By ゆき / 最後の更新 2020年10月30日

HDDはハードディスクドライブの略語で、SSDはソリッドステートドライブの意味です。2つのディスクはよく使用され、同じ仕事をしています。それらはシステムを起動し、アプリケーションと個人的なファイルを保存します。でも、違う種類のストレージは自分のユニークな設定を持っています。

例えば、SSDはより速い速度があり、耐久性により信頼性があります。そのため、SSDはより常にシステムディスクとして使用されます。時には、システムとデータの安全性を維持するために、ユーザーはHDDからSSDへOSをクローンする必要があります。

通常に、SSDはHDDより小さくて、ユーザーはWindowsの内蔵ツールでSSDへHDDをクローンしますが、それは簡単ではありません。以下のように、操作を行う必要があります。

PS: SSDの容量が十分に大きい場合は、1と2をスキップできます。
1. OS HDDの任意の非OSパーティションからデータを移動して、それらのパーティションを削除します。
2. 新しいSSDを合わせるために、OSパーティションを縮小します。
3. OSパーティションのイメージを外付けHDDに作成します。
4. 新しいSSDをインストールします。
5. 外付けHDDからOSイメージを復元します。
6. OSパーティションをリサイズして、SSDの容量を満たします。
7. WindowsはそれをSSDとして認識できるために、OSドライブのレートをもう一度調整する必要があります。

WindowsでSSDへHDDをクローンするのは退屈で、複雑な過程です。人々は、HDDからSSDへOSをクローンできる簡単な方法または無料ソフトウェアを探しています。そして、AOMEI Partition Assistant StandardとAOMEI Backupper Standard2つは強力で、無料であることを見つけます。

AOMEI Partition Assistant StandardでSSDへHDDをクローンします

AOMEI Partition Assistant Standardについて

AOMEI Partition Assistant StandardはOSクローンとパーティションの専門ソフトウェアであり、データの安全性とシステムの起動可能とともにHDDからSSDへOSをクローンできます。素人にとっても、それは使いやすいです。

✦ 幅広い互換性:Windows 10/8/7およびWindowsXP/Vistaのすべてのエディション(32ビットおよび64ビット)で正常に動作します。
✦ 柔軟なクローン作成方法:HDDからSSDに使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクターをクローンするか、使用済みセクターのみをクローンできます。不良セクターのHDDをクローンしたり、大きいHDDを小さいSSDにクローンしたりできます。
✦ フル機能:HDD全体をSSDにクローンする以外に、ブート関連のパーティションまたは単一のデータパーティションのみをHDDからSSDにクローンできます。
✦ ユーザーフレンドリーなGUI:最新の簡潔なグラフィックユーザーインターフェイスにより、クローン作成プロセスを簡単に処理できます。

✎✎✎注意:Standard版はデータディスクのクローンまたはMBRからMBRへの起動ディスククローンだけをサポートします。GPTからGPTへ、GPTからMBRへまたはMBRからGPTへ起動ディスクをクローンする場合、Professional版にアップグレードしてください。

SSDへHDDをクローンする方法

まず、SSDをコンピューターに接続し、SSDが検出されることを確認する必要があります。ディスクベイが1つしかないラップトップでHDDをSSDにクローンするには、SATA-USB変換ケーブルが必要です。

次に、このHDDをSSDクローンフリーウェアーAOMEI Partition Assistant Standardにダウンロードし、以下の手順に従います(Windows 10 HDDをより小さなSSDにクローンしていると仮定します)。

無料ダウンロード

Win 10/8.1/8/7/XP

AOMEI Partition Assistant Standard版

手順 1. AOMEI Partition Assistant Standardをインストールして実行します。「全てのツール」と「ディスククローンウィザード」に移動します。

aomei partition assistant クローン

手順 2. このウィンドウで、「ディスクの高速クローン」を選択し、「次へ」をクリックします。

aomei partition assistant クローン

手順 3. ソースディスクとしてWindows10 HDDを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

aomei partition assistant クローン

手順 4. ターゲットディスクとしてSSDを選択します。SSDのパフォーマンスを最適化して「SSDの性能を最適化」をチェックします。次に、「次へ」をクリックします。

aomei partition assistant クローン

手順 5. ここで、ターゲットディスク上のパーティションをフィットまたは編集できます。ターゲットディスクがソースディスクよりも小さいため、最初のオプションはクリックできません。

aomei partition assistant クローン

手順 6. 次に、クローン先ディスクからオペレーティングシステムを起動する方法についてのメモが表示されます。「完了」をクリックします。

aomei partition assistant クローン

手順 7. メインインターフェースが表示されます。「適用」と「続行」をクリックして、操作をコミットします。

aomei partition assistant クローン

手順 8. HDDをSSDに正常にクローンした後、クローンしたSSDから起動するには、コンピューターを再起動し、BIOSに入って起動優先度を変更できます。

AOMEI Backupper StandardでSSDへHDDをクローンします

AOMEI Backupper Standardは専門的なバックアップソフトです。それはHDDをSSDに簡単にクローンでき、大きなHDDを小さなSSDにクローンすることもできます(使用スペースがSSD以下であることを確認してください)。

以下のステップバイステップガイドをご覧ください。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードしてインストールします。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP

手順 2. プログラムを実行し、「クローン」>「ディスククローン」オプションを選択してください。

aomei backupper ssd クローン

手順 3. クローンしたいHDDをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックしてください。

aomei backupper ssd クローン

手順 4. 小さなSSDをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックしてください。

aomei backupper ssd クローン

手順 5. クローンしたSSDの読み取りおよび書き込み速度を最適化するために、「SSD 4Kアライメント」オプションにチェックマークを付けてください。次に、「開始」をクリックして、HDDをSSDにクローンし始めます。

aomei backupper ssd クローン

ノート:
◆ このバージョンは、データディスク間のクローンとMBRタイプの起動ディスクからMBRディスクへのクローンのみをサポートしています。GPTタイプの起動ディスクをクローンするか、MBRタイプの起動ディスクからGPTディスクにクローンする場合は、AOMEI Backupper Professionalまたは他の有料バージョンへアップグレードする必要があります。
◆ ソースHDDとターゲットSSD間のパーティションスタイルを確認します。「ディスクの管理」に移動し、ソースHDDまたはターゲットSSDを右クリックして、「プロパティ」>「ボリューム」を選択します。そして、「パーティションのスタイル」ではMBRかGPTを確認できます。

まとめ

強力なHDDからSSDへのクローン作成フリーウェア–AOMEI Partition Assistant StandardとAOMEI Backupper Standardを使用すると、数回クリックするだけでHDDからSSDへのクローンを作成できます。

さらに、HDDからHDD、SSDからSSD、SSDからHDDなどのクローンを作成するためにも使用できます。ニーズに応じて適切なソフトウェアを選択してください。2つのPro版を一緒に購入すると、より大きな割引が受けられます。

Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Partition Assistant ServerAOMEI Backupper Serverを試すことができます。