By Akira / 最後の更新 2021年05月24日

警告:ディスク領域不足

「ドライブWindows7(C:)のディスクの空き領域が非常に少なくなっています。ここをクリックして、このドライブの領域を解放できるかどうか確認してください。」

ディスク領域不足

メッセージが述べたように、お使いのコンピュータにはシステムパーティションのディスク容量が不足していたため、オペレーティングシステムの機能に影響を及ぼしています。最も一般的な状況は、コンピュータが遅くなるということです。それにたいして、未使用のファイルを削除して空き領域を確保できますが、この問題を完全に解決することはできません。

システムディスクのパーティションをクリアしてから解放しても、ある程度の時間が経過すると、ディスク容量の問題がまた発生する可能性があります。ファイルを削除すると、ディスク容量の一部解放したため、それは短時間の解決方法です。

ディスク容量不足の問題を完全に解決するには、Cドライブに割り当てられていないスペースがを割り当てる必要があります。

ディスク管理でCドライブのスペースを増やす方法

ディスクの管理(DM)を利用して、Cドライブの容量を増やすことができます。しかし、Cドライブの直後に未割り当てのスペースがある場合にのみ、DMによってそれを増やすことができます。それ以外の場合は、Cドライブのボリュームをグレーアウトします。割り当てられていないスペースがある場合、どうやって未割り当てのスペースをCドライブに移動しますか?あるパーティションから別のパーティションに空き領域を割り当てる方法はありますか?

ボリュームをグレーアウト

したがって、最初は割り当てられていない領域を作成し、システムパーティションのすぐ後ろに配置する必要があります。次に、割り当てられていないスペースでCドライブを拡張します。割り当てられていない領域を作成するには、他のパーティションからいくつかを縮小するか、既存のパーティションを削除します。ただし、割り当てられていない領域はパーティションCドライブのすぐ後ろに配置する必要があります。したがって、Cドライブの後ろにあるボリュームを削除するしかないんです。

DドライブからCドライブスペースを増やす

次に、Dドライブ(Cドライブの後ろにあるドライブ)からCドライブにスペースを増やす方法の例を示します。

1. PCを右クリックして管理を選択し、コンピューターの管理を開き、「ディスクの管理」をクリックしてDドライブを右クリックし、「ボリュームの削除」を選択します。

ボリュームの削除

注意事項:✎...
Dドライブのデータはすべて削除されますので、このパーティションの重要なデータが別の安全な場所にバックアップまたは移行してください。
削除するボリュームが使用中の場合は、強制的に削除すると、このボリュームには使用しているアプリケーションで予期しないエラーが発生する可能性があります。ご注意ください!

警告

2. プロセスは数秒で完了します。終了すると、Dドライブに元々属していたスペースが未割り当てスペースになり、Cドライブの後ろにあります。

ヒント:割り当てられていない領域がまだ足りない場合、次のボリュームを削除して未割り当て領域をさらに作成できます。

3. Cドライブを右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択します。

ボリュームの拡張

4. 案内に従っいます。ここでは、Cドライブと削除されたDドライブの両方がディスク0にあり、ディスク0は空き領域を確保できる唯一のディスクです。したがって、ディスク0が自動的に選択されます。Cドライブに追加する空き容量を指定します(デフォルトでは、未割り当て領域をすべてターゲットボリュームにマージします)。「次へ」をクリックします。

選択

注意事項:✎...
別のディスクの上に未割り当ての空き領域が多くても、Cドライブに未割り当ての領域を追加することはできません。ダイナミックディスクボリュームのスペースは、異なるハードドライブ上にありますので、拡張しようとしている基本ボリュームがデータのみを含むハードドライブにある場合は、最初にディスク全体をダイナミックディスクに変換してから、別のハードディスク上の未割り当て領域を使用してボリュームを拡張することができます(つまりダイナミックディスクでなければなりません)。基本ハードディスクにシステムがインストールされている場合は、それをダイナミックにすることは推奨されません。システムの基本ディスクをダイナミックディスクに変換すると、システムが起動できなくなる可能性があります。結論として、システムの基本ディスクパーティションを拡張するには、このディスクのすぐ後ろに割り当てられていないスペースがないといけません。

5. 最後に「完了」をクリックします。数秒でシステムCドライブを拡張し終わります。

フォーマットせずに空き領域を割り当てる方法

上記のように、ディスクの管理はシステムドライブ(Cドライブ)を数秒で拡張するのに役立ちます。しかし、欠点は、パーティション間で空き領域を割り当てるために他のドライブをフォーマットする必要があることです。それでは、フォーマットせずに空き領域を割り当てる方法はありますか?

ハードドライブをフォーマットせずに空き領域を割り当てるには、AOMEI Partition Assistant Standardのようなプロソフトウェアを利用することをお勧めします。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ1.AOMEI Partition Assistantを起動して、割り当てるパーティションを右クリックして「空き領域を割り当てる」を選択します。 

空き領域を割り当てる

ステップ2.パーティションからカットする空き領域のサイズを入力すると、この空き領域が直接に宛先パーティションに追加されます。

空き領域が直接に宛先パーティションに追加されます

ステップ3.演算結果をプレビューすることができます。この操作を実行するには、「適用」をクリックしてください。ポップアウトウィンドウで、この操作を完了する時間が表示されます。また、途中にエラーが発生しないように、「実行する前に、チェックする」オプションをクリックしてください。デフォルトでは、このオプションがチェックされています。

適用

パーティションの拡張、パーティションの移動、または空き領域の割り当てなどの機能を利用すると、ハードディスクに未割り当て領域がない場合でも、他のドライブをフォーマットせずにCドライブの容量を増やすことができます。この3つの機能では、空き領域を割り当てるという機能はほかより簡単で効率的なんですが、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードする必要があります。常に未割り当て領域を配置する必要が方は、プロ版のほうがお勧めです。さらに、「アプリ引っ越し」機能では、プログラムをCドライブからDドライブ、または他のより大きなパーティションに移行して、ディスク容量不足の問題を解決することもできます。

アプリを移行

結語

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較