ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月12日

Windows OSのインストール中にMBR GPTのエラーが発生した場合は、データを失うことなくGPTからMBR(またはMBRからGPT)に変換する方法を見つけることができますか。ここでは、データが失われたためOSをアクセスできないことはないにGPTをMBRに変換する方法を2つ提供します。

シナリオ

「Windows 8オペレーティングシステムがインストールされたコンピュータを持っていますが、Windows 7に変換するつもりです。しかし、Windows 7のインストールしている途中に、パーティションをフォーマットするときに、パーティションがGPT形式であることが示されました。GPTをMBRに変換する必要があることを意味します。どうすれば、OSなしで、データを失わずにGPTをMBRに変換するのですか?」

実は、ユーザーがGPTディスクをMBRディスクに変換したり、MBRをGPTディスクに変換したりするように導く多くの理由があります。例えば、Windows 32ビット OSはMBRディスクからのみブートできるため、Windows 32ビット OSをインストールする前に、GPTをMBRに変換する必要があります。一般に、Windows OSでは、データディスクからMBRディスクまたはGPTディスクに変換することは複雑ではありません。しかし、シナリオのようにOSなしで、データを失わずにGPTをMBRに変換すれば、ちょっと複雑だと思います。

GPTからMBRへの変更が必要でる理由

上述からみて、GPTディスクはMBRよりはるかに優れているようです。なぜHDDをGPTからMBRに変換する必要がありますか?この質問に答える前に以下の状況に遭ったことがありますか?Windowsのセットアップを使用してBIOSベースのPCにWindowsをインストールする時、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクは、GPTのパーティションスタイルです」というエラーメッセージが表示されてしまいました。

実は、一部のパソコンのマザーボードはBIOSだけに対応し、その上にMBRがインストールされています。多くのユーザーは常にMBRディスクにWindowsシステムをインストールします。この一部のコンピューターはEFIマザーボードをサポートしないので、ユーザーはGPTディスクにWindowsシステムをインストールできません。お使いのPCはBIOSモードで起動しますが、お使いのHDDはBIOSモードのための構造ではありません。それはWindows 7インストール時にGPTからMBRに変換する必要がある理由です。

エラーメッセージ

WindowsインストールしているところにGPTからMBRへ変換する方法

GPTディスクをMBRディスクに変換するには、Windowsのインストールしているところにタスクを完了することができます。でも、この方法では、ディスクのデータはすべて失うことになります。

1. まず、CD/DVDを挿入し、「Shift + F10」を押してコマンドプロンプトウィンドウを開きます。

コマンドプロンプトウィンドウ

2. cmdに「Diskpart」と入力します

3. 「list disk」と入力します。変換したいMBRディスク番号をマークします。

list disk

4. 「select disk n」(nは変換したいディスクの番号です)と入力します。

select disk

ステップ4:「clean」を入力してディスクの既存パーティションを削除します。そして「Enter」を押します。

5. 「clean」と入力します。ディスク上のすべてのパーティションとデータが削除されます。それを行う前に、重要なデータをバックアップし、或いはデータがないことを確認してください。

6. 「convert mbr」と入力します。選択されたディスクからMBRディスクへ変換します。

データが失わずにGPTをMBRに変換する最高の方法

Diskpartを使用してOSなしでGPTからMBRに変換するのはデータを失うリスクがあります。また、コマンドプロンプトの操作は取り消すことができず、操作中に大きなダメージを与える可能性がありますので、ほかの安全性の高い方法があります。

AOMEI Partition Assistantソフト

ディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant ProfessionalはWindows OSのため最高なディスクマネージャです。パーティションのサイズ変更、パーティションのフォーマット、HDDのワイプなど、HDDの管理に役立ちます。重要なことに、OSなしで、またはデータを失わずに安全にGPTディスクからMBRディスクへ変換することができます。

データを失わずにGPTディスクからMBRディスクへ変換する詳しく手順

ステップ 1. まず、ブート可能なメーディア(CD/DVD、USBメモリーでもいいです)を作成します。ここでは、AOMEI Partition Assistantを使用してブート可能なUSBメモリーを作成します。Windows ADKまたはWindows AIK(Windows ADKのダウンロード)をインストールする必要があります。システムにWindows AIK/ADKをインストールしている場合、AIKまたはADKのインストールされたディレクトリの下にあるWIMファイルを見つけて、手動でファイルパスを次のボックスに設定する必要があります。

1. 動作中のWindowsコンピュータで16GB(より大きくてもいい)USBフラッシュドライブを接続します。

2. AOMEI Partition Assistant Proの体験版を無料ダウンロードし、インストールし、起動します。メーンインタフィスで「ブータブールCD/USBを作成」を選択します。

ブータブールCD/USBの作成

3. 「USBブートデバイス」を選択し、ISOファイルを格納する対象の場所としてUSBを選択し、「続行」をクリックします。

USBブートデバイス

4. 進行が完了するまで待ってください。「完了」をクリックします。

進行

AOMEI Partition Assistantを使用してブータブルメディアを作成した後、BIOSでGPTをMBRに変換できます。

ステップ 2. その後、データが失われたためOSをアクセスできないことはないにGPTをMBRに変換し始めることができます。

1. ブート可能なUSBを使用して、BIOSを入力してコンピュータを起動します。AOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスに入ります。

ブート設定

2. データを失わずにGPTをMBRに変換するには、ここでHDDを右クリックし、ポップアップメニューの「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクへ変換

3.次に、GPTをMBRに変換する操作を確認する必要があるから、「はい」をクリックします。

はい

4. その後、メインインターフェイスに戻り、ツールバーの「適用」をクリックします。

適用

AOMEI Partition Assistantを使用してOSなしで、データが失わずにGPTディスクからMBRディスクへ変換することができます。もし、MBRディスクからGPTディスクへ変換したいなら、ポップアップメニューでMBRディスクを右クリック、「GPTディスクへ変換」を選択します。詳細はデータを失わずにGPTにMBRを変換することを参照して下さい。

注:

●GPTハードディスクに4つ以上のプライマリパーティションがある場合、AOMEI Partition Assistantは変換中に4番目のパーティション以降のパーティションを論理パーティションに自動的に変更します。

●AOMEI Partition Assistant ProfessionalではブートディスクをMBRとGPTの間で変換することができます。Windows 32ビットOSはMBRディスクからのみブートできるため、変換後にMBRをGPTディスクに変換することはできません。さらに、マザーボードがEFI/UEFIをサポートしていることを確認する必要があります。