By Asher / 最後の更新 2022年08月03日

どうやってPCにWindows11をインストールするか?

皆さん、こんにちは、Windows11が登場するという話はもう聞いたと思います。私はとても興奮していて、これらの新しい機能を体験するのが待ちきれません。しかし、私はパソコン初心者なので、古いPCにWindows11をインストールする方法がまだわかりません。何かアドバイスはありますか?誠にありがとうございます。

- あるユーザーからの質問

Windows11の新機能は何ですか?

Windows11は間もなく登場します。Windows10と比較して、Windows11にはどのような新しい変更がありますか?現在、ユーザーインターフェースの再設計が進んでいるそうです。新しいユーザーインターフェイスに加えて、丸みを帯びた角の実装により、ユーザーインターフェイス全体の鋭いエッジが削除され、Windows11の外観が柔らかくなります。同時に、Microsoftがスマートフォンやタスクバーのバッテリー使用統計と同様のアプリケーションをセットアップし、通常タスクマネージャーに表示されるファイルブラウザープロセスが分離されるという報告もあります。

windows-11

Windows11をインストールする前に知っておくべきこと

Windows11をインストールする前に知っておくべきことは、まずPCがWindows11と互換性があるかどうかを確認することです。MicrosoftがWindows11を実行するために満たす必要のある最小システム要件は次のとおりです。

プロセッサ:1ギガヘルツ(GHz)以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサまたはSystem on a Chip(SoC)

RAM:4ギガバイト(GB)

ストレージ:64GB以上の記憶装置

システムファームウェア:UEFI、セキュアブート対応

TPM:トラステッドプラットフォームモジュール(TPM2.0)

グラフィックスカード:DirectX12以上(WDDM2.0ドライバー)に対応

ディスプレイ:対角サイズ9インチ以上で8ビットカラーの高解像度(720p)ディスプレイ

インターネット接続とMicrosoftアカウント:Windows11 Home Editionを初めて使用するとき、デバイスのセットアップを完了するには、インターネット接続とMicrosoftアカウントが必要です。

Windows11の最小システム要件から見ると、この最新バージョンのWindows OSは、インストール可能なPCの最小要件を比較的厳しく設定しています。Windows11のインストールを計画しているが、お使いのコンピュータがWindows11と互換性があるかどうかわからない場合は、Windows11互換性チェックプログラムを試してください。

Windows11をインストールする3つの方法

PCにWindows11をインストールするには、次の3つの方法があります。

1. Windows11インストールメディア:新規または使用済みのPCでWindows11の再インストールまたはクリーンインストールを実行するには、このオプションを使用してメディア作成ツールをダウンロードし、ブート可能なUSBまたはDVDを作成します。

2. Windows Update:Windows10からアップグレードする場合は、PCのアップグレードの準備ができたことを知らせるWindows Updateの通知が表示されるまで待つことをお勧めします。

3. Windows11インストールアシスタント:これは、現在ご利用のデバイスにWindows11をインストールする最適なオプションです。

方法1. インストールメディア(USB)でWindows11をインストール

Windows11には非常に多くの新機能があるので、自分で試してみるのが待ちきれませんか?しかし、Win11を正しくインストールするにはどうすればいいでしょうか?インターネットでWin11をインストールするチュートリアルはたくさんありますが、初心者にとって、いくつかの面倒な手順がうまく理解できまない可能性があります。そのため、次の内容では、最も明確な言葉を使用して、Win11のインストールを実行する方法を説明します。

以前は、ユーザーはCDを使用してWindowsをインストールすることが好きでしたが、現在、多くのラップトップにCDドライブが含まれていないため、人々はWindowsをインストールするためにUSBフラッシュドライブを使用する傾向があります。USBは、傷によって損傷することがないため、CDと比較して、データストレージとしてよりポータブルで安全です。今回は、USBインストールメディアを使用してWindows11を無料でインストールする方法を学びましょう。

1)Windowsのインストールに十分な空きストレージスペースが必要です。

2)少なくとも8GBの空き容量があるUSBフラッシュドライブが必要です。USBフラッシュドライブに重要なファイルがある場合は、事前にバックアップを作成することをお勧めします。

3)Windows11はUEFIブートモードのみをサポートしていることに注意してください。つまり、システムディスクはGPTディスクである必要があります。MBRの場合は、MBRをGPTに変換する必要があります。

第一歩:Windows11インストールメディアUSBを作成する

以前にUSBインストールメディアを作成したことがある場合は、手順5にスキップできます。それ以外の場合は、Microsoft media creation toolを使用して作成する必要があります。

手順 1. まずMicrosoftの公式Webサイトにアクセスして、メディア作成ツールをダウンロードし、管理者として実行します。

メディア作成ツールをダウンロード

手順 2. USBフラッシュドライブをPCに接続し、オペレーティングシステムがそれを検出するのを待ちます。

手順 3. ダウンロードが完了したら、exeファイルを開きます。

手順 4. 適用される通知とライセンス条項が表示され、読んだ後、「同意する」をクリックします。

適用される通知とライセンス条項に同意

手順 5. 「別のPCのインストールメディアを作成する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

別の PC のインストール メディアを作成するを選択

手順 6. 言語やエディションを選択します。終了したら、「次へ」をクリックします。

.言語やエディションを選択

手順 7. 使用するメディアを選択します。ここでは、「USBフラッシュドライブ」を選択します。「次へ」をクリックします。

USBフラッシュドライブを選択

手順 8. 「リムーバブルドライブ」でUSBドライブを選択し、「次へ」をクリックします。Windows11のメディアの作成を開始します。

注意:USBフラッシュドライブ上のすべてのデータは作成中に失われるため、重要なデータがある場合は、最初にバックアップを作成してください。

リムーバブルドライブでUSBドライブを選択

完了すると、Windows11がUSBデバイスに転送され、インストールメディアが作成されます。

第二步:インストールメディアUSBからWindows11をインストールする

Windows11用のUSBインストールメディアUSBが作成され後に、インストールメディアUSBをPCに挿入し、再起動します。F2、Delete、またはEscを押し続け、BIOSに入り、矢印キーを使用してUSBフラッシュドライブを最初のブートデバイスとして設定します。次に、コンピュータをインストールメディアから再起動します。

手順 1. Windowsを起動し、設定画面で、言語、時間と通貨の形式、キーボードまたは入力方法を選択する必要があります。終了したら、「次へ」をクリックして続行します。

言語、時間と通貨の形式、キーボードまたは入力方法を選択

手順 2. 「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストール

手順 3. Windows11をアクティブ化するには、プロダクトキーが必要です。それ以外の場合は、「プロダクトキーがありません」をクリックするだけで、インストールを完了してシステムを起動できます。ただし、一部の機能が制限されます。

手順 4. リストから必要なWindows11エディションとアーキテクチャを選択します。

手順 5. 「適用される通知とライセンス条項」で「同意します」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

手順 6. 「カスタム:Windowsのみをインストールする」をクリックしてください。

カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細)

手順 7. Windows11をインストールするドライブを選択します。

Windows 11のインストール場所を選択

手順 8. これで、Windows11のインストールが開始されます。完了するまでお待ちください。

手順 9. 終了すると、コンピュータが再起動します。

手順 10. Windows11の再起動した後、リージョンを選択するように求められ、「はい」をクリックします。次のウィンドウで、キーボードレイアウトを選択し、「はい」をクリックします。

手順 11. 最後に、画面の指示に従って残りの作業を完了し、Windows11にログインするためのアカウントを設定します。Microsoftや「ローカルアカウント」や「オフラインアカウント」のどちらでも問題ないことに注意してください。

数秒待つと、Windows11がすべてを準備し、自動的にデスクトップにログインします。

方法2. Windows UpdateでWindows11をインストール

インストールメディアUSBなしでWindows11をインストールするにはどうすればいいですか?Windows8またはそれ以前のバージョンではなく、現在Windows10を実行している場合は、データを失うことなく、Windows10をWindows11に直接アップグレードできます。

手順 1. 「スタート」をクリックし、表示されたスタートメニューの「設定」アイコンを選択し、「設定」を開きます。

手順 2. 「設定画面」が表示され、「更とセキュリティ」を選択します。

手順 3. 次に、「Windows Update」をクリックし、右側の「Windows11へのアップグレードの準備ができました」で「ダウンロードしてインストール」をクリックします。

手順 4. 画面の指示に従ってWindows11のをインストールを終了します。

Windows 11へのアップグレードの準備ができました

方法3. インストールアシスタントでWindows11をインストール

Windows Updateで動作要件を満たしているのにアップグレードの通知が来ない場合は、Microsoftが公開している「Windows11インストールアシスタント」を利用する方法があります。

開始する前に、以下の条件が満たされていることをご確認ください:

1)Windows10のライセンスを持っていることです。

2)インストールアシスタントを実行するには、PCにWindows10バージョン2004以降がインストールされている必要があります。

3)お使いのPCがアップグレード要件とサポート機能に関するWindows11のデバイス仕様を満たしていることです。一部の機能には、追加のハードウェアが必要です。また、PCの製造元のWebサイトにアクセスして、ドライバーの更新やハードウェアの互換性に関する情報を確認することをお勧めします。

4)Windows11をダウンロードするには、PCに9GBの空きディスク容量が必要です。

インストールアシスタントでWindows11をインストールする方法は次のとおりです。

手順 1. Windows11インストールアシスタントをダウンロードした後、管理者として実行します。

手順 2. ダウンロードされた.exeファイルをダブルクリックしてインストーラーを起動させます。

手順 3. デバイスハードウェアに互換性があることが確認されたら、ライセンス条項が表示されます「同意してインストール」を選択します。

同意してインストール

手順 4. インストールがはじまると、まずWindows11のダウンロードがはじまります。しばらく待ちましょう。

ダウンロードがはじまり

手順 5. ダウンロードの確認が終わると、Windows11のインストールがはじまります。

インストールがはじまり

手順 6. 「Windows11をインストールするには、PCを再起動する必要があります」が表示されたら「今すぐ再起動」ボタンを押します。ぼくのPCの場合は、ここまで約20分程かかりました。

今すぐ再起動

無事にWindows11へのアップグレードが終わると、タスクバーアイコンが中央にあるこのWindows11 デスクトップ画面が表示されます。

補充:Windows11のポータブルUSBドライブを作成する方法

「Windows11のインストールに失敗しました」というエラーが発生する場合があります。または、以上の方法でWindows11をインストールすることが複雑すぎると思う場合もあります。そのため、USBフラッシュドライブからWindows11をインストールしたくない場合は、Windows11 To Go USBを試してみてください。

ここでは、強力なディスクの管理ソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。このツールの「Windows To Go Creator」機能を使用して、簡単にポータブルUSBドライブを作成できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される
事前準備:

13GB以上のUSBドライブを用意する必要があります。

Windows11 ISOファイルをダウンロードする必要があります。

USB上のすべてのデータが消去されるため、事前にバックアップを作成してください。

AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードしてください。

手順 1. USBをPCに接続し、AOMEI Partition Assistant Professionalを起動します。

手順 2. メインウィンドウで、「全のツール」をクリックして「Windows To Go Creator」を選択します。

Windows To Go Creator

手順 3. この画面で、「パーソナルコンピュータ用のWindows To Goを作成」を選択して、「次へ」をクリックします。

パーソナルコンピュータ用のWindows To Goを作成

手順 4. そして、「インストールディスク/ISOでWindows To Goを作成」を選択して、フォルダーアイコンをクリックしてISOファイルを選択します。その後、「次へ」をクリックして続行します。

ISOファイルの指定

手順 5. USBフラッシュドライブを選択し、「続行」をクリックして作成を開始します(※詳細処理をクリックすると、作成したシステムの種類や起動モードを設定できます)。

続行

手順 6. データが消去される警告が出て、確認した後「はい」をクリックします。

完了

Windows11でハードドライブをパーティション分割する方法

上記のガイドに従ってWindows11をコンピュータに正常にインストールした後、ハードドライブにCドライブが1つしかない場合があります。この場合、何も変更しないと、すべてがCドライブにインストールされます。時間の経過とともに、Cドライブがいっぱいになるという問題が発生し、システムのクラッシュや黒い画面が頻繁に発生するなどの問題が発生する可能性があります。

では、どのようにしてマシン用の多くのパーティションを作成しますか?もちろん、Windowsに組み込まれている無料のユーティリティ「ディスクの管理」を利用して、ボリュームを縮小し、未割り当て領域を作成し、未割り当て領域を使用して新しいボリュームを作成することができます。しかし、もっと簡単な方法はAOMEI Partition Assistant Professionalを使用することです。この強力なソフトウェアを使用すると、パーティションを1つずつ作成する代わりに、「高速分割」機能を使用して、一度に複数のパーティションを作成できます。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動し、すべてのディスク情報が表示されるまで待ちます。

手順 2. パーティションを作成するディスクを選択し、右クリックします。「高速分割」を選択します。

高速分割

手順 3. ポップアップウィンドウで左側は作成したいパーティションの数とディスクタイプを設定できます。右側では各パーティションのファイルシステムとドライブラベルを指定できます。

プリセット

手順 4. 終了したら、「分割を開始」をクリックします。完了するのに数秒しかかかりません。

分割開始

一度に1つのパーティションのみを作成する場合は、「パーティションを分割」を試して、既存のパーティションから1つのパーティションを直接作成できます。

結論

Windows11が登場し、多くの新しい機能が追加されました。ぜひお試しください。そのため、このチュートリアルでは、Windows11を無料でインストールする方法を説明しました。全体として、内容を2つに分けました。前半では、三つの方法で古いPCにWindows11をインストールする詳細な手順を説明し、後半では、別のサードパーティソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalを紹介し、Windows11のポータブルUSBドライブを作成したり、Windows11のインストール後にハードドライブをパーティションを分割したりする方法も説明しました。

さらに、AOMEI Partition Assistant ProfessionalはフォーマットせずにNTFSとFAT32の間で変換を行う、パーティションを削除せずにGPTをMBRに、またはMBRをGPTに変換する、ハードディスクを消去するなど、他の多くの便利な機能を備えています。

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。