Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月21日

OS移行、または新しいソリッド・ステート・ドライブにOSを移行することは非常に一般的な操作です。一般的に、それを行うために使用できる方法が2つあります。つまり、ディスクをクローンすることや移行ソフトウェアを使用することです。

OSを移行する最初の方法は、ディスクのクローンを作成することです。つまり、新しいソリッド・ステート・ドライブにOSを移行すると言うことです。次の手順に従ってください。まず、オリジナルドライブをバックアップしてファイルを削除する必要があります。すると、現在のドライブをソリッド・ステート・ドライブにクローンします。そして、必要ならば、現在のドライブを消去します。

この方法では、OS移行ソフトウェアは必要ありませんが、他の問題に悩まされることがあります。まず、オペレーティングシステムがディスクの中に含まれているため、SSDにディスクをクローンすることにより、OSを移行する必要があります。システムパーティションだけでなく、データパーティションも移行されます。

SSDの容量も制限がありますので、そこにデータを大量に保存することができません。そして、オリジナルシステムからSSDにOSを直接にインストールすることも複雑です。問題を解決できる他の方法はありますか?明らかに、サードパーティ製のソフトウェアが最適な選択肢となります。すべてのOS移行ソフトウェアの中で、AOMEI Partition Assistantは一番完璧なものであると見なされています。

OSを移行する二番目の方法は、OS移行ソフトウェアを使用することです。AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows内蔵のユーティリティ‐「ディスクの管理」が持っていない機能を持っています。それでは、詳細を見てみましょう。

まず、AOMEI Partition Assistant Proを起動します。すると、左側の「全てのツール」には「OSをSSDに移行」という機能が表示されます。

それをクリックすると、「OSをSSDに移行」ウィザードが表示されます。これは使いやすくて、マウスを数回クリックすることだけで、OS移行操作を完了することができます。下の写真は、AOMEI Partition Assistantのスクリーンショットです。

OSをSSDに移行

次へ

このOS移行ソフトウェアを使用して、新しいSSDにOSを簡単に移行することができます。そして、AOMEI Partition AssistantがWindows server 2000、Vista、XP、 2003、 2008などの Windowsプラットフォームをサポートしています。また、OS移行中に、データを失うことやOSを再インストールすることがありません。移行プロセスを簡素化し、すべてのデータおよびファイルのセキュリティを保持します。

比較すると、サードパーティのソフトウェアを使用しないOS移行は一部のユーザーにとって複雑ですが、AOMEI Partition Assistantは、すべてのユーザーにとって良い代替手段になります。実際には、このソフトがより多くの機能を持っています。それでは、今すぐこのソフトの無料体験版をダウンロードして、自分で試してみましょう。