ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年07月30日

HDD形式について(MBRとGPT)

今日では、コンピュータを使って、仕事や学習などの生活に関わるすべてのことを扱うことに慣れています。HDDはコンピュータの不可欠な部分として機能するので、それらについていくつかのことを知る必要があります。まず、ハードディスクのスタイル(MBRとGPT)を知っておく必要があります。

ご存知のように、初めて新しいHDDを使用しようとすると、「論理ディスクがアクセスできるようにはディスクを初期化する必要があります」というメッセージが表示されます。次に、HDDをMBRまたはGPTのいずれかに初期化する必要があります。セーフモード

一般的に、WindowsはデフォルトでデバイスをMBRに初期化しますが、ほとんどの場合は、初心者をはじめとする人は、いつでもこのディスクスタイルが出会えなくなるまで「GPT」を気にせずにこの初期化を完了するために「OK」を直接クリックします。気にづいた後、GPTに変換するしかありません。

では、MBRとGPTディスクの違いは何ですか?

MBR

MBRは、マスタブートレコードの略で、ハードディスクのパーティションを管理する古いディスクスタイルです。MBRディスクでは、最大4つのプライマリパーティションを作成できます。より多くのパーティションを作成するには、最初に4番目のパーティションを拡張パーティションにしてから、さらに多くの論理パーティションを作成する必要があります。また、MBRディスクは最大2TBの容量しかサポートしていません。ハードディスクがこの制限を超えている場合は、残りのスペースがDMに「未割り当て」と表示され、使用できなくなります。さらに、パーティションテーブルが破損または破損している場合、ディスク全体が使用できなくなります。

GPT

GPTは、ハードディスク上のパーティションを管理する最新の標準であるGUIDパーティションテーブルの略語です。その名前が示すように、GPTはパーティションを定義するためにグロー意の識別子を採用します。GPTディスクでは、128のプライマリパーティションを作成できます。これはMBRよりも大きな利点です。一方、GPTは論理ブロックアドレスに64ビットを割り当てるため、MBRのディスクサイズ制限を正常に破り、最大18EBの容量をサポートすることができます。この機能により、2TB以上のすべてのハードディスクをフルに活用できます。さらに、MBRとは異なり、GPTにはハードディスクの先頭にプライマリGUIDパーティションテーブルヘッダーがあり、ディスクの最後にバックアップGUIDパーティションテーブルヘッダーが付いているため、何かが間違ったり、プライマリGPTパーティションでエラーが検出されたりする場合は、バックアップGUIDパーティションテーブルからパーティションを復元することができます。

MBRからGPTに変換する原因

1. 時間が経つと、SSDやHDDに保存されているさまざまな種類のデータの数が急速に増えています。したがって、より多くのデータを格納するために、より多くのパーティションを作成する必要がありますが、MBRディスク上のパーティション番号が最大行に達した場合にできることは何ですか?これは勿論、MBRをより多くのパーティションをサポートするGPTに変換します。

2. 4TB以上のSamsungまたはCorsair SSDを購入したばかりで、2TB以上のスペースを無駄にしたくない場合は、MBRをGPTに変換することができます。

3. 通常のMBRディスクにWindows 10をインストールしようとすると、BIOSでEFI Boot Sourcesの設定が有効になっていると、Windowsは「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクにはMBRパーティションがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」とエラーメッセージが出てきます。こういう時、MBRからGPTに変換する必要があります。

では、次から、MBRからGPTに変換する詳細な手順を説明します。

MBRからGPTに変換する2つの方法

一般に、MBRをGPTに変換するには、ディスク管理とプロパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistantの2つの方法があります。

方法 1. Windowsディスク管理によるMBRからGPTへの変換

始める前に、パーティションまたはボリュームなしで、ターゲットディスクが空の場合にのみ、ディスク管理がこの変換を完了できることを知っておく必要があります。つまり、最初にパーティションを削除またはフォーマットする必要があります。したがって、AOMEI Backupper 90日間のトライアルAOMEI Backupper高級版の無料体験版を使用して、安全な場所にデータをバックアップすることを強くお勧めします。次に、手順を実行します。

  • 手順 1. 「マイコンピュータ/このPC」- >「管理」 - >「ディスクの管理」を右クリックします。

  • 手順 2. 変換するディスクの各パーティションを右クリックし、「ボリュームの削除」を選択してディスクをクリーニングします。

  • 手順 3. ターゲットディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

この操作を完了するのに時間がかかないが、上記の書いたように、データ損失のリスクをもたらす可能性があります。だから、データ損失のないMBRからGPTへの変換に役立つ便利なツールを紹介します。

2. AOMEI Partition AssistantによるMBRからGPTへの変換

The AOMEI Partition Assistantは、ターゲットディスクのパーティションを削除したりフォーマットしたりすることなく、MBRとGPT間の変換を実現するのに役立つ、強力なソフトウェアです。ディスク/パーティションを管理するために必要な多くの機能があります。以下では、Windows 10でMBRからGPTに変換する手順です。

  • 手順 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして実行します。対象のMBRディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。セーフモード

  • 手順 2. ミニウィンドウで「はい」をクリックして操作を確定します。GPTへの変換を確認

  • 手順 3. 「適用」ボタンをクリックして変換を確定します。GPTへの変換を適用

MBRからGPTへの変換は、データを損失することなく、簡単かつ効果的に行われました。AOMEI Partition Assistant Proを使って、データ損失なくシステムディスクをMBRからGPTに変換することもできます。