By Comnena / 最後の更新 2022年05月17日

Kingston USBフラッシュドライブ書き込み禁止について

この記事を読んだ時、Kingston USB書き込み禁止の問題に遭うかもしれません:Kingston USBフラッシュドライブにファイルを書き込み、変更し、削除することができませんし、Kingston USBへのアクセスも無効になります。Kingston USBフラッシュドライブの書き込み禁止(読み取り専用)とは何ですか?それはウイルスの侵入と不正確な操作を回避できる機能です。そのため、USBは書き込み禁止(読み取り専用)になってしまう場合、Kingston USBフラッシュドライブ上の内容を変更できません。

書き込み禁止のメッセージが表示されるいくつかの状況があります。

お使いのKingston USBフラッシュドライブにウイルスがあり、それをチェックしてください。
書き込み禁止スイッチがLOCKになるかどうかをチェックし、書き込み禁止スイッチがアンロックになることを確認してください。
Kingston USBに十分な容量があることを確認してください。

上述の状況でこの問題を簡単に解決できますが、そうではない場合、他の方法を試してKingstonペンドライブを修正できます。

Kingston USB書き込み禁止の概要とソリューション

通常Kingston USBフラッシュドライブ書き込み禁止の問題を解決する最高の方法はKingstonフラッシュドライブをフォーマットすることです。しかしほとんどの場合、WindowsはKinstonペンドライブのフォーマットを許可しないため、時にはこの方法が無用です。Windows 11/10/8/7でKinstonペンドライブのために書き込み禁止の解除を実現する他の方法がありますか?

フラッシュドライブの書き込み禁止の問題を解決する2つの方法があります:CMDコマンドとKingston USB書き込み禁止の解除ソフトウェアです。次のテキストは書き込み禁止を解除する手順を紹介します。それらに従ってください。

CMDコマンドでUSBドライブから読み取り専用を解除

ここではKingston USBドライブから読み取り専用を解除する2つの方法があります。「Regedit」と「Diskpart」コマンド両方は問題を解決できます。

「Regedit」コマンドはRegistryを使用して書き込み禁止を解除します:

手順 1. Windows検索ボックスに「Regedit」を入力して「レジストリエディター」に入ります。

手順 2. コンピューター→HKEY_LOCAL_MACHINE→SYSTEM→CurrentControlSet→Control→StorageDevicePoliciesをたどります。

手順 3. 「WriteProtect」をダブルクリックして値を1から0に設定し、そしてOKを押して変更を保存します。その後、レジストリエディターを閉じてコンピューターを再起動します。もう一度Kingston USBフラッシュドライブを挿入し、Kingston USBは二度と書き込み禁止になっていません。簡単にKingston USBフラッシュドライブをフォーマットできます。

「Diskpart」コマンドを利用して書き込み禁止の解除を実現します:

手順 1. 「DISKPART」を入力して「Diskpart.exe」を選択します。

手順 2. 「list volume」を入力してEnterを押します。

手順 3. 「select volume n」を入力し、nは書き込み禁止を解除したいのKingston USBフラッシュドライブのボリューム番号です。

手順 4. 「attributes disk clear readonly」を入力して、Enterを押します。

diskpart

手順 5. そして「ディスクの属性が正しく消去されました」というメッセージは表示されます。

Kingston USB書き込み禁止解除ツールでUSBドライブから読み取り専用を解除

以上の2つの方法と比べて、最高のKingston USB書き込み禁止の解除ツールAOMEI Partition Assistant Standardはそのフレンドリーなインターフェースと便利性なので非常に推薦されます。最初、このKingstonフォーマットツールをダウンロードする必要があります。

無料ダウンロードWin 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. フォーマットしたいKingston USBフラッシュドライブをコンピューターに挿入します。

手順 2. フリーソフトAOMEI Partition Assistant Standardをインストールして起動します。Kingston USBドライブ(ここではディスク3上のGパーティションです)を選択します。Gパーティションを右クリックして「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマット

手順 3. 次のウィンドウで「パーティションラベル」、「ファイルシステム」、「クラスターサイズ」を含むパーティション情報を編集、プレビューできます。これらの詳細を確認して「はい」をクリックします。

パーティション情報を編集

手順 4. 保留中の操作とGパーティションの変更を確認して「適用」をクリックします。書き込み禁止になっているKingston USBフラッシュドライブをフォーマットします。

適用

まとめ

最終的にKingston USB書き込み禁止は解決されました。そしてKingston USBを使用して再度書き込み、読み取ることができます。まだできないなら、より多いUSB書き込み禁止の解除方法を学ぶことができます。USBの種類はKingston DataTraveler HyperX 3.0 (DTHX30)である場合、キングストンフォーマットユーティリティを試して書き込み禁止を解除することもできます。

さらに、AOMEI Partition Assistantは、ディスクをクローンし、FAT32をNTFSにまたはその逆に変換し、ディスクを初期化するなど、ディスクパーティションを管理する他の機能も提供します。さらに、Professional版では、OSのSSDへの移行、MBRディスクとGPTディスクの間で変換、空き領域の割り当て、SSDの完全消去、パーティション復元などの機能をサポートしています。

サーバーユーザーであれば、Server版ですべての高度な機能を享受することができます。