By Asher / 最後の更新 2022年05月20日

事例

「こんにちは、最近GPT SSDを入手しましたが、OSをMBRディスクからGPT SSDに移行したいと思います。それは可能ですか?移行する前にGPTディスクをMBRディスクに変換する必要がありますか?パーティションスタイルを変更せずにOSをMBRディスクからGPTに移行する方法がありますか?」

OSをMBRからGPT SSDに移行する理由

マスターブートレコード(MBR)ディスクは標準のBIOSパーティションテーブルを使用します。GUIDパーティションテーブル(GPT)ディスクはUnified Extensible Firmware Interface(UEFI)を使用します。さらに、MBRディスクとGPTディスクには他にも多くの違いがあります。以下はそれらの間の最大の違いです。

MBRディスクでは、最大4つのプライマリパーティションを作成できます。さらにパーティションが必要な場合は、1つのプライマリパーティションを拡張パーティションに変更してから、拡張パーティション上に論理パーティションを作成することしかできません。ただし、GPTディスクには最大128のプライマリパーティションを作成できます

MBRディスクは最大2テラバイトのディスクをサポートできます。これは、4TBのHDDに2TBしか表示されず、残りの領域がディスク管理で「未割り当て」領域として表示される理由です。ただし、GPTディスクは2TBを超えるディスクをサポートできます

MBRとGPTの違い

GPTディスクにはMBRディスクよりも多くの利点があるため、多くのユーザーはMBRディスクよりもGPTディスクを好みます。一方、SSDはHDDに比べて多くの利点があります。例えば、従来のハードディスクと比較して、読み取りと書き込みの速度が速いです。さらに重要なのは、システムの動作速度が大幅に向上できます。したがって、一部のユーザーは、OSをMBRディスクからGPT SSDに移行することを好みます。

OSをMBRディスクからGPT SSD/HDDに移行する方法

上述の事例のように「OSをMBRディスクからGPT SSDに移行するはありますか?」という質問に遭遇することもあります。ここでは、OSをMBRディスクからGPT SSDに移行する方法を学ぶことができます。それは、多機能のパーティションマネージャーAOMEI Partition Assistant Professionalの助けを借りて簡単に行うことができます。

このソフトは「OSをSSDに移行」ウィザードを搭載し、パーティションスタイル(MBRとGPT)に関係なく、Windows 11、10、8.1、8、7/XPとVista関連のブートパーティションを一つのディスクから別のディスクに移行することができます。それに、EFIパーティションとMSRパーティションを作成し、移行後、クローンしたGPTディスクが起動可能になります。次は、MBRディスクからGPT SSDにOSを移行する方法をステップバイステップで紹介します。

パート1.準備する

まず、OSの移行に必要な準備を万全にする必要があります。

ステップ 1. デスクトップまたはノートパソコンに2台目のSSDを接続するか、直接インストールします。ディスクスロットが1つしかない場合は、SATA-USBアダプタと接続用ケーブルが必要になる場合があります。

ディスクの接続

ステップ 2. ターゲットGPT SSDに十分な未割り当て領域があるか、または少なくともソースMBRディスクの元のシステムパーティションと同じサイズであることを確認します。そうでなければ、他のパーティションを縮小または削除して十分な未割り当て領域を確保するか、元のブートパーティションを縮小してターゲットSSDドライブを保存しやすくすることができます。

ステップ 3. マザーボードがEFI/UEFIブートをサポートしていることを確認します。GPTブートドライブにはブートモードが必要であるため、OS移行後にレガシーBIOSをUEFI変更する必要もあります。

ステップ 4. AOMEI Partition Assistant Professionalのデモ版をダウンロードして、試してみてください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

パート2.OS移行のを開始する

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして実行します。左側のペインで「OSをSSDに移行」をクリックし、ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

ステップ 2. 次のウィンドウで、ターゲットディスクでパーティションまたは未割り当て領域を選択する必要があります。これは、先にコンピューターに接続したGPT SSDです。「次へ」をクリックします

未割り当て領域を選択

注意:パーティションを選択すると、パーティション上のすべてのデータが削除されます。したがって、前にパーティションをコピーすることをお勧めします。

ステップ 3. ここで、新しいディスク上のパーティションのサイズ、場所、ドライブ文字を変更できます。そして「次へ」をクリックします。

パーティションの編集

ステップ 4. SSDからオペレーティングシステムを起動する方法に関するメモを提供するページが表示されます。それを読んで覚えて、「次へ」をクリックします。

ブートノート

ステップ 5. 最後に、AOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスに戻ります。保留中の操作をプレビューできます。問題がない場合は、「適用」をクリックします。

適用

パート3.GPT SSDドライブからOSを起動する

MBRディスクからGPT SSDまたはHDDへのOSの移行は、PreOSモードで終了します。その後、GPTハードディスクからOSを起動するために、以下の手順で起動順序を変更することができます。

ステップ 1. パソコンが再起動したら、「F2」または「DEL」などのキーを長押しして、BIOS環境にアクセスします。

ステップ 2. BIOSで起動順序を変更し、SSDドライブを最初の起動デバイスとして設定します。

BIOSで起動順序を変更

ステップ 3. その後、「F10」キーを押して変更を保存します。

パート4.レガシーBIOSからUEFIモードに変更する

OSをMBRディスクからGPT SSDに移行した後、ブートモードをレガシーBIOSからUEFIに変更する必要があります。そうすれば、Windows OSが正常にGPT SSDディスクから起動できます。

ステップ 1. コンピュータの電源を入れ、起動時に特定のキーを押し続けて、BIOSセットアップメニューに入ります。

ステップ 2. BIOSセットアップユーティリティで、上部のメニューバーの「Boot(ブート)」タブに移動します。

ステップ 3. ブートメニュー画面が表示されます。UEFI/BIOSブートモードを選択し、「+/-」キーを使用してBIOSのブート设定はUEFIに変更します。

レガシー

ステップ 4. 「F10」キーを押して変更を保存し、BIOSを終了します。

これで、ターゲットSSDからOSが正常に起動するはずです。

結論

AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows 11/10/8/7/Vista/XP向けの優れたパーティションマネージャーです。これを使用して、すべてを再インストールせずに、OSをMBRディスクからGPT SSDに移行できます。OSをMBRからGPT SSDに移行した後、「パーティションを整列」機能を使用してSSDの読み取りと書き込み速度を加速できます。

その他、MBRディスクとGPTディスクの間で変換する必要がある場合、AOMEI Partition Assistantを使用すると、データを失うことなくMBRとGPTディスクの間で変換できます。

さらに、AOMEI Partition Assistant はほかのバージョンがあります。自分のニーズに応じて、適切なバージョンを選択してください。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。
更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。 ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~(●'◡'●)