Byゆき / 最後の更新日時 2020年02月14日

事例

「私はexFAT形式でフォーマットするUSBメモリからファイルを削除/作成/変更しようとする時、ディスクのエラーチェックを行うように求められ、何のファイルを削除できません。これは、chkdskを実行しないとexFAT形式のドライブからファイルを削除できないことを示します。この現象はなぜ起こるのか?NTFSとFAT32できるのに、なぜexFATのパーティションでchkdskを使わないとファイルをを削除/作成/変更できないのか?」

exFATからファイルを削除できない原因

上記の通り、exFATドライブ上のファイルを削除したいかもしれません。しかし、それを行う時にexFATからファイルを削除、作成または編集できない問題が発生するかもしれません。なぜですか?コマンドプロンプトを管理者として開き、次のコマンドラインを実行します:

Fsutil dirty query X:

X:はexFATドライブのドライブ番号です。

もし「ボリューム - x: は Dirty です」と表示されるなら、これはexFATからファイルを削除できない理由かもしれません。こういうタイプのファイルシステムは故障やトラブルを防ぐために自動保護機能を持っています。ボリュームにダーティ状態を追加し、すべてのファイルに「読み取り専用」属性を付けることでボリュームを更に変更することを防止します。

また、もしexFATドライブは書き込み保護されているなら、exFATからファイルを削除することやexFATドライブに作成、編集など変更を加えることもできません。

そのため、exFATドライブ上のデータを変更したい場合には、exFAT形式のドライブからダーティ( Dirty )状態と書き込み禁止を解除する必要があります。

exFATからファイルを削除できない時の対処法

chkdskを実行しないとexFATでフォーマットするUSBメモリからファイルを削除できないのはちょっと面倒な事です。原因はexFATドライブのダーティ状態&書き込み禁止が分かった後、ダーティ状態と書き込み禁止を解除したら問題を解決できるはずです。次は幾つかの対処法をご紹介します。

方法 1. 書き込み禁止スイッチをチェックする

一部のUSBフラッシュメモリーやSDカードでは側面に書き込み禁止の物理スイッチが付いています。このツマミをLOCK(ロック)側にすると書き込み禁止になっています。データを保護するためにドライブ上のファイルをコピー、削除、上書きすることが一切できません。書き込み禁止を解除するには、スイッチをLOCKの反対側に動かせばいいです。

USBフラッシュメモリーやSDカードに書き込み禁止スイッチが付いていない場合、他の対処法を試みてください。

方法 2. ダーティ状態を解除する

exFATからファイルを削除できない状況に遭う時、Fsutil dirty query X:(X:はexFATドライブのドライブ文字を示す)またはchkdsk /fコマンドを実行してハードディスクが故障するか確認できます。もし、ドライブはダーティであるなら、ここでは2つのオプションがあります。一つはchkdskを使うこと、もう一つはファイルを保存してからUSBメモリを再フォーマットすることです。

chkdskを実行する

chkdsk X: /f /r /xというコマンドラインを実行します。X:はチェックする必要があるドライブのドライブ文字を示し、/fはディスク上のエラーを修正でき、/rはドライブ上の物理障害を識別できます。

*チェックディスクの実行はボリュームのダーティ状態と書き込み禁止を解除できます。もし、この方法は問題を解決できないなら、ファイルをバックアップしてからUSBメモリを再フォーマットしてください。

exFATドライブを再フォーマットする

exFAT形式のドライブを再フォーマットするのはダーティ状態と書き込み禁止を解除するもう一つの効率的な方法です。エクスプローラーを開き、exFATドライブを見つけて「フォーマット」を選択します。

フォーマット

しかし、エクスプローラーでフォーマットを行う時、「このディスクは書き込み禁止になっています」というエラーメッセージが表示され、ドライブをフォーマットできないかもしれません。そのため、サードパーティ製ソフトウェアを使用する必要があります。

書き込み禁止

AOMEI Partition Assistant Standardは強力なexFATフォーマットツールで、USBメモリをexFATで再フォーマットすることで書き込み禁止を解除することができます。このフリーソフトはHDD、SSD、SSHD、USBメモリ、SDカード、ペンドライブなど様々なディスクタイプに対応します。また、Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP(32ビット版と64ビット版)がインストールされているコンピューターでうまく動作します。次はAOMEI Partition Assistant Standardを使用してexFATドライブを再フォーマットする方法をご紹介します。

    行う前に:

    ●フォーマットを行う前に、exFATドライブ上のファイルをバックアップしておいてください。この操作はすべてのデータを削除するからです。

    ●AOMEI Partition Assistant Standardを無料ダウンロードしてコンピューターにインストールします。

    ●exFATのUSBメモリをコンピュータに接続します。USBメモリが認識できることを確認します。

最新版に生涯無料でアップグレードできる

準備が終わったら、exFATドライブの再フォーマットを始めましょう。

手順 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。exFATのパーティションを再フォーマットするために、右クリックして「フォーマット」を選択します。

パーティションのフォーマット

手順 2. ポップアップウィンドウでファイルシステムのドロップダウンメニューからexFAT形式をもう一度選択してから「はい」をクリックします。

exFATフォーマット

手順 3. すると、ホーム画面に戻ります。「適用」→「続行」をクリックして操作を実行します。

exFATフォーマットを実行

手順 4. 進捗が100%になると、「OK」をクリックしてプログラムを閉じます。

フォーマット後、USBメモリーの書き込み禁止を解除するはずです。これでexFATドライブ上のファイルを好きなように削除、作成、変更できます。

結論

exFATからファイルを削除できない問題が発生する時、まず原因を調べる必要があります。そして1つの解決方法を見つけます。AOMEI Partition Assistantはこの問題を解決できるexFATフォーマットツールです。実はこれもディスク&パーティション管理ソフトです。内蔵または外付けHDDをうまく管理できます。また、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードしたら空き領域の割り当て、MBRとGPTの間でのシステムディスクの変換など、もっと多くの機能を解除できます。