ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月27日

読み書き速度を向上するためにSSDに換装するか、使い古したHDDから大容量の新品HDDに換装するか、ディスクの換装は普通なことです。換装作業はそこまで複雑ではないが、新しいSSDをPCに取り付けた後、どうやって従来の環境にこのSSDを使用するのかご存知ですか?元のHDD上のデータ(Windowsシステム、さらにプログラム、写真、音楽など)をSSDに移行する方法を学びましょう!

SSD換装に関しての困惑

自分のWindows10PCは最近どんどん重くなってしまいます。パフォーマンスを向上させるためにHDDをSSDにアップグレードしようとします。しかし、Windows 10を再インストールしたくはありません。システムを再びインストールせずにSSDに換装する方法があれば、ぜひ教えてください!お願いいたします。

ーYahoo知恵袋ユーザーの質問

新しいSSDに使い込んだWindowsを実行

SSDはHDDより比較にならないほど早い速度を持って、益々多くのユーザーはHDDからSSDに換装します。SSDに切り替えることのメリットは言うまでもないが、その換装と同時に、いくつかの問題をもたらします。最も手こずるやつは元のWindowsシステムをSSDにコピーして、SSDに前の環境を使い、言いかえれば、OSをSSDに移行することです。

どんなSSD移行ソフトを利用

WindowsをSSDに移行するのは当然可能です。それは移行機能付きのソフトウェアを利用して実現できます。ここでは多機能のディスク管理ソフトーAOMEI Partition Assistant Professionalを強くお勧めします。なぜなら、優れたOS移行ソフトウェアとして、AOMEI Partition Assistant Professionalは安定性をはじめとして、利便性、作業速度、値段やアフタサービスなどの点が、業界全体でもトップクラスです。このツールを利用して:

  • ● Windowsを再インストールせずにSSDに移行できます。

  • ● Windowsだけではなく、HDD上のデータをもれなくSSDに移行できます。

  • ● MBRディスク(HDD/SSD)をMBR/GPTディスクにコピーできます。

  • ● GPTディスク(HDD/SSD)をMBR/GPTディスクにコピーできます。

  • ● 市販のHDD、SSDに全ブランド対応します。

  • ● 全てのWindowsバージョンに対応します。なお、Windows Server利用者にもAOMEI Partiton Assistant Serverを用意しております。

お買い求め ★24時間メールサポート ★90日以内無条件で返金させていただきます

AOMEI Partition AssistantでOSを移行

このツールの利用方法はごく簡単ですので、SSDをPCのM.2スロットまたはSATAケーブルに接続して、正確に認識されることを確認してから、作業を始めましょう。

  • 1. AOMEI Partition Assistant Professionalを起動させ、メインインタフェースに元のHDDとSSDが見えます。

    aomei partition assistantのメインインタフェース

  • 2. 左側のパネルに「OSをSSDに移行」をクリックします。ポップアップウィンドウに「次へ」をクリックします。

    aomei partition assistantでシステムをssdに移行

  • 3. 次に、ターゲットディスクを選択します。もちろんここではSSDを指定します。ただし、ターゲットディスクが上書きされるので、新規購入でないSSDの場合は「〇〇ディスク上の全てのパーティションを削除して〇〇」というボックスをチェックする必要があります。最後に、「次へ」をクリックします。

    ターゲットディスクを指定します

  • 4. 正式に移行する前、SSDのパーティションレイアウトを編集できます。また、移行した後パーティションのサイズを編集することもできます。

    osを移行する前にパーティションを編集します

  • 5. 編集が終わったら、「次へ」をクリックして次の画面にメモをよく読んだ上で、「完了」をクリックします。

    OSを移行した後起動できない場合の解決方法

  • 6. 最後に、左上にある「適用」をクリックしてポップアップウインドウに作業を最終確認して間違いなければ「続行」をクリックします。

    作業を実行します

クローンは自動的に開始します。100%完了するまで待ちます。その後、BIOS/UEFIに起動順序を調整してSSDから起動させるようにします。PCを再起動して、従来より数十倍の読み書き速度を楽しみましょう!起動に関しての問題(例:どうしてもまだHDDから起動する)があれば、上記の手順5のメモ説明に付いてあるリンク先を参照してください。

まとめ

5000円は贅沢な一食をかろうじて堪能できるかもしれませんが、せっかくの強力ツールAOMEI Partition Assistant Professionalを手に入れたので、これからぜひこのソフトを活用しましょう。OSをSSDに移行するでけではなく、ディスク全体をSSDにも移行できます。さらに、ディスク管理ソフトとして、AOMEI Partition Assistant Professionalはディスク、パーティションの編集に関する機能を満載しています。

パーティションのリサイズ、フォーマット、ファイルシステム変換、合併、拡張、縮小、消去、作成、や削除、さらにディスクの初期化、分割、ディスクタイプ変換、修復や消去など強力な機能を利用して、PC生活をより快適に送ります。

Androidタブレットの容量を増やす セカンドドライブが認識しない