By三浦大和 / 最後の更新日時 2020年06月15日

SSDをフォーマットする理由

SSDはSolid State Driveの略語で、コンピュータでメディアを保存するディスクの一種です。従来のハードディスクと比較して、多くの利点があります。ハードディスクと同様に、SSDはデータを格納するために1つ以上のパーティションに分割されます。従って、SSDのフォーマットはSSDパーティションのフォーマットも意味します。

SSDがますます一般的になるにつれて、フォーマットまたは再フォーマットも重要になります。例えば、SSDが長時間使用された後、コンピュータの動作が遅くなることがあります。無用のプログラム、累積的なウイルス、破損したファイルなどが我々の悩みになる可能性があります。この場合、Windowsのクリーンインストールが必要となるかもしれません。そして、SSDを適切にフォーマットすることをお勧めします。これにより、SSDがクリーンになり、ウイルスを駆除したり、コンピューターをより高速に実行したり、システムをアップグレードしたりすることができます。

SSDのフォーマットに役立つ3つの効果的な方法を紹介します。

Windows 7/8/10でSSDをフォーマットする方法

SSDをフォーマットする前に:フォーマットとは、すべてのものを削除することを意味します。そのため、SSDに大切なデータがある場合は、最初にバックアップしてください。ちなみに、無料のAOMEI Backupperで簡単かつ高速に解決できます。

方法1:Windowsの「ディスクの管理」でSSDをフォーマット

ステップ 1. WinキーRキーを合わせて押して「Run」ボックスを開き、「diskmgmt.msc」を入力して「ディスクの管理」を開きます。

ステップ 2. フォーマットするSSDパーティション(ここではEドライブ)を右クリックし、「フォーマット」を選択します。

フォーマット

ステップ 3. ポップアップウィンドウで設定を変更できます。例えば、パーティションのラベル付け、ファイルシステムの変更やクイックフォーマットの実行など。次に、「OK」をクリックします。

設定を変更

    注意:サイズが32GBまたはそれ以下のパーティションのみが、「ディスクの管理」を通じてNTFSからFAT32にフォーマットできます。


ステップ 4. データ損失に関する警告が表示されます。確認後、「OK」をクリックしSSDのフォーマットを実行します。

データ損失に関する警告

方法2. DiskPartを介してSSDをフォーマット

ステップ 1. Winキー+Rキーを合わせて押して「ファイル名を指定して実行」ボックスを開き、「cmd」と入力してコマンドプロンプトを開きます。

    注意:BIOSからSSDをフォーマットするには、最初にBIOSからコマンドプロンプトにアクセスする必要があります。Windowsインストールディスク、修復ディスク、または高度なスタートアップが役立ちます。次に、これらのコマンドに従ってSSDをフォーマットします。


ステップ 2. これらの構文を入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

● diskpart

● list volume

● select volume n(nはSSDドライブのパーティション番号です)

● format fs=ntfs quick label=test(または「fs = fat32」と入力してSSDをFAT32でフォーマットできます)

● exit

DiskpartでボリュームをNTFSでフォーマット

    注意:SSDをクリーニングするには、次の構文を試すことができます:diskpart> list disk> select disk n(nはSSDのディスク番号)> clean> exit。


Windowsの組み込みツールでは、システムパーティションとブートパーティシることョンをフォーマットすはできません。Cドライブを右クリックすると、「フォーマット」オプションがグレー表示されます。

ただし、Windowsをクリーンインストールするためにシステムパーティションをフォーマットする必要がある場合は、サードパーティ製のパーティションマネージャー(AOMEI Partition Assistant Proなど)を使用して目的を実現できます。起動可能なUSB/CDを作成して、システムパーティションをフォーマットできるWindows PEからコンピューターを起動します。

方法3.AOMEI Partition AssistantでSSDをフォーマット

AOMEI Partition Assistant Proは、ハードディスクのパーティションを簡単に管理できるパーティション管理専門ソフトです。NTFSからFAT32に32GBを超えるパーティションをフォーマットすることもできます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストール、起動します。次に、フォーマットするSSDパーティションを右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマットする

ステップ 2. ここで、パーティションに名前を付けてファイルシステムを変更し、「はい」をクリックして続行します。

ファイルシステムを変更

ステップ 3. ツールバーの「適用」をクリックして操作をコミットすることを忘れないでくださいね。

フォーマット操作を実行

    注意:Cドライブまたはシステムディスクをフォーマットすると、オペレーティングシステムが起動できなくなります。よく考えてから実行することをお勧めします。


さらに、AOMEI Partition Assistantは、ハードディスクへのゼロの書き込みをサポートしています。これは、低レベルフォーマットの一種として知られています。興味があれば、この機能を試してください。

結論

前述の3つの方法は、Samsung SSD、Crucial SSDなどのほとんどのSSDドライブに適用されます。実際には、新しいデータを書き込む前に、フォーマットによってSSD上のデータが本当に消去されません。 専門的なデータ復旧ソフトウェアで読者様のデータを復旧できますので、SSDを販売または寄付する場合は、SSD上のすべてのデータを完全に削除する必要があります。AOMEIPartition Assistantには、パーティション消去のような機能もあります。いったん実行すると、データはどのデータ復旧ソフトウェアでも復元できません。

ちなみに、サーバユーザなら、AOMEI Partition Assistant Server版にアップグレードして、空き容量の割り当て、ダイナミックディスクのベーシックへの変換、SSD完全消去などのより多くの高度な機能をサーバパソコンで実行できます。会社営業者は、AOMEI Partition Assistant Technician版を使用すると、台数無制限のPC&サーバパソコンで使えます。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!