By Comnena / 最後の更新 2021年02月22日

GPTからMBRへの変更が必要でる理由

Windows 8オペレーティングシステムがインストールされたコンピュータを持っていますが、Windows 7に変換するつもりです。しかし、Windows 7のインストールしている途中に、パーティションをフォーマットするときに、パーティションがGPT形式であることが示されました。GPTをMBRに変換する必要があることを意味します。

どうすれば、OSなしで、データを失わずにGPTをMBRに変換するのですか?

--実例

実は、ユーザーがGPTディスクをMBRディスクに変換したり、MBRをGPTディスクに変換したりする多くの理由があります。例えば、Windows 32ビットOSはMBRディスクからのみブートできるため、Windows 32ビットOSをインストールする前に、GPTをMBRに変換する必要があります。

一般に、Windows OSでは、データディスクからMBRディスクまたはGPTディスクに変換することは複雑ではありません。しかし、シナリオのようにOSなしで、データを失わずにGPTをMBRに変換すれば、ちょっと複雑だと思います。

GPTをMBRに変換する方法

GPTディスクをMBRディスクに変換するには、Windowsのインストールしているところにタスクを完了することができます。でも、この方法では、ディスクのデータはすべて失うことになります。

ステップ 1. まず、CD/DVDを挿入し、「Shift + F10」を押してコマンドプロンプトウィンドウを開きます。

コマンドプロンプトウィンドウ

ステップ 2. cmdに「Diskpart」と入力します。

ステップ 3. 「list disk」と入力します。MBRに変換するディスク番号を確認します。

list disk

ステップ 4. 「select disk n」(nは変換したいディスクの番号です)と入力します。

ディスクを選択

ステップ 5. 「clean」と入力します。この操作はディスク上のすべてのパーティションとデータを削除します。それを行う前に、重要なデータをバックアップしてください。

ステップ 6. 「convert mbr」と入力します。選択されたディスクからMBRディスクへ変換します。

データを保持したままGPTをMBRに変換する最高の方法

Diskpartを使用してOSなしでGPTからMBRに変換するのはデータを失うリスクがあります。また、コマンドプロンプトの操作は取り消すことができず、操作中に大きなダメージを与える可能性があります。さて、データを保持したままGPTをMBRに安全に変換するにはどうすればよいですか?まず、ディスクパーティション管理ソフトが必要です。

ディスクパーティション管理ソフト-AOMEI Partition Assistant ProfessionalはWindows OSのため最高なディスクマネージャです。パーティションのサイズ変更、パーティションのフォーマット、HDDのワイプなど、HDDの管理に役立ちます。重要なことに、OSなしで、またはデータを失わずに安全にGPTディスクからMBRディスクへ変換することができます。これから、詳しく手順を紹介します。

無料ダウンロード

Win 10/8.1/8/7/XP

AOMEI Partition Assistant Pro 体験版

手順 1. ブート可能なメーディアを作成する

ここでは、AOMEI Partition Assistantを使用してブート可能なUSBメモリーを作成します。Windows ADKまたはWindows AIK(Windows ADKのダウンロード)をインストールする必要があります。システムにWindows AIK/ADKをインストールしている場合、AIKまたはADKのインストールされたディレクトリの下にあるWIMファイルを見つけて、手動でファイルパスを次のボックスに設定する必要があります。

ステップ 1. 動作中のWindowsコンピュータで16GB(より大きくてもいい)USBフラッシュドライブを接続します。

ステップ 2. AOMEI Partition Assistant Proをダウンロードし、インストールし、起動します。メーンインタフィスで「ブータブールCD/USBを作成」を選択します。

ブータブールCD/USBの作成

ステップ 3. 「USBブートデバイス」を選択し、ISOファイルを格納する場所としてUSBを選択し、「続行」をクリックします。

USBブートデバイス

ステップ 4. 操作が完了するまで待ってください。「完了」をクリックします。

進行

AOMEI Partition Assistantを使用してブータブルメディアを作成した後、BIOSでGPTをMBRに変換できます。

手順 2. GPTをMBRに変換し始める

ステップ 1. ブート可能なUSBを使用して、BIOSに入ってコンピュータを起動します。そしてAOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスが表示されます。

ブート設定

ステップ 2. データを失わずにGPTをMBRに変換するには、ここでHDDを右クリックし、ポップアップメニューの「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクへ変換

ステップ 3. 次に、GPTをMBRに変換する操作を確認する必要があるから、「はい」をクリックします。

はい

ステップ 4. その後、メインインターフェイスに戻り、ツールバーの「適用」をクリックします。

適用

AOMEI Partition Assistantを使用してOSなしで、データが失わずにGPTディスクからMBRディスクへ変換することができます。もし、MBRディスクからGPTディスクへ変換したいなら、ポップアップメニューでMBRディスクを右クリック、「GPTディスクへ変換」を選択します。詳細はデータを失わずにGPTにMBRを変換することを参照して下さい。

注意:
◆ GPTハードディスクに4つ以上のプライマリパーティションがある場合、AOMEI Partition Assistantは変換中に4番目のパーティション以降のパーティションを論理パーティションに自動的に変更します。
◆ AOMEI Partition Assistant ProfessionalではブートディスクをMBRとGPTの間で変換することができます。Windows 32ビットOSはMBRディスクからのみブートできるため、変換後にMBRをGPTディスクに変換することはできません。さらに、マザーボードがEFI/UEFIをサポートしていることを確認する必要があります。

まとめ

これで、データを保持したままGPTをMBRに変換する方法がわかりました。ご覧のとおり、AOMEI Partition Assistant Professionalはデータを失わずにGPTにMBRを変換するだけでなく、MBRにGPTを変換することもできます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Partition Assistant Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。