ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年09月01日

なぜWindowsパソコンでSDカードをSDカードにコピー?

よく知られているように、SDカードは私たちの新時代のテクノロジーの重要な一部になっています。これらの薄くて小さなストレージチップは、携帯電話、デジタルカメラやゲームガジェットなどのようなポータブルデバイスでデータを保存するために広く使用されています。以下の理由により、SDカードを別のSDカードにコピーする必要があります:

1. SDカードを大容量のSDカードにアップグレードするには

お使いのSDカードがほぼいっぱいになって、新しいデータ用のスペースがほとんど残っていない場合は、SDカードを別の大きなカードにコピーしてアップグレードすることをお勧めします。

2. SDカードのデータをバックアップするには

SDカードに多くの重要なファイルが保存されているので、SDカードが損傷したときにデータの損失を予防するためにバックアップを作成したい場合は、SDカードを別のSDカードにコピーすることをお勧めします。

3. SDカードから別のSDカードへファイルを転送するには

1つのSDカードから別のカードにすべてのファイルを1つずつコピーして貼り付ける場合と比較して、カードを丸ごとコピーすると、SDカード同士の間でファイルを転送するのはより迅速で便利になります。これで随分時間を節約できますね。

SDカード

SDカード同士のコピー用のフリーウェア

今、WindowsコンピュータでSDカードをSDカードにコピーする方法を知りたいでしょう。まあ、SDカードからSDカードへのコピー機でそれを簡単に行えます。AOMEI Partition Assistant Standardは最も人気のある選択肢の1つです。以下の利点があるため、このフリーウェアを強くお勧めします:

  • ❥幅広い互換性:Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows XP/Vistaと互換性があります。明確で直感的なインターフェイスにより、クローン作成操作を簡単に実行できます。

  • ❥柔軟なSDカードのクローン方法:「セクタ単位のクローン」では、すべ用ての利可能なファイルと失われた/削除されたファイルの両方をソースカードからターゲットカードにコピーできます。「ディスクの高速クローン」方法では、使用済みスペースを1つのSDカードから別のSDカードにコピーするだけです。

  • ❥ブータブルSDカードのクローン:起動可能なSDカードのクローンを作成し、クローン作成後、クローンされたディスクからも起動できます。

Windows 10/8/7でSDカード同士のコピーを行う方法

AOMEI Partition Assistant Standardについての知識がよく分かってから、Windows 10/8/7でSDカードをSDカードにコピーするためにそれを使用する方法を学ぶ時が来ました。

    行う前に:

    1. ポータブルデバイスからSDカードを取り出します。それとターゲットSDカードをWindowsコンピューターに接続し、それらが正常に認識されることを確認します。ラップトップまたはコンピュータに2つ以上の内蔵メモリカードスロットがある場合、この操作は簡単に行えますが、それ以外の場合は、接続のためにカードリーダーが必要になることがあります。

    2. コピー中にすべての内容が削除されるため、コピー先のSDカードに大切なデータをバックアップしておきます。このタスクには無料のAOMEI Backupperが推奨されます。

    3. コピー先のSDカードに実行しているプログラムがないことを確認してください。

    4. AOMEI Partition Assistant Standardを無料でダウンロードし、コンピューターにインストールします。

★注意:システムディスクについては、PA Standardの「ディスククローン」機能はMBRディスクからMBRディスクへコピーできますが、MBRディスクからGPTディスクへ、GPTディスクからMBR/GPTディスクへコピーできません。

ステップ 1. PC上のSDカードからSDカードへのコピー機をダブルクリックして起動します。メインインターフェイスで、コピーしたいディスクを右クリックして、「ディスククローン」を選びます(こうすると、ステップ3の操作が要らなくなる)。または、「全てのツール」、「ディスククローンウィザード」の順にクリックします。

ディスクコピー

ステップ 2. 状況に応じて適切なコピー方法を選択します。ここでは「ディスクの高速クローン」を例として選択します。この方法では、SDカードを小さなSDカードにコピーできます。

ディスクをすばやくコピー

ステップ 3. 今、あなたは与えられたリストからコピーしたいソースSDカードを選択する必要があります。そして「次へ」をクリックします。このステップをやるかどうかはステップ1の操作次第です。

ステップ 4. 次に、別のSDカードをコピー先ディスクとして選択し、ソースディスクのすべてのデータを保存します。「次へ」をクリックして続行します。

宛先ディスクを選択

ステップ 5. このウィンドウでは、必要に応じてターゲットSDカードのパーティションサイズを編集できます。完了したら、もう一度「次へ」をクリックします。

ディスクを編集

    補助:

    ◆ パーティションのサイズを変更せずにクローン:この機能を使用すると、ターゲットディスクの容量は少なくともソースディスクの容量と同じでなければなりません。これでそのままでコピすることができます。

    ◆ コピー先に合わせる:この機能を使用すると、ターゲットディスクの容量はソースディスクの使用済み領域より小さくない限り、使えます。これでパーティションはコピー先に合わせて自動的に調整されます。

    ◆ 手動で編集する:好きなように、パーティションサイズのサポート範囲内で手動で調整することができます。つまり、ソースディスクからのデータを保存できる限り、ターゲットディスクの残りの領域を勝手に調整することができます。


ステップ 6. 次に、メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックして実際にコピー操作を実行します。もしターゲットディスク上に実行しているプログラムがあれば、操作を適用するために、WINPE環境に入る必要があります。ここで二つのオプションがあって好きなように選択してください。

SDカード同士のコピーを実行

WINPE環境に入る方法

    データが1つのSDカードから別のSDカードに正常にコピーされたら、次のようにすることができます:

    ◆ アップグレードのためにSDカードを大きなSDカードにコピーする場合は、コンピューターの電源を切り、ソースとターゲットのSDカードを取り外し、大きい方をポータブルデバイスに差し込みます。

    ◆ 新しいファイル、ビデオ、または画像用のスペースを解放するためにSDカードのクローンを作成する場合は、元のSDカードを安全に消去するか、フォーマットします。その後、空になったSDカードをPCから取り外し、デバイスに接続して再利用します。

Raspberry Pi SDカードをコピーする方法は?

必要に応じてRaspberry Pi SDカードをコピーまたはバックアップし、迅速に復元する方法を模索しているユーザーも多いです。そのため、この特別なコピージョブに関するいくつかの重要な情報も収集します。

▼WindowsでRaspberry Pi SDカードをコピーするには

このタスクでは、Win32DiskImagerを使用できます。

ステップ 1. Win32DiskImagerをインストールして開きます。「Device」セクションでクローンを作成するSDカードを選択します。

ステップ 2. 次に、左側にあるフォルダアイコンをクリックして、保存先とファイル名を選択します。完了したら、「Read」ボタンを押します。

ステップ 3. 完了すると、「Read Successful」という言葉が表示されます。

▼LinuxでRaspberry Pi SDカードをコピーするには

ステップ 1. SDカードをPCに差し込みます。「Ctrl + Alt + T」キーを押して、ターミナルウィンドウを開きます。「sudo fdisk –l」と入力して、システムのすべてのファイルシステムを表示します。

ステップ 2. サイズに基づいて、「/dev/sdb」などのようなSDカードのデバイス名を確認します。

ステップ 3. 「dd」コマンドを実行して、イメージを別の場所に書き込みます:

sudo dd if=/dev/sdb of=~/raspbian_backup.img

▼MacOSでRaspberry Pi SDカードをバックアップするには

ステップ 1. SDカードをMacに挿入し、ターミナルウィンドウを起動します。「diskutil list」と入力してすべてのディスクを取得し、「/dev/disk3」などのようなSDカードのIDを識別してみます。

ステップ 2. コマンド「diskutil unmountDisk /dev/disk3」でSDカードをアンマウントします。

ステップ 3. 「dd」コマンドを使用して、イメージをハードディスクに書き込みます:

sudo dd if=/dev/disk3 of=~/raspbian_backup.img

まとめ

AOMEI Partition Assistant Standardでは、Windows PCでSDカード同士のコピーだけでなく、USBフラッシュドライブ、SSDやHDDなどの他の大容量ストレージデバイスのクローンを作成することもできます。プロ版にアップグレードすると、GPTディスクからMBRディスクへ、またはMBRディスクからGPTディスクへのクローン作成、ブートエラーなしでOSをSSDへの移行、1つのパーティションから別のパーティションへの空き領域の割り当てなど、より高度なディスクパーティション管理機能を体験できます。

Windows Server 2019/2016/2012/2008(R2を含む)搭載デバイスを使用している場合、AOMEI Partition Assistant Serverはディスクパーティションを適切に管理するのに役立ちます。

その他の問題を解決する場合、右欄の「人気記事」をご参照ください。もしより多くのディスクパーティション問題の解決方法を知りたいなら、一番上の「三浦大和」をクリックし、百篇以上の文章を参照することができます。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。