By Asher / 最後の更新 2022年03月07日

ディスクの管理でブートパーティションを拡張できません

 

こんにちは!長い間悩んでいる問題があります。状況は次のとおりです。私のシステムブートパーティションCには80GBがあり、数週間前にエクスプローラーで赤になりました。私は「ディスク領域不足」という警告を何度も受け取りました。Windows7のディスクの管理に移動すると、ディスクの最後に未割り当て領域があることがわかりました。その未割り当て領域でCドライブを拡張できると思います。ただし、ブートパーティションを右クリックすると、「ボリュームの拡張」がグレー表示になっていることがわかります。どうしてですか?Windowsが未割り当て領域を認識して、それをCドライブに移動できないのはなぜですか?誰かが助けてくれませんか?

- あるユーザーからの質問

赤い

おそらくほとんどのWindowsユーザーは、上記の状況に遭遇していたかもしれません。システムパーティションを拡張する必要がある場合はたくさんあります。ただし、「ディスクの管理でブートパーティションを拡張できない」などの問題の具体的な要因は何ですか?

Win11、10、8、7でブートパーティションを拡張できない原因

実際、理由は簡単かもしれません。Windows10/7でパーティションを拡張できなく、Windows10/7の「ボリュームの拡張」がグレー表示される主な理由は2つあります。

ケース1.未割り当て領域は、拡張するブートパーティションに隣接していません。これは、例の問題と同じ原因です。隣接する未割り当て領域のみがブートパーティションを拡張できます。このケースを解決には次の方法を使用できます。

ケース2.同じ物理ハードドライブに未割り当て領域はありません。一部のユーザーは、2台以上のハードドライブをインストールしています。ただし、ある物理ディスクの未割り当て領域を別の物理ディスク上のパーティションに追加することはできません。このケースを解決するには、ハードドライブRAIDまたはダイナミックディスクが必要です。

Windows XP以前のバージョンでは、ディスクの管理に「ボリュームの拡張」というオプションがないため、「未割り当て領域でCドライブを拡張できない」という問題が発生する場合があります。「ボリュームの拡張」と「ボリュームの縮小」は、Windows7以降の新機能です。そこで、Windows XP以前のバージョンでは、「未割り当て領域でCドライブを拡張できない」という問題を解決には、Diskpartを使用してパーティションのサイズを変更できます。

ちなみに、Windowsではパーティションを拡張できないもう一つのケースがあります。USBスティック、SDカードなどに未割り当ての領域がある場合、ディスクの管理で最初のパーティションを右クリックすると、「ボリュームの拡張」オプションもグレー表示されます。Windowsは起動可能なデバイスの最初のパーティションのみを認識するため、デバイスに複数のパーティションがある場合でも、このオプションをクリックできません。

Windowsでブートパーティションを拡張できない問題を修正

ブートパーティションを拡張できますか?もちろん!Windowsのディスクの管理ではシステムブートパーティションを拡張できませんが、サードパーティのソフトウェアを使用して、この操作を実行できます。市場に出回っている多くのパーティションマネージャはこの問題を解決できますが、AOMEI Partition Assistant Professionalがその中の1つです。この強力なディスク&パーティション管理ソフトを使用すると、パーティションのサイズ変更、パーティションの移動、パーティションの削除などを行うことができます。このソフトはWindows11、10、8.1/8、7、XPおよびVistaに対応でき、上記の問題を解決するには合計3つの方法があります。

注意:不適切な操作によるデータの損失を防ぐために、重要なファイルをバックアップしてください。

デモ版をダウンロードしてお試しください!

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

方法1:未割り当て領域を移動してブートパーティションを拡張

ステップ 1. 未割り当て領域の隣にあるパーティションを右クリックし、「パーティションを移動」を選択します。

パーティションを移動

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、パーティションを右にドラッグし、「はい」をクリックして続行します。

マウスをドラッグ

ステップ 3. 未割り当て領域がこのパーティションの前に移動されます。変更を保存するには、「適用」>「続行」をクリックします。

適用

未割り当て領域がブートパーティションに隣接するまで、上記の手順を繰り返してください。

方法2:未割り当て領域を結合してブートパーティションを拡張

ステップ 1. ブートパーティション(通常はCドライブ)を右クリックし、ドロップダウンメニューから「パーティションを結合」をクリックします。

未割り当て領域を結合

ステップ 2. ポップアップウィンドウでCドライブと結合したい未割り当て領域前のチェックボックスにチェックを入れて、「はい」をクリックします(複数の未割り当て領域を選択できます)。

未割り当て領域を選択

ステップ 3. ここでは変更をプレビューできます。変更を保存するには、ツールバーの「適用」をクリックしてください。

変更をプレビュー

方法3:あるパーティションから空き領域を割り当ててブートパーティションを拡張

同じハードドライブに未割り当ての領域がない場合、この方法は非常に役立ちます。空き領域を他のパーティションからブートパーティションにを直接割り当てます。

ステップ 1. 利用可能な空き容量の多いパーティションを右クリックして「空き領域を割り当てる」を選択します。

空き領域を割り当てる

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、空き領域のサイズを指定でき、ブートパーティションをターゲットパーティションとして選択します。

空き領域のサイズを入力

ステップ 3. 「適用」をクリックして操作を完了します。

確認

結論

次回、「ディスクの管理でブートパーティションを拡張できない」などの問題が発生した場合は、きっと解決できるはずです。

AOMEI Partition Assistant Professionalには他の便利な機能があります。たとえば、データを失うことなくMBRをGPTに変換したり、オペレーティングシステムをSSDまたはHDDに移行したり、紛失や削除されたパーティションを復元したりします。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。