By Akira / 最後の更新 2021年08月13日

EFI Microsoft Boot BCDエラーについて

PCを起動しようとすると「ブルースクリーン」エラーが表示されます。PCを回復するには、ブート設定データがなくなるブートエラー「File:\EFI\Microsoft\Boot\BCDエラーコード:0xc0000034」を修復する必要があります。

上記のブートエラーは、Windows PCでのBoot Configuration Data(BCD)が壊れていることを意味します。ブート構成データは、Microsoftの新しいWindowsブートマネージャーで使用され、NTLDRで使用されていたboot.iniを置き換える、ブート時の構成データ用のファームウェアに依存しないデータベースです。ブート設定データは、UEFIブート用のEFIシステムパーティションの\EFI\Microsoft\Boot\BCDにあるか、従来のBIOSブート用のアクティブパーティション上の/boot/bcdにあるデータファイルに格納されます。

EFI Microsoft Boot BCDエラーの原因

EFI\Microsoft\Boot\BCDエラーは、Windows 7のハードウェアとソフトウェアの変更、またその他の不適切な操作やマルウェアなどのService Pack 1をインストールした後に発生することがあります。こんな場合、エラーコード0xc00000f、0xc00000d、0xc0000034のようなFile:\EFI\Microsoft\Boot\BCDなどのエラーに遭う可能性があります。

例えば、「エラー: 0xc0000034」の原因は以下になります:

●Windowsのブートローダー(BCD領域)が破損しています。

●Windows回復環境が破損しています。

●Windowsのメジャーアップデートやアップグレードの際、ブート領域が正しく認識されませんでした(次の四点の可能性があります)。

1)サードパーティ製のバックアップソフトやセキュリティソフトが原因となりやすいです。
2)メーカー製PCが独自に用意した「リカバリ領域」が正しく認識されませんでした。
3)他のOS(LinuxやWindows 7など)とデュアルブート構成など、特殊なブート環境を構築した事があります。
4)その他、Windowsのブート領域を変更(または手動で指定)するような使い方をしていました。

File:\EFI\Microsoft\Boot\BCDエラーの解決方法

方法1. Bootrec.exeツールでEFI\Microsoft\Boot\BCDエラーを修復

この解決方法には、Windows 10/8/7インストールディスクが必要です。次に、以下の手順に従って修復します。

1. Windowsインストールディスクをコンピュータに挿入し、PCを起動します。

2. プロンプトが表示されたら、指示に従い操作します。

3. 言語、時刻、通貨、キーボードを選択し、「次へ」をクリックします。

言語、時刻と通貨の形式

4. 「コンピューターを修復する」をクリックします。

コンピューターを修復する

5. 修復するオペレーティングシステムを選択し、「次へ」をクリックします。

6. 「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「コマンドプロンプト」を選択して、次のコマンドを実行します。(以下のコマンド指令を一つずつ入力してenterキーを押します)

コマンドプロンプト

Bootrec /fixmbr

Bootrec /fixboot

Bootrec /scanos

Bootrec /rebuildbcd

コマン

7. 「exit」と入力してコマンドプロンプトを終了し、「お使いのPCは修復する必要があります」エラーが解消されるかどうか確認します。

方法2. スタートアップ修復EFI\Microsoft\Boot\BCDエラーを修復

bootrec.exeツールが動作しない場合、起動修復を試してください。手順は次のとおりです。

●Windows 10/8/7インストールディスク(CDまたはDVD)から起動し、「コンピューターを修復する」をクリックします。

●「詳細オプション」ウィンドウで「 スタートアップ修復」を選択します。

方法3. MBRの再構築でEFI\Microsoft\Boot\BCDエラーを修復

Windows 10/8/7のインストールディスクがない場合は、通常のPCを使用してWinPEのブータブルメディアを作成してから、Windows 10/8/7のEFI\Microsoft\Boot\BCDエラーを修復する必要があります。最高のパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Professionalはお勧めします。パーティションのサイズ変更、パーティションの結合、パーティションのフォーマット/分割/移動、MBRの再構築、OSのSSDへの移行などの機能があります。

▼実行前に
少なくとも16GBのUSBフラッシュドライブを準備してください。
Windowsオペレーティングシステムを搭載した通常のコンピュータを用意してください。
Proのデモ版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

簡単な手順でWindows 10/8/7でMBRを安全に再構築する方法は次のとおりです。

1. まずUSBドライブをPCに接続して、AOMEI Partition Assistant Professionalを起動させます。メインインタフェースに「ブータブルCD/USBを作成」ボタンをクリックします。ポップアップウインドウに「次へ」をクリックします。

ブータブルUSBを作成

2. 「USBブートデバイス」のドロップダウンメニューにUSBドライブを選択して「続行」をクリックします。

usbドライブを選択します

3. USBドライブがフォーマットされるという注意が出ます。「はい」をクリックして操作を実行します。

作業を実行

4. 完了するまで待ちます。完了したら、「完了」をクリックします。

完了

5. その後、このUSBドライブを任意のPCに接続してから電源を入れて、BIOS設定に入ってUSBを一番最初の起動ドライブに設定し、USBからFile:\EFI\Microsoft\Boot\BCDエラーのあるPCを起動します。

BIOSで起動順位を変更

6. 修復したいディスクを選択し、右クリックして「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

7. ポップアップウィンドウで再構築するMBRのタイプを設定します。オペレーティングシステム(OS)に応じて適切なMBRタイプを選択してください。

MBRタイプを選択

8. 最後に、「適用」ボタンをクリックして保留中の操作を実行します。ハードディスクを元のパソコンに接続し、WindowsでMBRの修復が完了したら起動します。

MBRの再構築を適用

以上はFile:\EFI\Microsoft\Boot\BCDエラーの解決方法になります。その他に、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、パーティション間の空き領域を割り当てたり、MBRとGPTの間でシステムディスクを変換したり、データを失うことなくコマンドラインでパーティションを分割するなどの機能を利用できます。

結論

File:\EFI\Microsoft\Boot\BCDエラーの三つの修復方法を紹介しました。状況によって選択すればよろしいと思います。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較