ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月11日

MBRをGPTに変換するときにデータを失っちゃたっらどうしよう?心配しないでください!ここではデータを残したまま、システムディスクをGPTに変換する方法を紹介します。

GPTとMBRの比較

MBRとGPTは2つのパーティションの形式と知られています。パーティションスキームは、パーティション上の情報の構成方法を定義します。GPTは、MBRより多くのオプションを提供する新しいものです。MBRはより互換性がありますが、GPTパーティションテーブルの「Protective MBR」は、ディスク上のデータが上書きされるのを防ぎます。もっと詳しく知りたいなら、GPTとMBRの違いをクリックしてください。

さて、システムディスクのパーティションスタイルを選択する際には、次の注意点を心がけてください。

●ディスクの容量:一般的に、MBTは2TBを超えるディスクでは機能しないため、ディスクが2TBより大きい場合はGPTスタイルを使用することをお勧めします。

●パーティションの数:MBRパーティションの明確な制限は、最大4つのパーティションのみを作成できることです。確かに、MBRの拡張パーティションに論理ドライブの制限はありません。GPTパーティションは一時的なスキームによって制約されません。

MBRからGPTへの変換にその他の理由が持っているかもしれません。たとえば、Windows 8.1またはWindows 10をインストールすると、「選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません」というエラーが表示され、これ以上インストールすることはできません。それでは、どうしたらいいですか?

データを残したままシステムディスクをGPTに変換するツール

確かにMBRとGPT変換の問題を解決するのに役立つツールがたくさんあります。この記事では、使いやすい2つのツール:Windows組み込みツールと強力なフリーソフトを紹介します。

MBR2GPT.exeでシステムディスクをGPTに変換する

Windows 10のアップグレードv1703以降、「MBR2GPT.exe」というプログラムが組み込まれています。このプログラムはWin\System32ディレクトリにあり、コマンドプロンプトで実行する必要があります。MBR2GPTは、v1703以降のデータディスクの代わりにシステムディスクを変換し、ディスク上のデータを変更または削除することなく設計されています。したがって、データを失うことなくMBRシステムディスクをGPTに変換するには、以下の手順を参照してください。

●Windowsの場合:「mbr2gpt/convert/allowfullos」と入力します。コンピュータに1つ以上のディスクがある場合は「mbr2gpt/convert/disk 0/allowfullos」と入力し、システムディスクの場合は「0」と入力します。

●Windows PEの場合:「mbr2gpt/convert/disk n」と入力します。

注意事項:変換後にBIOSでUEFIにレガシーを変更する必要があります。したがって、お使いのコンピュータのマザーボードがUEFIモードをサポートしていることを確認してください。MBR2GPT Windows 10をクリックして詳しく見てください。変換失敗の原因も説明します。

見た目で簡単に理解できるかもしれませんが、あなたが失敗することがあるかもしれません。まず、Windows 10 v1703以降で機能しかないです。Windows 10以前のバージョンやWindows 7や8などのWindows OSを実行すると、システムディスクのみが変換され、データディスクにはマジックがありません。コマンドプロンプトを使用することで、一般ユーザーにとって使いやすいものではない場合があります。物事をより簡単かつ実行可能にするために、2番目の解決策を試すことができます。

データ損失なくプロソフトウェアでMBRをGPTに変換

ディスクパーティション管理専門ソフトAOMEI Partition Assistant Professionalは、パーティションやボリュームを削除またはフォーマットすることなく、システムディスクと非システムディスクの両方をMBRからGPTに変換するのに役立つ素晴らしいツールです。GPTをMBRに戻すこともできます。

このソフトは、Windows 10(すべてのバージョン)、Windows 8 / 8.1、Windows 7 / Vista、およびWindows XPでうまくいきます。Windowsを起動せずにシステムディスクをGPTに変換するブータブルCD/USBを作成できます。コンピュータの初心者と専門家の両方に向けています。

2つのステップMBRをGPTに変換する

このソフトウェアを利用してMBRディスクをGPTに変換するには、MBRからGPTへの変換とレガシーからUEFIの構成の2つのステップで行います。まず、重要なファイルを、データの損失のために安全な場所にバックアップしておきましょう

1: データ損失なくMBRをGPTに変換する

> AOMEIパーティションアシスタントをインストールして起動します。システムディスクを右クリックして、メインインターフェイスの「GPTディスクへ変換」を選択します。

GPTディスクへ変換

> 確認ページと情報ページがあります。続行するには、「はい」をクリックします。

GPTへの変換を確認

> 最後に、「適用」をクリックし、後で「続行」をクリックして保留中の操作を実行します。

MBRからGPTへ変換

このプロセスは再起動後に実行されますので、進捗状況が完了したらコンピュータをシャットダウンしてください。

2: BIOSでUEFIブートモードを有効にする

> コンピュータを起動したら、DelまたはF2はを引き続きタップしてBIOSメニューを表示します。動作していない場合は、Escを押してBIOSオプションが見つかるフルメニューに入ります。

> 「ブート」タブに移動し、ここからレガシーからUEFIに切り替えることができます。

Legacy UEFI

> F10を押して変更を保存し、BIOSを終了します。

ノート:前述の通り、お使いのコンピュータがUEFIブートモードをサポートしていることを確認する必要があります。

結論

これらの優れたツールのおかげで、データを損失なくMBRをGPTに変換することができます。どちらのツールも優れていますが、AOMEIパーティションアシスタントを利用すると、フォーマットすることなくファイルシステムを変更することができます。さらに、サーバーエディションでServer 2012のデータを損失することなく、システムディスクをGPTに変換することもできます。