ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年11月06日

MBR2GPTについて

MBR2GPTは、MBRからGPTへ変換する用のツールであり、Windows 10バージョン1703またはそれ以降のバージョンに適用されます。ディスク上のデータを変更または削除することなく、MBRからGPTパーティションスタイルにディスクを変換できます。

Windows PE(Windowsプレインストール環境)コマンドプロンプトから実行するか、完全なWindows 10オペレーティングシステムから実行することもできます。MBR2GPTは、次のような構文で機能します:

MBR2GPT /validate|convert[/disk:] [/logs:] [/map:=] [/allowFullOS]

「/validate」: ディスク認証手順のみを実行し、ディスクを変換できるかどうかを報告します。

「/convert」: すべての認証テストに合格すると、ディスク認証が実行され、変換が続行されます。

「/disk:」: MBR2GPT.exeにより、GPTに変換するディスクのディスク番号を指定するよう指示します。指定しない場合は、システムディスクが使用されます。

「/logs:」: MBR2GPT.exeログが書き込まれるディレクトリを指定します。指定されたら、ディレクトリはすでに存在していします。そうでない場合は、「%windir%」が使用されます。

「/map:=」: MBRとGPTの間に追加のパーティション・タイプ・マッピングを指定します。

「/allowFullOS」: Windows PEからMBR2GPT.exeが実行されていない限り、デフォルトでブロックされます。この構文は、完全なWindows環境で実行中にブロックをオーバーライドし、ディスク変換を有効にすることができます。

MBR2GPT変換ツールを使用してMBRをGPTに変換する方法

MBR2GPTとその構文について学習した後、ここではMBR2GPT.exeを使用してMBRをGPTに変換する方法を一緒に学習することはどうですか?その前に、読者様が知っておく方がいいことを以下に示します:

1. MPTディスクはレガシーBIOSモードで動作し、GPTディスクはUEFIで動作します。ディスクをGPTパーティションスタイルに変換した後、ファームウェアがUEFIモードで起動するように再構成する必要があります。したがって、ディスクをGPTに変換する前に、デバイスがUEFIをサポートしているかどうかを確認することをお勧めします。

2. 変換する前に、現在のパーティションレイアウトが表示されていることを確認する必要がありますーーシステムで予約済みパーティション、Windowsパーティション、および回復パーティション。

3. システムはMBRからGPTへの変換後も起動可能にするために、EFIシステムパーティション(ESP)を配置する必要があります。既存のMBRシステムパーティションがESPによって再利用されない場合、変換後のブートプロセスでは使用されなくなります。

次に、コマンドプロンプトに構文を入力して、MBR2GPTツールを使用してMBRをGPTディスクに変換できます。

管理者としてコマンドプロンプトを実行します。

C:\Windows\system32>mbr2gpt /convert /disk:0 /allowfullosと入力します

次のスクリーンショットのような結果が表示されます:

MBR2GPT変換

▼ MBR2GPTツールを使用すると、MBR形式のシステムディスクをGPT形式に変換できます。バージョン1507、1511や1607などのような以前のバージョンのWindows 10がインストールされているシステムディスクを変換できます。ただし、Windows 10バージョン1703またはそれ以降のバージョンの状態で起動する場合、MBR2GPTを実行してオフライン変換を実行しなければなりません。

ただし、いつも正常に使用できるわけではありません。進行中に多くのエラーを受け取る場合があります。

MBR2GPTエラーとその修復方法

MBR2GPTは、次の図のようなコードを返事するかもしれません:

MBR2GPTエラーコード

MBRからGPTへの変換中にエラーが表示される可能性があります。そして、ここでいくつかのよくあるエラーとそれらのエラーの対処策を収集します。

「EFIシステムパーティションを作成する領域がありません」

たぶん、十分な未割り当て領域があっても、このようなエラーも表示されます。実際には、「... EFIシステムパーティションを作成する領域がありません」の他に、「MBRパーティションが多すぎます」というメッセージをも受け取った場合、問題は読者様の行った準備はMBRモードで行われ、MBRのパーティションの数の上限は4つだということです。この問題については、Diskpartでパーティションの数を確認する必要があります。

「書き込み禁止を解除してください」

ディスクが書き込み禁止になっている場合、プロテクターを削除しない限り、ディスクを操作することはできません。そのため、ここではMBRディスクから書き込み禁止を解除する必要があります。

「認証レイアウト:Wrong boot partition count, expected 1 but found 0」

MBR2GPT.exeは、MBRシステムディスクをGPTに変換することのみをサポートしています。データディスクはサポートされていません。データディスクは、dismと[ディスクの管理]コンソールによってバックアップ、変換、および復元されます。

「MBR2GPT.exeはOSパーティションを見つけることができません」

前述したように、MBR2GPT.exeはMBRシステムディスクからGPTへの変換をサポートしかできません。OSがインストールされていないデータディスクがあれば、次のエラーのせいで正常に変換できません:

MBR2GPTはOSを見つけることができません。MBRのデータディスクをGPTに変換するには、ここでハードディスクを別の場所にコピーし、その上のすべてのパーティションを削除してから、DiskpartまたはWindows[ディスクの管理]でMBRディスクをGPTに変換することをお勧めします。

これらのよくあるMBR2GPTエラーの他に、「認証レイアウト:Cannot map MBR partition type 222」などのようなエラーもあります。コマンドラインからカスタムマッピングを指定してください。MBR2GPTではレイアウト変換エラー0x00000000などを実行できません。

MBR2GPT変換は多くの理由で失敗しました。少しイライラするようですね。さて、MBR2GPTエラーを回避して、MBRからGPTに簡単に変換できる方法はありますか?

AOMEI Partition AssistantでMBRをGPTに変換

MBR2GPTエラーのせいで、がっかりしちゃうかもしれません。幸いなことに、ここではMBR2GPT.exeの優れた代替手段であるAOMEI Partition Assistant Professionalを紹介しております。AOMEI Partition Assistant Proは、データを失うことなくMBRシステムディスクをGPTに変換するのに役立つ優れたパーティションマネージャーだと2500万人数ユーザから思われます。

また、これを使用して、MBRとGPTディスク間でデータディスクを安全に変換できます(加粗)。

AOMEI Partition Assistantを使用してMBRシステムディスクをGPTに変換する方法の詳細な手順を以下に示します。さらに、Windows 10/8/7/Vista/XPを含むすべてのWindows PCで正常に動作します。

▼ 読者様、操作の順調ために、お使いのコンピューターのマザーボードがEFI/UEFIモードをサポートしているかどうかを確認する必要があります。そうでない場合、ディスクは変換後に起動できません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Proの無料体験版をダウンロードし、インストールし、起動します。Windows OSがインストールされたMBRディスクを右クリックし、[GPTディスクに変換]を選択します。

システムディスクをGPTに変換

ステップ 2. MBRをGPTに変換するかどうかを確認するウィンドウがポップアップ表示されます。[はい]をクリックします。

GPTシステムディスクへの変換を確認

次に、マザーボードがEFI/UEFIモードをサポートしているかどうかを確認するよう通知するメッセージが表示されます。[はい]をクリックします。

ステップ 3. ここで、MBRディスクが既にGPTディスクに変更されていることが表示されます。ツールバーの[適用]をクリックして、操作を実行します。

GPTシステムディスクの変換を適用

進行状況はPreOSモードで実行される場合があります。

MBRからGPTへの変換後、コンピューターが正常に起動できるように、BIOS環境でブート順位をUEFIに変更する必要があります。

結論

MBR2GPTツールは、Windows 10バージョン1703、およびWindows creator's update向け良いツールだと考えています。うまく機能するかもしれませんが、MBR2GPTエラーが発生する場合があります。

AOMEI Partition AssistantはすべてのWindows PCユーザーにとっての最適なツールだと思われます。MBRシステムディスクをGPTに変換できるだけでなく、データを失うことなくMBRデータディスクをGPTに変換することもできます。

それに、ハードディスクを再分割FAT32とNTFSを安全に変換などのようなディスク管理を実行できます。WindowsServerでMBRをGPTに変換する場合、AOMEI Partition Assistant ServerはWindows Server 2003、2008(R)、2012(R)、2016をサポートします。