サブコマンドを使って、ディスクのパーティションやボリュームを管理/操作することができます。

diskpart.exeはコマンドプロンプト上で利用するCUIツールなので、「コマンド プロンプト」を管理者として実行した後、「diskpart」と入力すれば起動することができます。

diskpartコマンドが起動したら、対話形式となり、後はディスクやパーティション、ボリュームなどを操作するサブコマンドを対話的に入力して利用することができます。

diskpartで利用できるコマンドの一覧は「?」や「help」で表示されます。
あらかじめ選択された対象に操作をすることになるので、「select」サブコマンドで対象を選択しておく必要があります。
サブコマンドは、テキストファイルに記述して「diskpart /s <スクリプトファイル名>」の実行で一括処理ができるようになっています。

Windows10/11でDiskPartコマンドを使用する方法

DiskpartでHDD/SSDがMBRかGPTか確認する方法

diskpartを起動した後、「list disk」と入力してEnterキーを押すことにより、ハードディスクの一覧を表示させます。diskpartやlist diskを実行したからといって、データが消えるということは絶対にないのでご安心ください。

GPT項目が空白で何も表示されてないのがMBR形式のSSDやHDDです。
GPT項目に1アスタリスク(*)の印がついているのがGPT形式のSSDやHDDです。

list disk

GPTディスクをMBRディスクに変換する原因

もっと効率よくPCの性能を100%引き出せるように、お使いのシステムがWindows Vista以降の64ビットで、ハードディスク容量が2TB以上で、またUEFIモードをサポートする仕様であれば、起動ディスクをGPTに変換した方がメリットがあると思います。

しかし、GPTディスクをMBRディスクに変換する必要がある場合もあります。

●GPTは比較的新しい仕組みのため、古いシステム(Windows XP以前とか)はGPTディスクに対応していません。例えば、Windows 95/98/ME、Windows NT4、Windows 2000、Windows 2003 32ビット、Windows XP 32ビットでディスクをMBRに変換しないと、認識できません。

●Windows Vista以降、データディスクをGPT方式に初期化することができますが、システムディスクの場合、64ビットが必要です。そのため、32ビットのWindows OSでシステムディスクをMBRに変換しなければなりません。

●USBメモリやSDカード等、汎用性が高く、容量もそれほど大きくない記憶装置は、MBRディスクで使われていることが多いです。

●PCに搭載されるマザーボードがUEFIブートに対応していない場合、GPTディスクをMBRディスクに変換する必要があります。

●ブートモードがレガシーBIOSモードに設定されている場合、ディスクをGPTからMBRへ変更する必要があります。

......

DiskpartでディスクをGPTからMBRへ変換する方法

Windows 11/10/8/7でDiskpartを使用してディスクをGPTからMBRに変換する方法は次の通りです。

ステップ 1. 「スタート」ボタンをクリックし、検索ボックスに「cmd」と入力し、検索結果の「コマンド プロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択し、コマンドプロンプトが開いたら、「diskpart」と入力し、「Enter」キーを押し、Diskpartを起動します。

ステップ 2. 「list disk」と入力し、「Enter」キーを押します。※これにより、コンピュータに接続されているすべてのディスクが表示され、どのディスクがGPTかを知ることができます。

ステップ 3. 「select disk 1」と入力し、「Enter」キーを押します。※この例では、ディスク1を操作対象として選択/指定して、MBRディスクに変換します。

ステップ 4. 「detail disk」と入力し、「Enter」キーを押します。※これにより、ターゲットディスクにあるすべてのボリュームまたはパーティションが表示されます。

★ボリュームがない場合は、次のステップへ直接お進みください。
★ボリュームがある場合は、次のいずれかの方法を使用して対象ディスクをクリーンな状態に保ってください。
「select volume n」と入力し、「Enter」キーを押します(nは表示されているボリューム番号の1つです)。「delete volume」と入力し、「Enter」キーを押します。※これらの手順を繰り返して、ディスク1上のすべてのボリュームを削除します。ディスク1にボリュームがないこと(つまり、ディスク1が未割り当て領域になること)を確保した後、また「select disk 1」と入力し、「Enter」キーを押します。
「select disk 1」と入力し、「Enter」キーを押します。「clean」と入力し、「Enter」キーを押します。※これにより、GPTディスク上のすべてのデータが消去されます。

ステップ 5. 「convert mbr」と入力し、「Enter」キーを押します。※これにより、GPTディスクがMBRディスクに変換されます。

ステップ 6. 「exit」と入力し、「Enter」キーを押します。

※ヒント:
❶DiskpartでディスクをMBRからGPTに変換する場合は、同じ手順を実行する必要がありますが、「convert mbr」コマンドの代わりに「convert gpt」コマンドを実行してください。
❷対象となるディスクは空ディスクでなければなりません。その上にボリュームまたはパーティションがあれば、すべて削除する必要があります。そのため、操作前に重要なデータをバックアップしておいてください。
❸この方法は、パソコン初心者にとって少し複雑で手間がかかると思います。

AOMEI PAでディスクをGPTからMBRへ変換する方法

ここでは、サードパーティ製のディスク管理ソフト「AOMEI Partition Assistant Professional」を使用してGPTディスクをMBRディスクに変換する方法を強くお勧めします。

GUIツールとして、誰でも直感的かつ簡単に操作できます。
データを失うことなくディスクをGPTとMBRの間で変換できます。
4つ以上のプライマリパーティションを持つGPTディスクをMBRディスクに直接変換できます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロード、インストール、起動します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
ヒント:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 2. 対象のGPTディスクを指定し、左側の「ディスク処理」にある「MBRディスクに変換」をクリックするか、対象のGPTディスクを右クリックし、プルダウンリストから「MBRディスクに変換」を選択します。 

MBRディスクへ変換

ステップ 3. GPTディスクからMBRディスクに変換する確認画面が表示されるので「はい」をクリックして続行します。

gptをmbrに変換する確認通知

ステップ 4. メイン画面に戻り、GPTディスクがMBRに変換される結果をプレビューできます。問題なければ、ツールバーの「適用」をクリックして保留中の操作を実行します。

適用

ステップ 5. 「続行」をクリックしてMBRディスクへの変換操作を開始します。

GPTをMBRディスクに変換操作が行われる

※ヒント:
❶GPTディスクをMBRディスクに変換した後、パソコンを再起動する必要があります。
❷MBRディスクから正常に起動するために、BIOS設定でUEFIブートをLegacy BIOSに切り替える必要があります。
❸ディスクをMBRからGPTに変換する場合は、変換するMBRディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択すればOKです。
❹Windows Server 2022、2019、2016、2012などを使用しているユーザーはAOMEI Partition Assistant Serverを選択してください。

結論

ここまで、Windows標準ツールDiskPartを使用してGPTディスクをMBRディスクに変換する方法を紹介しました。しかし、「convert mbr」コマンドは空ディスクに対してのみ機能します。ディスクにボリューム(またはパーティション)がある場合、バックアップを取ってからそれらをすべて削除する必要があります。変換後、バックアップからデータをターゲットディスクに復元することができます。

強力なディスク管理ソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalを使うと、データを失うことなく、GPTディスクをMBRディスクに直接変換することができます。変換後、データがそのままMBRディスクに保存されています。バックアップを作成したり、復元を実行したりする必要もありません。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。