By Asher / 最後の更新 2022年06月27日

エラーコードについて--CRITICAL PROCESS DIED/0x000000EF

「CRITICAL PROCESS DIED(クリティカル プロセス ダイド)」とは?

ブルースクリーンオブデス(BSOD)は、システム障害です。このエラーが発生すると、データが破損し、システムのセキュリティが損なわれる可能性があります。BSODの問題にはさまざまな種類のエラーコードがありますが、「CRITICAL PROCESS DIED」は最も恐ろしいものである可能性があります。

【修正ガイド】Windows10でブルースクリーンを回復する方法

Microsoftの記事の公式説明によると、0x000000EFは「CRITICAL PROCESS DIED」のバグチェックの値であり、不確実なシステムプロセスが何らかの理由で停止したことを示しています。

重要なプロセスが中断された場合、システムはエラーチェックを実行するように強制されます。次に、エラーコードが表示されたブルースクリーンが表示されます:問題が発生したため、PCを再起動が必要があります。エラー情報を収集しています。自動的に再起動します…停止コード:CRITICAL_PROCESS_DIED

CRITICAL PROCESS DIED

「CRITICAL PROCESS DIED」エラーが発生する原因

ハードウェア障害

互換性のないプログラムまたはWindows Update

システムファイルの破損メモリーやSSD/HDDの故障

OSの重要なファイルの破損

ウィルスの感染

Windows10で「CRITICAL PROCESS DIED」を修復する方法

 

「CRITICAL PROCESS DIED」エラーにつながる理由が何であれ、最も重要なのは解決方法です。そのため、次はWindows10で「CRITICAL PROCESS DIED」を解決するための7つの方法を紹介します。

方法 1. 新しく追加したハードウェアをすべて削除する

最初に試す必要のある方法は、すべての外部デバイスまたは新しく追加されたデバイス(外部HDD、スキャナー、デジタルボードなど)のプラグを抜くことです。これは、0x000000EFエラーを引き起こす可能性のある接続障害やデバイスの競合を除外できます。または、ハードウェアがWindowsと互換性があることを確認してください。

それでも0x000000EFが発生する場合は、セーフモードで起動して、さらに多くの方法を試す必要があります。

次の3つの方法では、コンピューターをセーフモードで起動する必要があります。詳細な手順に従って、コンピューターをセーフモードで再起動できます。

補足:セーフモードに入る手順

手順 1. 電源ボタンを10秒間押し続けて、Windows10をシャットダウンします。

手順 2. 電源ボタンをもう一度押してPCを起動し、電源ボタンを10秒間押し続けて電源を切ります。

手順 3. 電源ボタンをもう一度押してコンピューターの電源を入れます。Windowsが起動したら、電源ボタンをもう一度10秒間押し続けて電源を切ります。

手順 4. Windowsが完全に再起動し、Win REに入るまで、コンピューターの電源を入れ直してみます。

手順 5. 「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「スタートアップ設定」>「再起動」をクリックします。

再起動

手順 6. プロセスが完了するのを待ち、完了したらコンピューターを再起動します。

これで、PCはセーフモードになります。

方法 2. Windowsドライバーソフトウェアを更新する

古いデバイスドライバも、フラッシュドライブが正しく機能しない原因となる可能性があります。この場合、与えられたオプションの中から「ドライバーの更新」を選択し、プロンプトに従ってディスクドライバを更新します。

手順 1. 「Windows+R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスを開き、ボックスに「devmgmt.msc」と入力し、「Enter」キーを押して「デバイスマネージャ」を開きます。

手順 2. 「ディスクドライブ」を展開し、オペレーティングシステムのハードディスクを右クリックして、コンテキストメニューから「ドライバーの更新」を選択します。

ここで、セーフモードを終了して、変更を保存し、操作を実行してください。

手順 1. 「Windows+R」キーを押し、「msconfig」と入力して、「Enter」キーを押します。

手順 2. 「ブート」タブ>「ブートオプション」>「セーフブート」ボックスのチェックを外します。

セーフブート

手順 3. 「OK」と「適用」をクリックします。

次に、PCを再起動します。

方法 3. 最新のWindows Updateをアンインストールする

手順 1. PCをセーフモードで起動し、「Windows+R」キーを押し、検索ボックスに「コントロールパネル」と入力して開きます。

手順 2. 「プログラム」>「既定のプログラム」>「プログラムと機能」をクリックします。

プログラム

プログラムと機能

手順 3. 左側のメニューで、「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックします。

インストールされた更新プログラムを表示

手順 4. 最新のWindows Updateを右クリックし、「アンインストール」をクリックします。

アンインストール

手順 5. 警告ウィンドウで、「はい」をクリックして確認します。

警告

手順 6. 次に、「今すぐ再起動」をクリックします。

方法 4. システムの復元を使用する

手順 1. 「Windows+R」キーを同時に押し、ボックスに「rstrui.exe」と入力し、「Enter」を押してシステムの復元のウィンドウを開き、「次へ」をクリックします。

システムの復元を開きます

手順 2. 「別の復元ポイントを選択する」>「次へ」をクリックします。

別の復元ポイントを選択する

手順 3. 新しいWindows10更新プログラムをインストールする前に、最新のWindowsバックアップを選択し、「影響を受けるプログラムの検出」をクリックします。「次へ」をクリックします。

影響を受けるプログラムをスキャンする

手順 4. 「完了」をクリックします

完了

手順 5. 警告ウィンドウで、「はい」をクリックして、プロセスを待ちます。

警告

方法 5. SFCコマンドで損傷したシステムファイルを修復する

手順 1. 検索バーに「cmd」と入力し、結果で「コマンドプロンプト」を開きます。

手順 2. コマンドプロンプトウィンドウで、DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealthと入力し、「Enter」キーを押します。

sfc

方法 6. Cドライブの不良セクタを修復する

コンピューターがクラッシュしたため、別の方法でコンピューターを起動する必要があります。起動可能なUSBをお持ちの場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalでディスクエラーのチェックと修復を完了できます(起動可能なUSBがない場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して起動可能なメディアを作成できます)。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される
★注意:
この解決策では、Windows10の起動可能なメディア、DVD、またはUSBからコンピューターを起動する必要があります。お持ちでない場合でも、慌てる必要はありません。「CRITICAL PROCESS DIED」の修正を開始する前に、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用してWindowsブータブルメディアを作成できます。
USBドライブは、少なくとも4GBのストレージ(32ビットオペレーティングシステムの場合)または少なくとも8GB(64ビットシステムの場合)である必要があります。
USBドライブに保存されているファイルを事前にバックアップすることをお勧めします。これは、ドライブがフォーマットされ、このプロセスにドライブ上のすべてのファイルが削除されるためです。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードし、インストールし、起動します。チェックするパーティションを選択して右クリックし、「詳細処理」→「パーティションをチェック」を選択します。

パーティションをチェック

手順 2. チェック方法を選択します。ここで「chkdsk.exeを実行してパーティション上のエラーをチェックし、修正します。」を選びます。これで不良セクタをチェックするだけでなく、エラーを修正することもできます。

一番目のオプションを選び

手順 3. 「開始」をクリックしてチェックを開始します。

開始

手順 4. ポップアップウィンドウでより詳細な情報を見ることができます。 終了したら、「はい」をクリックしてこのタスクを完了します。

はい

修復プロセスが完了したら、コンピューターを再起動して、問題が解決したかどうかを確認します。

方法 7. Windows10のクリーンインストールを実行する

上記の方法のいずれも機能できない場合は、クリーンインストールを実行する必要があります。

手順 1. 作成したWindows10の起動可能なUSBを挿入します。コンピューターを再起動し、画面に表示されている特定のキー(通常は「DEL」または「F2」)を押してBIOSにアクセスします。

手順 2. 言語、時間と通貨の形式など項目を設定します。「次へ」をクリックします。

言語とその他の項目を設定

手順 3. インストールウィンドウで、「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストール

結論

これらは、「CRITICAL PROCESS DIED」エラーコードを修復するために推奨される7つの方法です。停止コード:「CRITICAL PROCESS DIED」はアマチュアにとっては少し難しいですが、解決できないわけではありません。AOMEI Partition Assistant Professionalは多機能ツールであり、「ディスク速度測定」、「ディスク健康状態」など機能を備えており、すべてのディスクを監視できるため、ディスクとパーティションを非常に便利に管理できます。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。