By Akira / 最後の更新 2022年02月14日

Windows 11のデフラグは必要ですか?

時間が経つと、パソコンの動作が遅くなったり、反応が悪くなったりすることがあります。その原因のひとつは、ハードディスクの断片化率の高さです。一般的に、ハードディスクのファイルは、連続した異なるセグメントの形で保存されます。

しかし、保存、再保存、削除を頻繁に行うと、これらのセグメントが互いに分離してハードディスクに散在し、ファイルを見つけることが難しくなります。この場合、読み込み速度が極端に低下します。

この問題を解決するには、デフラグが効果的です。デフラグを実行すると、ハードディスクのすべてのファイルが再編成され、セグメントが元に戻るため、読み込み速度が向上します。

ディスクデフラグ

ハードディスクの断片化が10%を超えている場合、Windows 11でディスクデフラグを実行する必要があります。断片化率の確認は、後ほど説明するWindowsのデフラグツールで行ってください。また、ディスクのデフラグはどれくらいの頻度で行えばいいのでしょう?通常、特にPCを頻繁に使用する場合は、少なくとも週に一度は行う必要があります。

Windows 11でディスクデフラグを実行する方法

次に、Windows 11でディスクデフラグを実行する4つの方法を紹介します。正しく実行するには、次のステップバイステップのチュートリアルを確認してください。

方法 1. Windows内蔵デフラグツールを使用する

Windows 11には、デフラグツールが搭載されており、手動でハードディスクをデフラグしたり、スケジュールを設定したりすることができます。

1. タスクバーの検索ボックスに「デフラグ」と入力して、検索結果から「ドライブのデフラグと最適化」を選択します。

ドライブのデフラグと最適化

2. 次に、「ドライブの最適化」ウィンドウで、ディスクの現在の状態を確認できます。10%以上であれば、「最適化」をクリックして、ディスクデフラグが開始されます。PCのスケジュールデフラグを実行したい場合は、「設定の変更」ボタンを押して進みます。

設定の変更

3. 次に、「スケジュールに従って実行する(推奨)」と「……タスクの優先度を上げる」オプションをオンにします。次に、「頻度」をクリックして、最適化の頻度を事前に設定できます。最適化するドライブも選択できます。次に、「OK」をクリックして変更を保存します。

デフラグスケジュール

方法 2. コマンドプロンプトを使用する

コマンドプロンプトは、さまざまなコマンドを実行するためのWindowsのコマンドラインインターフェイスプログラムの1つです。コマンドプロンプトでディスクデフラグを実行できますが、さまざまな行の意味をよく理解していなければならないため、少々やっかいな作業です。したがって、このプログラムは、プロフェッショナルなユーザーにのみお勧めします。では、Windows 11でCMDを使ってデフラグを実行するにはどうすればよいでしょうか?

1. Windows 11でコマンドプロンプト(CMD)を起動します。

2. CMDウィンドウで、「defrag/?」と入力してEnterキーを押します。デフラグでサポートされているすべてのオプションが表示されます。デフラグを実行するには、「defrag C:/A」を入力します。

cmd

3. 例えば、Cドライブのデフラグだけを行いたい場合は「defrag C:」、Cドライブを解析してデフラグが必要かどうかを確認したい場合は「defrag C:/A」、すべてのドライブを一度にデフラグしたい場合は「defrag/C」と入力してEnterキーを押してみてください。

方法 3. BATファイルを使用する

Windows内蔵デフラグツールとは別に、BATファイルも利用可能です。

1. メモ帳を開きます。

2. ファイルエクスプローラーで、PCのドライブを確認して、テキストエディタに以下のように入力します。

@echo off

defrag.exe c: -f

defrag.exe d: -f

defrag.exe e: -f

batファイル

3.BATファイルとして保存します。管理者権限でこれを実行すると、ディスクデフラグが開始されます。

方法 4. サードパーティ製のデフラグツールを使用する

上記の3つのWindows内蔵デフラグラーとは別に、ここではより強力なサードパーティ製ソフトウェアユーティリティをお勧めします。AOMEI Partition Assistant Professionalは専門的なディスクマネージャーです。ディスクデフラグ、SSD 4Kアライメント、GPTディスクへの変換など、ディスク管理におけるさまざまな機能をサポートします。

AOMEI Partition Assistant Professionalの「ディスクデフラグ」を利用して、問題のあるハードディスクを最適化するだけでなく、ハードディスクをスコアリングできます。その上、ディスクデフラグのスケジュールを設定する機能は、Windows内蔵のデフラグラーよりも多くのオプションを提供します。また、デフラグを行う時間を正確に決めることができ、スタートアップ時やログオン時にデフラグを行うことも可能です。

ここでは、最高なディスクデフラグソフトをダウンロードして試してみてくださいね。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。すべてのディスクとそのパーティションが表示されたら、ターゲットディスクを右クリックして「ディスクデフラグ」を選択します。

ディスクデフラグ

2. 「ディスクデフラグ」のウィンドウで、選択したパーティションを手動で分析し、デフラグすることができます。または、「スケジュール」をクリックしてデフラグのスケジュールを実行することもできます。

スケジュール

3. デフラグのスケジュールを実行して「スケジュール」ボタンを押すことにした場合は、「スケジュール設定」ウィンドウで、ターゲットドライブとデフラグの頻度を日次、週次、月次から選択します。 一方、起動時にデフラグするか、ログオン時にデフラグするかを選択できます。

スケジュール設定

4. また、上記のように、デフラグする条件を設定できます。

条件設定

すべて完了したら、「OK」ボタンをクリックして変更を保存します。

結論

デフラグは、PCのパフォーマンスを最適化するために必要なステップです。では、Windows 11でディスクのデフラグを行うにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、ディスクのデフラグに役立つ4種類の方法を紹介します。それぞれ特徴がありますが、やはりAOMEI Partition Assistant Professionalは他の3つが持っている機能だけでなく、持っていない機能もすべて含まれています。もしあなたがWindows Serverユーザーであっても、この強力なソフトウェアをPCに適用したい場合は、Server版を試してみることができます。