By AOMEI / 最後の更新 2021年03月22日

ディスクをクローンすることにより、OSを移行する

オペレーティングシステム(OS)を再インストールせず新しいHDD(ハードディスクドライブ)またはSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)に移行する一般的な方法は、ディスクのクローンを作成することです。次の手順に従ってください:まず、クローン元のドライブをバックアップして、不要になったファイルを削除したりディスククリーンアップを実行する必要があります。そして、古いドライブ全体を新しいHDDまたはSSDに丸ごとクローン・コピーします。最後は、必要ならば、クローン完了後に、クローン元のドライブを消去することができます。

SSDにディスクをクローンすることは、システムパーティションだけでなく、データパーティションもすべて移行されます。クローン先のSSDの容量にも制限がありますので、そこにデータを大量に保存することができません。OSのみを移行する方法はずっといいです。

OS移行ソフトウェアでOSを移行する方法

OSをHDDまたはSSDに移行するための二番目の方法は、サードパーティ製のOS移行ソフトウェアを使用することです。AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows「ディスクの管理」が持っていない「OSをSSDに移行」機能を備えています。OS移行ソフトでOSを新しいSSDに移行する手順を見てみましょう。

1. まずはAOMEI Partition Assistant Proをダウンロード、インストール、起動します。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

2. 左側にある「全てのツール」の「OSをSSDに移行」をクリックします。後は、わかりやすいウィザードに従って、OSの移行を完成させます。

OSをSSDに移行

次へ

ご覧のように、誰でも簡単に使えるOS移行ソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、数回のクリックだけで、データを失うことやしすを再インストールすることなくOSの移行操作を簡単に完了することができます。移行操作を簡素化し、すべてのデータを安全に保ちます。

Windows Server 2019、2016、2012、2012 R2、2008、2008 R2、2003、2003 R2に対応するAOMEI Partition Assistant Serverもあります。

「OSをSSDに移行」のほか、このソフトがより多くの機能を持っています。それでは、今すぐこのソフトの無料体験版をダウンロードして、自分で試してみましょう。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速