By Asher / 最後の更新 2021年12月28日

HDDの速度が遅くなるのはなぜか?

ディスクの読み取りと書き込みの頻度が高いと、損失が大きくなるという欠点があるため、古いハードディスクの性能はますます遅くなるのは避けられません。ハードドライブの状態が悪くなると、コンピュータに大きな影響があります。例えば、PCの速度が低下したり、ランダムにクラッシュしたり、さらには死のブルースクリーンに遭遇したりします。

ハードドライブの速度が低下する一般的な理由をいくつか挙げました。

1.大量の一時ファイル

一時ファイルは、情報を一時的に保存するために作成されます。問題は、ファイルが蓄積され、ハードドライブのスペースを浪費する可能性があることです。

2.不良セクタ

これは、ハードドライブが遅い主な理由の1つです。不良セクタがハードドライブを占有すると、コンピュータは他の深刻な問題に直面します。

3.断片化

ファイルフラグメントはハードドライブの周りに広がるため、それらにアクセスすると、より多くのハードドライブリソースが浪費されます。

4.脅威アプリケーション

悪意のあるアプリケーションは、違法なタスクを使用してコンピュータを攻撃したり、ウイルスを挿入して損害を与えたりします。

HDDのパフォーマンスを向上させる4つの方法

さまざまな理由でハードドライブの速度が低下する可能性がありますが、日常の使用からハードディスクを保護することができます。ここでは、ハードドライブを高速化するための4つの簡単かつ実用的な方法を示します。

方法1.一時ファイルを削除する

Chrome、Firefox、Edgeなどの使用するブラウザは、多数の一時ファイルが保存されているため、スペースを占有し、ハードドライブの速度を低下させる可能性があります。それらを手動で削除して、ハードドライブをクリーンアップできます。

手順 1. 「コンピュータ」を開き、Cドライブをクリックします。

手順 2. 一時ファイルは通常、「C:\Windows\Temp」または「C:\Documents and Settings\username\Local Settings\Temp」の2つの場所に保存されます。あるいはタスクバーの検索ボックスに「%temp%」と入力し、検索結果に表示された「%temp%」(ファイルフォルダー)をクリックします。

一時ファイルを削除します

手順 3. フォルダを見つけたら、2つのフォルダを直接削除できます。

方法2.書き込みキャッシュを有効にする

書き込みキャッシュデータは、記録される前にハードドライブのNANDチップに保存されるため、書き込みキャッシュを有効にして、パフォーマンスを向上させることができます。

手順 1. 「Windows」+「R」を押して「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開きます。「devmgmt.msc」と入力し、「OK」をクリックします。「デバイスマネージャー」を開きます。

手順 2. 左側のメニューの「ディスクドライブ」をダブルクリックして展開し、ハードドライブを選択します。

手順 3. ハードドライブを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

手順 4. 「プロパティ」メニューで、「ポリシー」をクリックします。

手順 5. 「デバイスの書き込みキャッシュを有効にする」オプションをオンにして、「OK」をクリックします。

書き込みキャッシュ

方法3.ハードディスクのデフラグを実行する

デフラグは「デフラグメンテーション(defragmentation)」の略語です。初めてハードディスクを使い始めると、ファイルが1つのまとまりとして書き込まれていきます。ただし、削除と保存を繰り返していくと次第に細かな空き領域が増え、大きなファイルを保存する際に少しずつ分割されて様々な領域にまたがって飛び飛びに記録されるようになります。これが「断片化」です。

ファイルの断片化が進むと、ファイルを読み取るために読み書きを行う磁気ヘッドが何回も移動する必要があり、速度が低下になってしまいます。このため、ハードディスクは定期的にデフラグを実行する必要がある。

強力なHDD高速化ソフトであるAOMEI Partition Assistant Professionalは、ハードディスクのデフラグを実行でき、PCのエクスペリエンスを向上させます。ディスク全体を分析し、ハードディスクの情報を表示できるため、動作が遅いハードディスクを改善するための最適なソリューションを選択できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。左側のメニューで、「ディスクデフラグ」をクリックするか、ディスクを右クリックして「ディスクデフラグ」を選択します。

ディスクデフラグ

手順 2. 分析したいパーティションにチェックを入れ、「分析」をクリックします(この機能は現在NTFSパーティションのみをサポートしているため、SSD、HDD、およびUSBドライブ上のNTFSパーティションのみが一覧表示されます。)

分析

手順 3. 分析が開始されたら、「一時停止」をクリックしてプロセスを一時停止できます。「停止」をクリックしてプロセスを完全に終了できます。

停止

手順 4. 分析が完了した後、プログラムは断片化率に基づいて分析されたパーティションをスコアリングします。

スコアに応じて3つのステータスがあります。

正常:スコア≥90。現在のパーティションは良好な状態であり、最適化の必要はありません。
デフラグを推奨:60≤スコア
今すぐデフラグ:スコア

さらに、テトリスビューを通して断片化されたファイルの分布を確認できます。

手順 5. 分析が完了したら、「詳細」をクリックして、分析結果の詳細を表示できます。

詳細

手順 6. 分析が完了したら、「デフラグ」ボタンをクリックしてデフラグを開始します。

デフラグ

デフラグが完了すると、デフラグの結果に応じてパーティションにスコアが付けられます。

完了

注意:フラグメントファイルが使用中の場合、デフラグを実行することはできません。

方法4.動作が遅いハードディスクをスキャンする

デフラグを実行して、動作が遅いハードディスクを改善できない場合は、不良セクタの問題を考えるべきかもしれません。動作が遅いハードドライブをスキャンして修復することも、ハードドライブの速度を上げるための良い選択です。Aomei Partition Assistantの「パーティションをチェック」機能は、不良セクタがあるかどうかをチェックするだけでなく、修復サービスも提供します。

手順 1. Aomei Partition Assistantをダウンロードして実行し、確認するパーティションを右クリックして「詳細処理」>「パーティションをチェック」を選択します。

パーティションをチェック

手順 2. この画面では、エラーチェックを実行する3つの方法を提供しています。ここでは、「chkdsk.exeを実行してパーティション上のエラーをチェックし、修正します。」という方法を選択し、「はい」をクリックします。

エラーを修復

手順 3. 「開始」ボタンをクリックして不良セクタのチェックを実行します。

はい

最後

上記はディスクのパフォーマンスを高速化する4つの方法です。実際の状況に応じて適切な方法を選択してください。

さらに、AOMEI Partition Assistant Professionalはほかの機能があります。例えば、一つのパーティションから別のパーティションに空き領域を割り当て、データを失うことなくMBRをGPTに変換し、OSに影響を与えずにダイナミックディスクをベーシックディスクに変換します。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~