Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月07日

状況

HDDにDiskpartで新しいパーティションを作成している時、「MSRとEFIパーティションは、GPTディスクでのみサポートされます。」というメッセージを受けるかもしれません。Windows回復オプションを使用し、またはWindows 10にアップグレードする時、それは常に発生します。

エラー

背景

1つのHDDを初期化する時、WindowsはそれをGPTまたはMBRパーティションスタイルとして作成するかと聞きます。もしお使いのオペレーティングシステム(OS)がGPTディスクにインストールされたら、そのディスクにある最初のパーティションはFAT32でフォーマットされた拡張ファームウェアインタフェース(EFI) システムパーティションで、その後ろにはMicrosoft予約パーティション(MSR)があります。GPTディスクからシステムを起動するために、最近のハードウェアで広く使用されたUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)ブートモードを有効にしなければなりません。ほとんどのコンピューターはUEFIブートモードおよびMBRディスク向けのLegacyブートモード両方をサポートします。データ保存だけのためにGPTディスクを使用するなら、EFIパーティションがなくてMSRパーティションはディスクの最初のところにあります。MBRディスクには、EFIまたはMSRパーティションじゃなくてシステムで予約済みのパーティションを要求します。そのため、MBRディスクにEFIまたはMSRパーティションを作成しようとする時、Windowsは選択したディスクをGPTに変換するような指示を出します。

ソリューション1:データ損失なしでGPTにMBRを変換します

多くのユーザーからの報告のように、Windows 10にアップグレードした後、または試行に失敗した場合、ディスクは不思議にMBRディスクに変換されました。この状況で、もし何らかの理由でDiskpartを使用してMSRパーティションまたはEFIパーティションを作成したいなら、間違いなくGPTディスクに変換することをリマインドされます。この問題を解決するために、まず(GPTディスク向けの)UEFIブートモードが有効になるかどうかを確認してください。そしてGPTディスクにディスクを変換します。「ディスクの管理」はパーティションやボリュームなしの空きディスクだけをGPTに変換できます。それを使用してデータを失わずにこの問題を修正するのは不可能です。幸いなことに、無料サードパーティ製のソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalを使用してデータ損失なしでGPTにシステムディスクを変換できます。

ステップ1.AOMEI Partition Assistant Proをダウンロードし、インストールして起動します。

主なインターフェイス

ステップ2.変換する必要があるディスクを右クリックして「GPTディスクへ変換」を選択します。

GPTディスクへ変換

ステップ3.この操作を実行するために、「適用」をクリックします。

適用

システムを起動できない場合、他のコンピューターでこのプログラムを使用してブータブルメディアを作成します。そしてブータブルディスクを使用して変換を行います。またサービスプロバイダである場合、AOMEI Partition Assistant Technicianを使用してクライアントのためにディスクパーティションの問題を解決できます。

ソリューション1:fixmbrコマンドを実行します

Windowsインストールディスクを使用してリフレッシュ、復元したいですが、ディスクがロックされます。そしてDiskpartを使用して新しいパーティションを作成しようとしますが、上述のようにディスクをGPTディスクに変換する必要があります。お使いのディスクはMBRディスクそうで、システムは作成したいパーティションの種類を誤解します。そのため、それは以上のようなメッセージを表示します。これを修正するために、管理者特権のコマンドプロンプトを開いて次のコマンドを実行します:

● Bootrec /fixMBR

● bootrec /fixBoot

● bootrec /rebuildBCD

Fix MBR

その後、「MSRとEFIパーティションは、GPTディスクでのみサポートされます」というメッセージが出ずにDiskpartを使用してパーティションを作成できるはずです。MBRディスクに最多4つのパーティション、または3つのプライマリーパーティションと沢山の論理パーティションがあることに注意します。