ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

信頼できるAOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、HDDにファイルやソフトウェアを保存しながら、Windows OS(オペレーティングシステム)のみをHDDからSSDに移行する方法を学びます。

OSだけをSSDに移行するのはなぜですか?

一般的に、なぜOSだけをHDDやSSDからSSDに移行させたいのかを説明する主な理由は2つあります。一つは、オペレーティングシステムの改善は、普通のユーザーにとっては十分です。OSを別にインストールされたソフトウェアと別々に稼働させたいだけだと思うかもしれません。SSDをOS(のみ)用のユーザーグループは、通常、PC構成の要件が少なく、大規模なゲームをインストールしません。

もう1つは、主に客観的要因、SSDサイズの制限から来ています。SSDには大容量で手頃な価格ですが、特に大規模なソフトウェアをインストールした人の日々の使用のニーズからはまだ遠いです。したがって、HDDにファイルを保存したまま、OSをSSDに移行することは不可欠な決定です。

OSのドライブだけをSSDに移行する方法は?

Windowsの伝統的なツールは、この分野ではユーザーに失敗する可能性があります。Windowsの内部ツールを使用してOSをSSDに移動することを主張する場合は、システムのバックアップ(システムイメージの作成)を行ってから、SSDにイメージを復元してください。HDDが正常に動作するかテストし、Windows PEモードで以前のシステムパーティションをフォーマットします。

第三者のクローニングソフトウェアについても考えることができます。実際、この移行が成功するかどうかは、HDDのシステム状態によって異なります。それらのほとんどはディスククローンを提供しています。これは古いHDDから新しいSSDに至るまですべてを動かすでしょう。これは、ディスクをバックアップしてイメージを復元することも同じです。

幸いなことに、AOMEI Partition Assistant Professionalのようなプロのパーティションマネージャーは、OSをSSDからHDDに移行する方法のパズルを解消しながら、HDD上のファイルを非常に最初から残しておく機能を持っています。移行前にSSD上のシステムパーティションのサイズを変更することができます。これは、SSDの他の計画がある場合には非常に便利です。移行先ディスクがSSDであることを考慮すると、このソフトウェアは移行中にSSDを最適化するようにシステムパーティションを自動的に調整します。さらに重要なことに、AOMEI Partition Assistant Professionalは、ターゲットディスクSSDからの起動を成功させます。

AOMEI Partition Assistant ProfessionalでOSをSSDに移行しながら、HDDにファイルを保存する

1. PCにSSDをインストールします。次に、AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。左側の「全てのツール」で「OSをSSDに移行」をクリックします。序文を読んでください。

OSをSSDに移動

2. SSDをターゲットディスクとして選択します。

ターゲットディスク

3. システムのパーティションサイズを調整します。

パーティションサイズを調整

4. ここの注意をぜひ見てください。後で役に立つかもしれません。

注意

5. 「適用」をクリックして実行します。

適用

注意: この移行により、Cドライブ全体がSSDに移行します。ただし、Eドライブなどの他のパーティションで作成した個人用ファイルは移動されずにHDDに残ります。

HDDにファイルを保存したまま、OSをHDDからSSDに移行するにはどうすればよいですか?明らかに、AOMEI Partition Assistant Professionalはこの質問に非常によく答えます。簡単なステップとグラフィカルなインターフェイスは、このような便利な移行ツールを否定する言い訳ではありません。役に立つと言えば、USBフラッシュドライブをフォーマットして、USBメモリーの書き込み禁止を解除することができます。他には, パーティションのサイズ変更、パーティションのマージに使用できるので、Cドライブに未割り当て領域を結合することも便利です。GPTとMBR、NTFSとFAT32、論理とプライマリ間の伝送も利用できます。